「ガルバスリム80S」で初夏まで戦う!

春の新製品発売ラッシュがはじまりましたね。

その中で気になってたルアー、DAIWAの「ガルバスリム80S」が発売され、実物を見て「イケる」ルアーだと感じた。

 

http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/lure/sea_le/mt_galva/index.html

 

リップ付きシンペンの立役者といえる、長く人気を集めるガルバが、ちょうど中間のサイズになってリニューアル。

ハクがイナッコになるくらいまでは、使い所に困ることはなさそう。

 

スポンサーリンク

ガルバがスリムになったら別物のルアーになった

 

オリジナルの「ガルバ」は、シンペンよりも、80mm前後のシンキングミノー、って感じだった。

 

DAIWA : モアザン ガルバ - Web site
「湾奥のプリンス」大野ゆうき監修。ベイエリア、河川攻略に最適なスローピッチコンパクトシンキングペンシル。

 

マッチザベイトの考えでいえば、イナッコよりもサッパのサイズだし、春よりも夏のほうが使いやすいサイズだった。

今は同系の競合も多く、より高性能なモノもある。

いまだに釣れるルアーのままだけど、これをより良くすることもできるのでは?

 

そこで、テコ入れというか、新しい技術も入れて生まれ変わったのが「ガルバスリム80S」。

私も含めて、「こんな感じのルアーが欲しかった!」と感じる人も多いと思う。

 

水面直下と飛距離を両立したガルバスリム

 

「ガルバスリム」はオリジナル同様、リップ付きのシンキングペンシル。ルアーの太さと長さは成人男性の中指くらい。

DAIWAはシンペンの選択肢が地味に少なかった。でもそれぞれ適材適所があるし、コイツのおかげでローテにも困ることはなさげ。

 

DAIWA : モアザン ガルバスリム - Web site
「湾奥のプリンス」大野ゆうき監修。水面直下を広範囲で探り、緻密に攻めれる。

 

実際みるとHPの写真より、リップが折れやすそうなんだけど……。

ひと目みて、それも面白い形状だなって。初見は「いっけね着けるの忘れた」と、リップを接着剤で後付したように見えた。

 

これのおかげで、浮き上がりやすさからルアーが斜めに泳ぐ姿勢を、上手く水平に近づけたんだろうなぁと感じる。

そのおかげで水面直下を水平に引けるし、おまけに細身なら、バチのフォルムに似せれるから、パターンにも使える。

浮き上がりをリップで抑え込めれば、ノンリップより遅くリトリーブができる。これは監修が欲しかった性能かと思う。

 

重心移動も導入され、60m範囲は自由に飛ばせますね。

ぶっ飛びカテゴリには負けますが、それだけ飛ばせれば港湾は十分です。水深あれば足元にいますしね。

 

より使いやすくなったレイジースリム?

 

ガルバスリムよりスリムな「レイジースリム」は、”細い”ことだけが強みだった。

 

ぶっ飛びシンペンのカテゴリには入らないし、水面直下は厳しいからバチルアーでも今ひとつの評価。──ようは競合と並べると、パッとしなかったわけ。

これの弱点をなくしたのが、ガルバスリムかもしれない。

 

レイジースリムは”落として巻くの繰り返し”が向いているけど、ガルバスリムは”ただゆっくり巻くだけでいい”んだから、この上なく楽なルアーといえる。

 

 

「今シーズンからシーバスやってみたい」

と考えている人に、ガルバスリムはオススメしたいルアーです。

冬~夏はカバーできるんじゃないかな。4・5月が一番使いやすいと思う。

 

 

釣れるカラーといわれる「レモンソーダミント」

 

大野ゆうき氏監修といえばこのカラー。

日中でも夜でも強い理由は、「魚のエサ要素を詰め込んだカラー」だからかもしれない。

 

http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/lure/sea_le/morethan_galva_s/index.html

 

全体が白っぽいシルバーなので、昼はキラキラ、暗闇でも浮かび上がりやすい。

ターコイズブルーのようなヘッドは、横から見るとツートンカラー。魚の目が認識するタイミングでは、8cmに見えるし、2cmに見えるし、5cmにも見える。

テールの縞模様のグローは、アミやシラスみたいなマイクロベイトにイミテーションできる。

ようするに、「一粒でn度おいしい!」てなわけですね。

 

 

ロイヤルコーラルピンクの尻に、ケイムラを塗ってもコレと同じになるのでは? と思った。

ルアー
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さしし@釣りしたいマンをフォローする
とある浜松アングラーの一生