【EFDELTA】山奥でもオール電化で暮らせそうなポータブル電源がイカれてる

【EFDELTA】山奥でもオール電化で暮らせそうなポータブル電源がイカれてる

EFDELTA(イーエフデルタ)とは、イカれた性能の「次世代ポータブル電源」です

電気自動車のテスラを充電できる──ハイここで既におかしい! 電子レンジの使用は当たり前、冷蔵庫も10時間はいけるし、フル充電は最短で2時間(1260Wh)だし、ソーラーパネルですら4時間で充電できる──

などなど、燃料発電機がレガシーになりそうな、イカれた性能のポータブル電源を紹介するぜ!

スポンサーリンク

EFDELTAがあればハイテクなアウトドアができる!

EFDELTAの性能で、特に取りあげたいのは以下の4つ。

  • 1260Whで大容量(モバイルバッテリー10,000mAhの34本分相当)。
  • 再充電時間は世界最高速クラス。80%まで約1時間、フル充電なら約2時間。
  • AC6ポート USB4ポート(急速充電2ポート) USB Type-C2ポート 13.6V車用ポート1
  • ソーラーパネルからの充電も可能。災害時にも活躍。

ACコンセントが6つあることから察せるように、これさえあれば屋外でも家電が使えます。それも種類を問わずに!

停電に弱いタワマンでも、窓にソーラパネルを置けば給電もできる。EFDELTAがあれば冷蔵庫を使えるし、IHコンロだって(一応)使える。2台あればオール電化でも対応できるレベルです。モバイルデバイスは13台同時充電できるため、コンセントの奪い合いになりにくいかもしれません。

野外で電子レンジやドライヤーが使えて、電動自動車テスラも充電可能。大出力&大容量な次世代ポータブル電源『EFDELTA(イーエフデルタ)』が日本初上陸!
EcoFlow Technology Japan株式会社のプレスリリース(2019年11月21日 11時57分)野外で電子レンジやドライヤーが使えて、電動自動車テスラも充電可能。大出力&大容量な次世代ポータブル電源『EFDELTA(イーエフデルタ)』が日本初上陸!

EFDELTAはクラファンで先行予約がはじまったけど、目標金額を大幅に超えて既に締め切っています。目標50万なのに6千万集めていることから、その期待度も伺えますね!

電気自動車が当たり前になった時こそ非常電源は必要になる

電気自動車の弱点といえば、長距離走行が苦手なのと、充電が必要になることですね。

イ○ンがある郊外なら駐車場に備わっているから困らない。でも山間部になると、道の駅にあればラッキー程度なので、充電ポイントを探すのに困ってしまう。キャンプとか、渓流釣りとか、登山とか……。特にガチめのアウトドアに行くほど、電源の確保が難しくなります。

EFDELTAは”テスラも充電できる!”の触れ込みがあります。でもそれはフル充電から12km分程度……。隣家まで10km余裕な北海道のど真ん中でも、ソーラー給電しつつ充電する方法が取れます。

でも夜だとアウトだし、曇や雨なら給電に時間がかかる。じゃあガソリン車が有利?──てわけでもない。そもそもそういう地域にスタンドねーから!

考えてみてください。バッテリーがゼロでも、10kmは走れる非常電源があるわけです。

これさえあれば、北海道のど真ん中を電気自動車で走っても、「俺が充電ステーションになる!」くらいの安心感があります。夜なら明かりを目指して(電気)10km進めばいい。こういう外部電源は、EV車にとって必ず必要になるアイテムになりそうですね。

  • ソーラー給電ができること
  • 家電が使えること
  • 電気自動車を充電できること

EFDELTAの強みはこの3つだと思い……ん?

もしかして、これさえあればハイテク仙人生活できるんじゃね? それに車中泊でもかなり燃料代節約できるし、車で旅する際のお供にいいですね。13kgとなかなか重いので、登山とかトレッキングにはキツイのが難点か。

Makuake|テスラにも充電できる!超大容量・急速充電、次世代ポータブル電源「EFDELTA」|マクアケ - クラウドファンディング
EFDELTA(イーエフデルタ)とは、昨年米国で実施したクラウドファンディングにて支援金1億円以上集めたポータブル電源「RIVER(リバー)」の後継機種です。 開発元のEcoFlow Technology(エコフローテクノロジー、以降EcoFlow)はドローン(無人航空機)の分野で世界シェア7割以上と言われるDJ...

家庭用バッテリーシステム「TESLA Powerwall」もなかなかイカれてるぞ!

テスラの「Powerwall」は、簡単にいうと家庭用自家発電システムです。

太陽光パネルから給電し、それをメインに使いつつ販売電気と使い分けるから、電気代はほぼかからなくなるし、クリーンなエネルギーだから意識高い人も安心! これが2台くらいあれば、大抵の家庭はすべて自然発電でまかなえるくらいらしい。

テスラパワーウォール3台と太陽光発電を組み合わせて33日間のオフグリッド生活をしてみた | EVsmartブログ
日本でも2020年春発売のテスラ家庭用蓄電池パワーウォールを使い、電力会社から電気を買わずに33日間生活した人がアメリカにいます。当ブログでも、千葉の台風被害をV2Hで乗り切った家庭をご紹介しましたが、電力の自給自足は可能なのでしょうか。
世界初:火力発電所を大規模蓄電池に置き換える米・カリフォルニア州 | EVsmartブログ
アメリカの「カリフォルニア州公益事業委員会(CPUC)」は、同州にあるエネルギー企業「PG&E」社が、3ヶ所の「火力発電所」を、テスラ社が製造する「大規模蓄電池」に置き換える計画を承認しました。火力発電所が大規模蓄電池に置き換えられる事例は、これが世界初です。

日本はメガソーラーとか、そこら中に太陽光パネルが置いてあるけど、あれって意味あんの? と思っている。電線と接続しても、一家庭がどれだけ自然エネルギーを使ったか判るシステム、まだロクに整備してないやろとツッコミたい。

太陽光パネルを地面にならべるだけ、地表から緑は減っています。誰がどう考えても、各家庭の屋根にパネルつけて、自家発電してもらうほうがエコじゃないですか。でもそうならないのは、電気通信の収入もごっそりなくなるせいでしょう。

テスラPowerwall
コンパクト、手頃な価格で簡単に設置できるPowerwall 2は、ルーフトップのソーラーパネルと併用した場合、日中に充電し、夜間ご家庭に電力を供給します。

100万投資するだけで、この先の電気料金がほぼタダになると考えれば、戸建て持ちは導入を考えたほうがいいと思うよ!

インプレ 便利なもの
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました