【EFDELTA】山奥でもオール電化で暮らせそうなポータブル電源がイカれてる

【EFDELTA】山奥でもオール電化で暮らせそうなポータブル電源がイカれてる

EFDELTA(イーエフデルタ)とは、イカれた性能の「次世代ポータブル電源」です

電気自動車のテスラを充電できる──ハイここで既におかしい! 電子レンジの使用は当たり前、冷蔵庫も10時間はいける──などなど。

イカれた性能のポータブル電源を紹介するぜ!

スポンサーリンク

EFDELTAがあればハイテクなアウトドアができる!

EFDELTAの性能で、特に取りあげたいのは以下の4つ。

  • 1260Whで大容量(モバイルバッテリー10,000mAhの34本分相当)。
  • 再充電時間は世界最高速クラス。80%まで約1時間、フル充電なら約2時間。
  • AC6ポート USB4ポート(急速充電2ポート) USB Type-C2ポート 13.6V車用ポート1
  • ソーラーパネルからの充電も可能。災害時にも活躍。

ACコンセントが6つあることから察せるように、これさえあればアウトドアでも、家と同じように家電が使えます。

それも種類を問わずに!

ACコンセントを使えるポータブル電源はありますが、EFDELTAは地力が違います。

蔵庫を使えるし、IHコンロだって(一応)使える。2台用意すればオール電化でも対応できるレベル。

EFDELTAはクラファンで先行予約がはじまったけど、目標金額を大幅に超えて既に締め切っています。目標50万なのに6千万集めていることから、その期待度も伺えますね!

野外で電子レンジやドライヤーが使えて、電動自動車テスラも充電可能。大出力&大容量な次世代ポータブル電源『EFDELTA(イーエフデルタ)』が日本初上陸!
EcoFlow Technology Japan株式会社のプレスリリース(2019年11月21日 11時57分)野外で電子レンジやドライヤーが使えて、電動自動車テスラも充電可能。大出力&大容量な次世代ポータブル電源『EFDELTA(イーエフデルタ)』が日本初上陸!

電気自動車が当たり前になった時こそ非常電源は必要になる

電気自動車の弱点は、長距離連続走行が苦手なのと、充電が必要になること

都市部は商業施設に充電設備があるから困ることは少ない。でも山間部は道の駅にあるとラッキー程度なので、充電ポイントを探すのに困ってしまう……。

キャンプとか、渓流釣りとか、登山とか……。特にガチめのアウトドアに行くほど、電気自動車の充電が難しくなります。

EFDELTAは電気自動車のテスラも充電できますが、それはフル充電から12km分程度……。まあ予備燃料と考えれば妥当かもしれない。こういう外部電源は、EV車にとって必ず必要になるアイテムになりそうですね。

そしてEFDELTAはソーラー給電をすることができるので、停電時などの災害時でも、家電を使うことができるのも強み。

……もしかして、これさえあればハイテク仙人生活できるんじゃね?

https://www.makuake.com/project/efdelta/

家庭用バッテリーシステム「TESLA Powerwall」もなかなかイカれてるぞ!

テスラの「Powerwall」は、簡単にいうと家庭用自家発電システムです。

太陽光パネルから給電し、それをメインに使いつつ販売電気と使い分けるから、電気代はほぼかからなくなるし、クリーンなエネルギーだから意識高い人も安心!

これが2台くらいあれば、大抵の家庭はすべて自然発電でまかなえるくらいらしい。

Powerwall | Tesla
Powerwallは、太陽光発電や電力会社の電力網からの電気を蓄えることができる家庭用電池です。蓄電した電気は、夜間や停電時などいつでも利用できます。

100万投資するだけで、この先の電気料金がほぼタダになると考えれば、戸建て持ちは導入を考えたほうがいいと思うよ!

デジタル
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生