要らない釣り針を処分する方法

要らない釣り針を処分する方法

「要らない釣り針を捨てる方法は?」

そう聞かれて、すぐ答えを出せるアングラーって少ないと思います。折れたり曲がったりしたのを「錆びて自然に還るからポイー」な人はさすがに居ないと信じたいですが、水辺のレジャーで針が刺さる事故も存在することは確か。

釣り針は金属かつ危険物。その意識を忘れず、「燃えないごみ」としてルールを守り捨てましょう

スポンサーリンク

要らない釣り針は燃えないゴミで捨てよう

釣り針を捨てる方法は、浜松市のゴミ分別区分だと「もえないごみ」になります。

釣り針は回収する方が怪我しないように、厚めの紙などで包んだりして、危なくないようにしてもえないごみに捨てましょう。
釣り針は危険物。”危なくないよう”にするのは、回収する方が怪我しないための配慮。
厚めの紙でくるむなど、しっかり対処してださい。

不要な釣り針は、錆びたり、刺さりが悪くなった物、折れてしまったなどが該当するでしょう。釣り人にとってはゴミ以下の存在ですが、一般からすると危険物にしか見えません

もしそれで怪我をしたら、破傷風になる恐れもあるし、重大事故に繋がる可能性もあります。「釣り針で怪我した! マジファッ○!」とか炎上すれば、我々模範的アングラーも煽りをくらい、釣りがしづらい環境になるだけです。

それを踏まえ、回収する方が怪我しないように配慮しましょう。

釣り針を危なくないように捨てるには?

  1. 突き破らないよう厚い紙で包む(ダンボールとか)
  2. 「キケン」と書いて注意を促す
  3. 燃えないごみの日に出す

これらはルールですので、必ず守りましょう。

不要な釣り針は飲み口が広い缶にまとめるのが楽。でもそのまま出すことはできません。なぜなら、それは「空き缶」であって、釣り針とは違う分別区分になるからです。不燃物として出せるクリアケースなら、ギリギリのラインかもしれません。

手軽なのは小型の箱。他にはダンボールを切ってサンドするとかも。

釣り針回収をしている釣具屋が増えて欲しい

釣具屋チェーンだと、店内で「不要釣具の回収」をしている店もあります。ロッドの空き箱(地味に邪魔)、釣り糸(燃えるゴミでおk)、電動リールのバッテリーなどはよく見かけますね。でも”釣り針”を回収しているところは、多くはないと感じています。

東海地区に店舗が多い「イシグロ」は、店内に『つり具回収BOX』を設置しています。

環境への取り組み(詳細)|株式会社イシグロ|会社案内
『 釣り人宣言 』 つり具回収BOX設置しました。をご紹介します。昭和27年創業の大型釣具専門店。静岡・愛知・滋賀・岐阜で26店舗。釣具やアウトドア用品の店舗販売・オンライン通信販売を行う、株式会社イシグロ(釣具のイシグロ・タックルオフ・リフラックス)のオフィシャルサイト。

Google検索で”釣具店 釣り針回収”と検索したところ、唯一出てきたのは我が地域のイシグロだけ。

誇らしいと思う一方、「買い物ついでに針を捨てに行こう!」と行動する人が、どれほどいるのだろうか……。もし回収BOXなかったら、職質されると確実に誤解を生むヤツやん。

やはり自然で遊ぶ魚釣りだからこそ、環境維持と改善への意識を高くもつことが大切ですね。

スポンサーリンク

【結論】釣り針は燃えないごみ(危険物)で捨てましょう

釣り針を処分するには、燃えないごみ(危険物)として、ゴミ収集の日に捨てるのが簡単です。

番外の処分方法として、オチをつけておきましょう。

非常に時間はかかりますが──、釣り針を海水につけておき、溶けてなくなるまで待つ……という方法もあります。しかし各社とも、錆びにくいよう腐食しにくい処理をしているため、企業の耐久テストを肩代わりするハメにもなります。

とはいえ、非常に時間がかかる壮大なプロジェクトは、ブロガーならヒットするネタになりますよ!(俺はやらない)

ルアーメンってフックの錆びをめちゃ気にするよね……。

ライフハック特集記事
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました