要らない釣り針を処分する方法

要らない釣り針を処分する方法

「要らない釣り針を捨てる方法は?」

そう聞かれて、すぐ答えを出せるアングラーって少ないと思います。釣り針は金属かつ危険物。

分別は「燃えないごみ」! ルールを守り捨てましょう。

要らない釣り針は燃えないゴミで捨てよう

浜松市のゴミ分別区分によると、釣り針は「燃えないごみ」になります。

釣り針は回収する方が怪我しないように、厚めの紙などで包んだりして、危なくないようにしてもえないごみに捨てましょう。
釣り針は燃えないごみ!

捨てる際はゴミ袋に入れるのではなく、厚紙なりで包んで、触れても怪我をしないようにしておきましょう。

釣り針は危険物です。回収する方が怪我しないように配慮しましょう。

釣り針を危なくないように捨てるには?

これらはルールですので、必ず守りましょう。

  1. 突き破らないよう厚い紙で包む(ダンボールとか)
  2. 「キケン」と書いて注意を促す
  3. 燃えないごみの日に出す

ゴミに出したい釣り針をまとめておくなら、地味に便利なのはメール便に使う厚紙の封筒。宅急便コンパクトの箱なら1個70円くらいだし、コンビニで買えます。送られてきた梱包の箱を流用するのもアリ。

ゴミに出すなら、箱に「危険物」とわかるように書いて、燃えないごみの日に出しましょう。

なお、自治体によっては出し方が違うこともあるので、住んでいる地域の回収方法をまずは調べてください

釣り針回収をしている釣具屋が増えて欲しい

釣具屋チェーンだと、店内で「不要釣具の回収」をしている店もあります。

ロッドの空き箱(地味に邪魔)、釣り糸(燃えるゴミでおk)、電動リールのバッテリーなどはよく見かけますね。でも釣り針を回収しているのは、見たことないなぁ。

Google検索で「釣具店 釣り針回収」と検索したところ、唯一出てきたのは我が地域のイシグロだけ。
環境への取り組み(詳細)|株式会社イシグロ|会社案内
をご紹介します。昭和27年創業の大型釣具専門店。静岡・愛知・滋賀・岐阜で26店舗。釣具やアウトドア用品の店舗販売・オンライン通信販売を行う、株式会社イシグロ(釣具のイシグロ・タックルオフ・リフラックス)のオフィシャルサイト。Tsulino

誇らしいと思うが、「買い物ついでに針を捨てに行こう!」と行動する人はどれほどいるのだろう……。

【まとめ】釣り針は燃えないごみ(危険物)で捨てましょう

釣り針を処分するには、燃えないごみ(危険物)として、ゴミ収集の日に捨てるのが簡単です。

非常に時間はかかりますが、別の方法もあります。

釣り針を海水につけておき、溶けてなくなるまで待つ……!

──実は、夏休みの自由研究にいい題材かも。海中に捨てられた釣り針は、自然に還るといわれていますが、それは本当なのかを調べることができます。