フラッシュブースト技術でルアーは置き竿でも釣れる時代に突入する

FSで発表された数ある新ルアーの中で、ひときわ話題になったルアーがあります。

それがシマノの「フラッシュブースト」という新技術。このすごさを簡単に伝えるなら、ルアーを投げて置き竿でも魚が釣れちゃうレベルです。

実際目にして、ルアーフィッシングの概念が変わる技術だと確信しました。

 

搭載ルアーは3月発売予定ともうすぐ!

スポンサーリンク

フラッシュブースト技術を簡単に説明してみる

シマノの新開発した「フラッシュブースト」という技術、これを簡単に説明すると、『ルアー内部に反射板を仕込んでみた!』です。

水面にそれを放置するだけで、魚がガボッと出てきてトップゲームが成立しちゃいます!

どんなものかは実際に見るほうが早いでしょう。

ルアーには音を出すラトルがありますが、フラッシュブーストはそれが反射板になったようなもんです。……音はしませんよ?

その反射板は手に持つだけのわずかな振動で震えて、光を反射してキラキラします。

てことは~? 水面にぷかぷか浮かべるだけでキラキラ反射して、水中にいる魚には「シラスがおるやん!」と思われるかもしれませんね。

 

「ホロシールと何が違うんだよ」と思う人は少なくないでしょう。

フラッシュブーストは反射板がぱたぱた動きます。

これを形容すると、ルアー内部で小魚が泳いでるように見えるんです。

実践で証明された「放置でも釣れるルアー」

この技術を実際目にして思ったのは、トップとシンキングペンシルがさらに強化されそうだなと。

現在リリースが決定しているのは、オフショアキャスティング向けの「オシアヘッドディップ」に、ショアキャスティング向けの「シャローアサシン」の2タイプ。

 

音や波動で魚を寄せるのは古くなり、フラッシュブーストのように静かな光で魚を騙す時代が訪れたのかもしれません。

フラッシュブーストで変わりそうなルアーメソッド

これを一番入れてほしいのはトップのポッパーです。

音を出しつつ泡などで誘いだすんですけど、やりすぎはスレてしまうし、動かすよりはステイさせる間も重要。

ステイさせても波紋で反射板が揺れるから、トップゲームの常識が「アクションの重要さ」から、「波があるときに置き竿」にまで変化しそうである。

 

もうひとつはシンキングタイプのルアー。

特に巻きのアクションも大人しいシンキングペンシルだと、フォール中にフラッシュがブーストしちゃうから、夜の街灯を利用したりとか、水がめっちゃキレイな外洋などで活躍するでしょう。

技術名通りに、これは「」がキーポイントですね。

 

今夏のトップゲームは、こいつが猛威をふるいそうであります。

スポンサーリンク

見ればパクれるけど、なぜ今まで産まれなかったのか

この新技術は構造と仕組みは簡単です。なにが難しいかは、製造面でしょう。

クリア樹脂のルアーも今は珍しくないですが、少し前までは存在すら難しい物でした。

今では当たり前の重心移動システム「AR-C」も、内部にバネを入れる面倒な機構と大量生産を兼ねるまでは、ごく一部のモデルだけでした。

 

その”内部にバネ”を入れる技術があったからこそ、フラッシュブーストが実現したといえます。

 

今回のFSでは十分バズったし、他社も追従(パクリ)してくるでしょう。

シマノの恐ろしいところは、既存ルアーと値段があまり変わらないところです。

内部に面倒な要素を一つ増やしているので、製造する部品なり組立工程も増えてコストはあがるだろうのに、販売値段は同タイプと遜色ないのに驚きます。

ルアーの詳細は写真にある無料冊子「LURE-X」でも見ることができます。釣具屋には大抵あるよ!

釣り業界も商標や特許の登録はしっかりしようネ

JUMPRIZEがパクり文化国にいろいろアレされて、会社が乗っ取られる手前だったこともありましたね。

フラッシュブーストみたいな新技術も、商標に特許で守らなければ、他社が類似品をバンバンだして価格崩壊する恐れがあります。

それはユーザーにとってはいいことですが、「産んだ苦しみ」を知る企業からすれば、笑える事態ではないですよね。だから法律で保護する必要があるんです。

【緊急事態】プリン専門店「うっふぷりん」がティラミス騒動の株式会社gramに乗っ取られる危機 / 店員「名前取られる危機に陥った」 | バズプラスニュース
シンガポールの人気ティラミス専門店「ティラミスヒーロー」のロゴや名称を、日本の競合他社である株式会社 …

最近話題になった「ティラプリ」も、商標登録をしていなかったために名前を奪われそうになりました。

これらの申請は依頼すればわりと高額で、自分でやっても資料を用意する時間対費用がかかるので、飲食でわざわざ登録する店は少ないでしょう。そこを狙った方法であって、モラルに反していますが違法じゃないです。

大阪FSに行くことになって、ティラプリの騒動もあったから、どんなもんかとついでに買ってきました。

写真で見るより実物ははるかに大きかった。容器は握りこぶしくらいはあります。

スプーンで触れるふわふわな触感はティラミスそのもの。食べるとプリンの味がするから不思議な感覚です。単価はありますけどボリュームからすれば安いもんですね。デザートの1品では多いくらいです。

大阪プリン専門店 うっふぷりん

プリン専門店だけあって、種類が多くおみやを選ぶのも迷いました。

保冷で持ち帰り推奨時間が2~3時間なので、遠方に持ち帰る際は注意しましょう。私は保冷バッグを持っていたのでぬかりはなかったです。

ルアー
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!
スポンサーリンク
ブログを気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

SNSで更新情報を届けております!
とある浜松アングラーの一生