要らない釣り竿を処分する方法

要らない釣り竿を処分する方法

壊れてしまった釣竿を処分したい時、どうすればいいのか困ったことはありませんか?

私も5本ほどあって処分に困っていたので、捨てる方法を差探してみたところ、「捨てる」「売る」「再利用」の3通りで処分することができます。

要らない釣竿を処分する方法3つ

釣竿を処分するルートは3つ。

  • 捨てる
  • 売る
  • 再利用

ただし、方法によっては料金がかかります。それぞれのメリットとデメリットを理解したうえで、やりやすい方法を選んでください。

燃えるゴミか粗大ゴミで捨てる方法

釣竿の処分で一番簡単なのは、ゴミ収集に出す方法。

浜松市のゴミ分別区分を参考にすると、釣竿は「もえるごみ」か「連絡ごみ」で処分することができます

「浜松市のゴミ分別区分参照」 釣竿は60cm未満ならもえるごみ、それ以上は連絡ごみで捨てることができます。
連絡ごみなら1度に5本まで可能!(長さ問わず)

でも釣竿って……60cm未満のほうが珍しいんですよね。だから燃えるゴミで出すなら、60cm未満になるよう切断する必要があります。

それが手間だと思うなら、連絡ゴミでまとめて出すほうが楽でしょう。自宅まで取りに来てくれますし。私は連絡ゴミで出しました。

捨てられる運命にあるイニシエの折れたロッドたち
さらばロッドたちよ。

フリマやオークションなどでリサイクル

折れた竿でも、各部パーツにばらすと買い手がつきやすいですね。

全く同じ竿なら修復に使えるし、ガイドセットはロッドビルダーに需要があります。

売れやすくするコツは、元のロッド情報(メーカー・商品名・長さ)をメモり、詳細に記載しておくこと。必要とする人は、元のロッド情報で検索するからです。

売る際に難点となるのは、釣竿は長いので、「定形外輸送」となり配送料が割高になりがち。なのでこちらが配送料負担にすると、捨てたほうが安いまであります。

費用対効果は考えましょう。

バラしてパーツを再利用

前項目は”バラして売る”でしたが、”バラして使う”のも選択肢になります。

ロッドは折れてもガイドも使えないことはほぼ無いし、先端ガイドなら流用しやすいので、予備に残しておくと役に立つことがあります。

折れたブランクスは、別の竿が折れた時に継ぎ素材として使えないこともない。再利用の道は意外と残されています。

【結論】一本ずつ燃えるゴミに出すのが手軽かもしれない

要らない釣竿を捨てる際は、1本ずつ燃えるごみで処分するのがベストでしょう。

本数が多いなら、連絡ゴミなりまとめてフリマに投げるほうが楽かも。──しかし、人気ロッドじゃないと買い手がつくまで長期戦になりかねません。

そのため、処分目的なら「ゴミとして捨てる」のが最適解といえます。

参考:https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/shori/gomi/dashikata/dashikata/deteil.html