ただ巻きだけでヒラメを釣りたい人向けのおすすめメタルジグ7選【サーフ】

ただ巻きだけでヒラメを釣りたい人向けのメタルジグ7選

メタルジグはサーフヒラメの定番ルアー。

簡単に飛ばせるし、ボトムも取りやすく、フラット狙いで必要な要素を全て詰め込んでいます。

はる@釣行中
はる@釣行中

なにより安くコスパもいい(重要)。

今記事は”ただ巻きに特化したメタルジグ”を集めてみました。

はる@釣行中
はる@釣行中

頭空っぽにしてサーフで遊ぼう!

ただ巻きだけでヒラメを釣りたい人向けのメタルジグ7選

メタルジグの使い方は、上下に激しく動かすジギングのイメージが強いと思います。

はる@釣行中
はる@釣行中

でもそれは船上でこそ活きるやり方。

サーフでヒラメを狙うなら、メタルジグでもボーっとハンドルを回すだけで釣れます

メタルジグはよく沈むため、ボトムを取りやすく、(自分でやれば)多彩なアクションを可能なのが魅力。キャストの飛距離も申し分ないため、飛距離至上主義のサーフにおいて、無難かつ至高なのがメタルジグです。

何も考えず、「巻いたら釣れた」くらいでヒラメを釣りたい。

はる@釣行中
はる@釣行中

そんなワガママに答えてくれるメタルジグを、7つ選びました。

  1. スピンビーム(SHIMANO)
  2. ヒラメタルZ(DAIWA)
  3. ジグパラサーフ(MajorCraft)
  4. オフベイト(BuddyWorks)
  5. マキッパ(Megabass)
  6. フリッパー(DUO)
  7. サンティス(ima)

スピンビーム【シマノ】

シマノのスピンビームは、ただ巻きでヒラメが釣れるメタルジグの元祖とも呼ぶべき存在。

メタルジグでは珍しいセンターフックを採用。ウェイトバランスもセンター寄りにしたことで、巻くだけでレンジキープして泳ぐメタルジグになりました。

はる@釣行中
はる@釣行中

発売から数年、サーフの釣果を独占した実績もあります。

鮃狂ヒラメタルZ【DAIWA】

DAIWAの「鮃狂」はサーフヒラメ専用のルアーブランド。

ヒラメタルは平べったいメタルジグですが、「ヒラメタルZ」は鉄板バイブ寄りのスイム重視なメタルジグ。

フラッシングに力を入れており、リアのフェザーでアピールはマシマシ。ただ巻きでもブリブリ動くため、多次元へのアピールが可能です。

ジグパラサーフの強みはなんといっても安さ! スピンビームの半額ほどで買えます。

形状は他と似たような形ですが、価格の安さでカラーを揃えやすいのが利点。数色持つことはローテーションでスレ防止に役立てることができます。

オフベイト【バディーワークス】

BuddyWorks(バディーワークス)
¥1,078 (2022/01/23 16:12時点 | Amazon調べ)

オフベイトはただ巻きでの泳ぎを意識したメタルジグ。

サーフルアーのメッカである静岡県でテストしているだけあって、バディワークスの仕事にハズレはない! ただ巻きするだけで、ベイト本来の泳ぎであるスイングアクションを表現する。

はる@釣行中
はる@釣行中

遠州サーフで随分活躍しました。

マキッパ【Megabass】

メガバスのマキッパは名前の通り、巻きっぱなしでも釣ることを意識した作り。

シンペンのように浮き上がりが良いため、フォールも交えて多彩なアクションを実現します。おすすめの使い方はストップ&ゴー。

サーフゲームだけでなく、オフショアのマダイや湾内のシーバスなど、多種多様のターゲットに対応できるのが魅力。

関連記事:https://hama-angler.com/archives/10083
→ただ巻くだけで釣れるマキッパ!

BeachWalkerフリッパー【DUO】

DUOのBWフリッパーは……アレに(値段と姿が)そっくり。

はる@釣行中
はる@釣行中

同じ人が監修したから仕方ないね。

なぜフリッパーを入れたかというと、DUOのルアーカラーはラメ入りがあって、これがマイクロベイト対策にもなるから、釣れるんです!

スピンビームとの差別化はちゃんとしています。

Beach Walker Flipper (32g) | DUO
DUO International/ルアーメーカー 株式会社デュオ/Beach Walker Flipper (32g)/ハンドカービング技術を中心に、一貫した自社生産スタイル/Tide Minnow タイドミノー /NIPPON QUALITY 国内生産/OEM事業/静岡県焼津市/

サンティス【ima】

imaのサンティスは、「これジグなの?」とツッコミたい奇抜なデザイン。分類はジグスプーン。

幅広のボディがレンジキープをアシストし、他のジグより1テンポは遅く巻けるのがメリット。飛距離は劣りますが、水深4m以内の遠浅サーフから、シャローにも対応できる憎めないヤツ。

はる@釣行中
はる@釣行中

図体がデカめなので、座布団クラスでそれなりに実績があるらしい。

メタルジグはただ巻きとストップ&ゴーさえできれば、ヒラメ釣りに困らない

ヒラメは底べったりに居ますが、底一杯よりも50cm以上離すほうが釣れます

一見Fミノーのほうが有利に思えるけど、メタルジグの利点はレンジを自由に選べること。

はる@釣行中
はる@釣行中

ミノーは固定でしか通せないため、水深3m以上は効率が悪くなります。

サーフルアー初心者にとって、メタルジグは色々教えてくれるルアーといえます。

必ず沈むためボトムを取りやすく、ストップ&ゴーのテクニックさえ覚えれば、魚は釣れます。

ただ巻きジグの重量は20~30gがベスト

ジグの重量は”浮き上がりにくさの指標”として捉えましょう。

はる@釣行中
はる@釣行中

25g以下は遠浅サーフとベタ凪向け。

遅いリトリーブでもボトムキープができるから、活性が悪いタイミングに向いています。その反面、ルアーが軽いと着底の感触がわかりづらい。ストップ&ゴーは重いルウェイトのほうがやりやすい。

10g程度のウェイト差で、飛距離はあまり変わりません。

重要なのはウェイトバランスであり、使用するタックル次第です。

メタルジグでのヒラメ狙いは、スピンビームの生みの親である、元祖ヒラメハンターの記事が参考になります。

知っておきたいメタルジグの釣り | 堀田光哉のSurf fishing a gogo! | ルアークロス ウェブマガジン | シマノ -SHIMANO-
北海道釣行初日は短時間の釣りでしたが、なかなか楽しい感じの釣果でしたね。ヒットが続いただけに翌日も同じサーフへ入釣しようとも考えましたが、他にも気になるサーフがありました。噴火湾エリアのサーフですね。せっかくの北海道ですから、釣果だけにこだわりたくありません。結果が付いてくるに越したことはありませんが、釣りをしたいポイ...