メジャクラ秋のサーフよくばりルアーセット(ジグパラジェット・浜王)

メジャクラ秋のサーフよくばりルアーセット

2019年秋のサーフゲームも終盤戦に突入!

11月にもなれば台風シーズンが過ぎ、穏やかなサーフ状況が続くため、めちゃくちゃ釣りしやすくなります。”釣れる”と断言はできませんけど……、出来ることが多くなればチャンスも増えるわけで、あとはそこを「いかに逃さないか」がポイントです。

その要望に答えるように、メジャークラフトから秋のサーフゲームに向いている「2本のルアー」を見つけたので紹介します。

スポンサーリンク

遠距離のジグパラジェットと近距離の浜王【MajorCraft】

秋の海況が落ち着きやすくアングラーにとってはやりやすい環境。でも魚にとっては視界がクリアになるため、見切られやすくスレやすい状況になります。

スレの進行は「(釣果が増えて)混むから」──が最大要因で、当状況を打開するには、シンプルながらとても勇気のいる行動が必要です。

それは「あえてメソッド」を外すこと──。ようは人マネをやめろってこと。

大抵のアングラーは「実績と安定」を気にします。SNSでアレが効くとか、雑誌でコレが至高とか、釣れた情報にすがるわけです。ある人気エリアで使われるルアーを調べれば、だいたい似通って個性が無いことに気づく。そこで違いを出すには手元のアクションくらいになります。でも釣れるメソッドとして紹介されているから、尚更個性がなくなっていく……。

みんなで実績のある同じルアーを使い続ければ、それだけ見慣れるのも早くなります。web広告だって毎日同じの見れば「またかよ」ってなるでしょ? ……まあそれは主にメーカーのせいですけど(転嫁)。

じゃあどこで差を付けるか……って話になりますよね。

その答えは「エリア選択」と「狙う距離」。エリア選択については別記事を参照してもらうとして、ここでは1ポイントをじっくり攻めるルアーチョイスについて、メジャクラがちょうどいいルアーを発売しているので紹介します。

遠距離を攻めるメタルジグの「ジグパラジェット」と、近距離を攻めるジグヘッドワームの「浜王」の2つです。

【ジグパラジェット】スレたヒラメを狙いつつ青物も勝ち取りたい

ジグパラジェットはスリムタイプのメタルジグ。「20/30/40g」のラインナップがあり、ショアジギングの王道セレクトですね。

後方重心でスリムタイプだから、当然ながら飛びます。その約束された期待値は、使用タックルとキャストテクに左右されますが、大衆的なサーフタックルで80mは飛ばせないとキャスト講座受けたほうがいいレベル。それは公式HPの説明文でも──”とにかく軽く飛ばしたい”──と、さりげなく煽っています

これを使用することで、0~100mの範囲を水面から海底の隅々まで探ることができます。

メタルジグは広範囲の探りが大きなアドバンテージ。欠点は「速く沈むこと」くらいで、これはテク次第でどうにでもなります。

青物なら中層以上が狙い目になるので、リトリーブとアクションのピッチを上げるとか──

フラットなら底付近でいいから、遅めのリトリーブとアクションを心がけるとか──

つまり、リールを巻く動作をコントロールすることで、対象とする魚のレンジに合わせること。これがメタルジグの要。Fミノーなど固定レンジは実績のある同じポイントで、誰でも同じ釣果を挙げやすいことが利点。メタルジグは技術で魚を探しにいく意識が必要なので、これでポンポン釣れるようになれば、自慢していいくらいのテクニックを身に着けているといっていいでしょう。

ジグパラジェットは価格が安めなのも魅力。S社の同系だと4割くらい高くなるで……。

【浜王ヒラメセット】遠距離厨の死角となる波打ち際を攻めろ!

サーフルアーは「飛距離至上主義」な所があります。それ自体悪いことではなく、それだけチャンスが広がるのも確か。でもそのサーフ、100m先にフラットはいますか?

どんな魚も”何かに隠れる習性”があります。それは岩なり人工物など「障害物」であり、砂底の些細な起伏も該当します。それが全くない残念なサーフも存在します。貧乳もステータスだからね。

砂しかないサーフも、それが地殻まで堆積しているわけじゃなく、岩盤の起伏で”変化”が生まれています。そこから優良ポイントを探る慧眼なアングラーも多くいると思いますが、サーフルアーを経験した方々なら、砂浜のどこに起伏が起きやすいか知っているでしょう。

そう……、30m以内の波打ち際です。

サーフゲームはS社の”回りそうな名前のジグ”が流行った辺りから、「飛距離+ただ巻きで動く=簡単!」なルアーが広まり、どのメーカーもこぞって「業界最長!」とか「どこまでも飛ぶ!」だとか、飛距離厨ばかりになりました。今まで主流だった70m以内を探るルアーはそれらの影に隠れて、サーフゲームから姿を消しはじめたのです……。

だがしかし、ワームゲームは死に絶えていなかった!

流行は繰り返されるもの──。現在のタピオカが第三次ブームで既に大惨事(激ウマギャグ)が予見されているように、ルアーのトレンドも繁栄と終焉を繰り返されているのです。現在は飛距離至上主義ですが、「遠くに飛ばしてもヒラメ、釣れなくね?」と疑問を抱いている頃。なんだかんだでヒットするのは50m前後が多いので、近距離をねちねち攻めるワーミングは、足元がお留守なアングラー達の残したフラットを回収する最終兵器になります。

ほとんどのサーフは、50m以内くらいしか起伏がないんですよ……。青物を狙うなら遠くに飛ばして、広範囲を探るほうがいいですけどね。フラットは変化に着くタイプだから、そこだけ重点に狙うほうが効率がいいんです。

というわけで、足元をネチッと攻めるにはワーミング。それを叶えるのがメジャクラの「浜王」! 他社でもいいぞ!!

……まあルアー自体は”よくあるタイプ”だから何もいうことはない(説明放棄)。

けれど、ワームを挿し込みやすいようスリットが入っているのはいいアイデアですね。製造は「○ね」といいそう。……反作用として”専用”になっちゃうから、別のワーム着けたい時に困るのが難点。でもジグヘッドとワームの別売それぞれが安価なので、お財布に優しい(かもしれない)点では勝っているかも。

1本のセット品でも750円だから試供品みたいな値段だな……。

スポンサーリンク

近距離と遠距離をフォローしあえるよくばりセット!

遠距離を攻めるジグパラジェット、近距離を逃さない浜王──。この2つがあれば、サーフゲームで魚を探す時、困ることはそんなにない! はず。

どちらも単価は安めなので、カラーを増やしてもお財布に優しめ。有名メーカーだから大抵のショップで買えるし供給元も安心! あとは釣れてくれれば気持ち的に元は取れる。

「あれと似ている……」と比べるより、「あれより安いやん」でいいじゃないか。それよりコスト低めで同じ性能が得られるのは、販売競争の常ですよ。

紹介したルアーの詳しい情報は公式ページでどうぞ。

Jigpara JET | メジャークラフト|Major Craft Web
バス 、シーバス、エギング、ショアジギング、フラットフィッシュ、ロック&ライトゲーム、オフショア、トラウトのロッドメーカー「メジャークラフト」のサイトです。
浜王 | メジャークラフト|Major Craft Web
バス 、シーバス、エギング、ショアジギング、フラットフィッシュ、ロック&ライトゲーム、オフショア、トラウトのロッドメーカー「メジャークラフト」のサイトです。
インプレ ルアー
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました