要らない釣り竿を処分する方法

要らない釣り竿を処分する方法

壊れてしまった釣竿を処分したい時、どうすればいいのか困ったことはありませんか? 私もそのクチで、折れて修復不能になった竿が5本くらいありました。

──売ろうにもゴミすぎる、燃えないゴミ扱いだと捨てるのも面倒、悩んだ末……困った時はググればええやんと調べたところ、処分する方法はとっても簡単でした。

要らない釣竿は、大きくわけて「捨てる」「売る」「再利用」の3通りで処分することができます。

スポンサーリンク

要らない釣竿を処分する方法3つ

釣竿を処分するルートは3つあります。

  • 捨てる
  • 売る
  • 再利用

「なんだよオイどれも簡単じゃねぇか!」と感じたかもしれません。ただし、方法によっては料金がかかりますし、それぞれの良い所と悪い所を挙げていきます。

燃えるゴミか粗大ゴミで捨てる

浜松市のゴミ分別区分を見ると、釣竿は「もえるごみ」と「連絡ごみ」で処分することができます。

「浜松市のゴミ分別区分参照」 釣竿は60cm未満ならもえるごみ、それ以上は連絡ごみで捨てることができます。
連絡ごみなら1度に5本まで可能!(長さ問わず)

燃えるごみの場合は「60cm未満」の制限があります。小型の振り出し竿ならそのままポイできますね。

長い磯竿や2ピースのルアーロッドなどは、長さが60cmを越えやすいので、そのまま集積所に出すのは難しい……。でも60cm未満に裁断すればいい話。カーボンロッドは糸ノコだと切りやすいですよ。

連絡ごみは310円の費用がかかりますが、長さ関係なく5本まで同時に捨てることができます。長さを問わないからメリットがでかい! これは私にとってピッタリの条件でした。

連絡ゴミに出すには、竿がバラけないよう紐かガムテープなどで纏めればいいだけ。そして受付センターに連絡しましょう。集積所に出すか家まで回収に来てもらうかを選ぶことができます。戸建てなら回収に来てもらうほうが楽。あとはコンビニで連絡ごみ申請用シールを310円で購入し、捨てる物のわかる場所に貼り、指定した場所の日時に置くだけ。

捨てられる運命にあるイニシエの折れたロッドたち
さらばロッドたちよ。

簡単でしょ?

フリマやオークションなどでリサイクル

折れた竿でも需要がある所にはあります。

ガイドセットやリールシートなど、パーツにばらすと買い手がつきやすいですね。同じ竿なら修復に使えますし、ロッドビルダーにも需要があります。売れやすくするコツは、元のロッド情報(メーカー・商品名・長さ)をメモっておくことですね。そうすることで、同じ長さや同種に使いやすくなるし、検索されやすくもなります。

売る場合には、ひとつ難点があります。

釣竿のような長物は「定形外輸送」になるため、配送料が割高になります。なので配送料負担にすると、捨てたほうが安いまであります。費用対効果は考えましょう。

ガイドセットだけ残して、残りのブランクスは燃えるごみに出すのが無難ですね。

バラしてパーツを再利用

前項目は”バラして売る”でしたが、”バラして使う”のも選択肢になります。

特に先端ガイドは破損しやすいため、予備に残しておくと役に立つことがあります。別の竿が折れた時は、少し太いブランクスを継ぎに使って修復も可能ですしね。とはいえ、その場合は全体のバランスが崩れるため、別のどこかが折れやすくなりますけど……。

意外と再利用できる道はあるものです。

スポンサーリンク

【結論】一本ずつ燃えるゴミに出すのが手軽かもしれない

要らない釣竿を捨てる際は、1本ずつ燃えるごみで処分するのがベストでしょう。

私みたいにゴミを数本所持しつつ、いちいち60cm未満にするのが面倒なら、金で解決するのも手。分解して売るにも、ハイエンドモデルなら買い手がつきやすいですが、廉価で人気もないモデルだと、パーツだけで売るのは難しい。

なので”売ろうとする選択”が一番難しいです。処分までの時間も費用もかかりやすいですしね。

60cm未満って例えるとどのくらいだよ

「60cmてどのくらいだよ」を気軽に知りたいのであれば、身長170cm台の方なら、片腕より少し長いくらいだと思います。10ftを超えるルアーロッドだと、リールシートからロッドエンドくらで超える恐れがありますね。

なのでルアーロッドならモバイルタイプでもない限り、以外はほぼ全てアウトと思ってください。燃えるごみに出したければ、裁断するかポッキリやりましょう。

参考:https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/shori/gomi/dashikata/dashikata/deteil.html

ライフハック特集記事
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました