ただ巻きだけでヒラメを釣りたい人向けのメタルジグ7選

ただ巻きだけでヒラメを釣りたい人向けのメタルジグ7選

メタルジグはサーフヒラメの定番ルアーの一種。簡単に飛ばせるし、ボトムも取りやすいく、フラット狙いで必要な要素を全て詰め込んでいます。なにより安くコスパもいい。

今記事は”ただ巻きに特化したメタルジグ”を集めてみました。頭空っぽにしてサーフで遊ぼう!

スポンサーリンク

ただ巻きだけでヒラメを釣りたい人向けのメタルジグ7選

メタルジグは上下に激しく動かすジギングのイメージが強いですが、サーフヒラメならボーっとハンドルを回すだけでも釣れます。サーフのヒラメ釣りは、もうすっかりメタルジグが定番化しました。

メタルジグはボトムを取りやすく、アングラーの意思でレンジを変化できるため、(自分でやれば)多彩なアクションが可能なのが魅力。小型で重いため、100m飛ばすことも余裕ですし、飛距離至上主義のサーフにおいて、無難かつ至高なのがメタルジグです。

どうせなら、もっとも~っと簡単に釣りがしたい……。

何も考えず、「巻いたら釣れた」くらいでヒラメを釣りたい。そんなワガママに答えてくれるだろうメタルジグを、7つ選んでみました。

スピンビーム【シマノ】

ただ巻きジグといえば、シマノの「スピンビーム」が筆頭です。

センターバランスにしたことで、メタルジグの弱点だった”下手くそな泳ぎ”を解消。投げて着底させ、ただ巻いてくるだけでヒラメが釣れちゃう! センターフックで下からのバイトも見逃さず、サーフのフラット用ルアーのスタンダードを確立した名作は、未だ色褪せない。

TGモデルは重くすぎて使いづらい件。

熱砂 スピンビーム32g|ルアー|用品|製品情報|シマノ -SHIMANO-
シマノ釣り製品情報を始め、各種イベント情報など、フィッシングシーンをサポートする情報をご提供する公式サイトです。私たちシマノは釣り具という製品を通じてあなたとご一緒したいと考えます。海も川も湖も、そこに魚たちがいる限り、人と魚たちとの出会いのドラマは無限です。この素晴らしいドラマをこれからも永遠に継承するために、テクノ...

鮃狂ヒラメタルZ【DAIWA】

DAIWAの鮃狂シリーズは、サーフヒラメ専用のルアーブランド。ヒラメタルZはエッジの効いたデザインでフラッシングはピカイチです。

ボトムでトントン動かして、フラッシュでフラットを誘い出せます。リアフックにあるフェザーはアピールの補助になるし、ただ巻きでもブリブリ動くため、多次元へのアピールが可能。アクションの自由度が高いので、中級以上のアングラーにとって使いがいのあるルアーでしょう。

DAIWA : 鮃狂(フラットジャンキー)ヒラメタルZ - Web site
初代ヒラメ王「高橋慶朗」監修。ボトム、沖合いのブレイクに潜むヒラメ・マゴチ攻略用コンパクト2-フックキャスティングジグ。

ジグパラサーフ【MajorCraft】

ジグパラサーフはリアフックに小さいブレードが付いたよくばりセット。

メジャクラらしさの屈指の安さ、そして販売力が魅力。スピンビームは枯渇したことがあるけど、ジグパラシリーズが枯渇することはまず考えられない。大抵の釣具屋で見かけるから、手に入りやすく使いやすい。価格が安いからカラーを多く揃えやすいのがメリットかな。

Jigpara Surf | メジャークラフト|Major Craft Web
バス 、シーバス、エギング、ショアジギング、フラットフィッシュ、ロック&ライトゲーム、オフショア、トラウトのロッドメーカー「メジャークラフト」のサイトです。

オフベイト【バディーワークス】

オフベイトは泳ぎを意識したメタルジグ。

サーフルアーのメッカである静岡県でテストしているだけあって、バディワークスの仕事にハズレはない!(たぶん)オフベイトはセンターバランスかつスイムを意識した作り。ただ巻きするだけで、ベイト本来の泳ぎであるスイングアクションを表現する。

2019年の秋シーズンは遠州サーフで随分活躍したらしい……。

301 Moved Permanently

マキッパ【Megabass】

メガバスのマキッパは、ただ巻きだけでなく、フォールアクションを重視したメタルジグ。

サーフゲームだけでなく、オフショアのマダイや湾内のシーバスなど、多種多様のターゲットに対応できるのが魅力。アクションも自由度が高く、平らなベリー部がフォールの時間を稼いでくれるし、巻きでは安定したレンジキープをサポートしてくれる。意識の高いただ巻きをしたいアングラー向け。

MAKIPPA | Megabass-メガバス
メガバス株式会社は、伊東由樹が創業したロッド・ルアーなどの釣具・アウトドア用品メーカーです。

BeachWalkerフリッパー【DUO】

シマノのアレに似てるって? 考案者が同じだからしょうがないじゃない!

DUOのBWフリッパーは、オーソドックスなセンターフック付きのメタルジグ。アレと違うのは、重心をやや後方寄りにしたことで飛距離が増したこと。ジグの割に巻くだけで浮き上がりやすく、シンペンのように使えます。独特の形状はフォールでも魅せる、ストップ&ゴーが活きますね。

やや重めのウェイト設定なので、使うロッドは最大45gを選択するといいでしょう。

Beach Walker Flipper (32g) | DUO
DUO International/ルアーメーカー 株式会社デュオ/ハンドカービング技術を中心に、一貫した自社生産スタイル/Tide Minnow タイドミノー /NIPPON QUALITY 国内生産/OEM事業/静岡県焼津市/

サンティス【ima】

imaのサンティスは、「これジグなの?」とツッコミたい奇抜なデザイン。

ジグスプーンに分類されるサンティスは、幅広のボディがただ巻きのレンジキープをアシストし、他のジグにはできない1テンポほどスローな泳ぎが可能です。大型のため飛距離は一歩遅れますが、水深4m以内の遠浅サーフから、シャローにも対応できる憎めないヤツ。

Products Santis に何も見つかりません
スポンサーリンク

ただ巻きとストップ&ゴーさえできればヒラメを釣るに困らない

ヒラメは底べったりに居る魚だから、ボトム近辺をキープするだけで釣れます。つまり、底から1m以内にルアーを通すことができればOKです。

メタルジグの利点は鉛の塊で海水でもよく沈むこと。ボトムを感じやすいから、初心者にとっても簡単なルアーです。あとはレンジキープすることが課題ですが、それが苦手なら、ストップ&ゴーのテクニックを身に着けましょう。

ストップ&ゴーが優れているのは、誰でもボトム付近のレンジキープをしやすいから。ジャカジャカ5回回して止めるを繰り返すだけで、死に体のベイトっぽい演出をボトム近辺で表現できるし、フラットの有効レンジ内にとどまりやすく、釣れやすい!

釣れるルアーを選ぶことも重要ですが、魚が釣れるレンジに届けなければ意味がありません

砂だけのサーフなら根がかりの危険性もないから、まずは底をずるずる引ける巻き速度を体感すること。そこから徐々にスピードをあげたりゆるめたりして、メタルジグのレンジキープ術を体に叩き込みましょう。

ただ巻きジグの重量は20~30gがベスト

ジグの重量は”浮き上がりにくさの指標”として捉えましょう。

25g以下は遠浅サーフとベタ凪向け。遅いリトリーブでもボトムキープができるから、活性が悪いタイミングに向いています。その反面、ルアーが軽いと着底の感触がわかりづらい。ストップ&ゴーは重いルウェイトのほうがやりやすい。

10g程度のウェイト差で、飛距離はあまり変わりません。重要なのはウェイトバランスであり、使用するタックル次第です。

知っておきたいメタルジグの釣り | 堀田光哉のSurf fishing a gogo! | ルアークロス ウェブマガジン | シマノ -SHIMANO-
北海道釣行初日は短時間の釣りでしたが、なかなか楽しい感じの釣果でしたね。ヒットが続いただけに翌日も同じサーフへ入釣しようとも考えましたが、他にも気になるサーフがありました。噴火湾エリアのサーフですね。せっかくの北海道ですから、釣果だけにこだわりたくありません。結果が付いてくるに越したことはありませんが、釣りをしたいポイ...

メタルジグでのヒラメ狙いは、スピンビームの生みの親である、元祖ヒラメハンターの記事が参考になります。

タイトルとURLをコピーしました