世界に誇れる釣具は日本人のクリエイティビティにある

世界に誇れる釣具は日本人のクリエイティビティにある

良い記事を見かけたので共有させていただきます。

「笹川平和財団」に投稿された『世界に誇れる日本製の釣具と共に伝えるべきもの』を読みました。釣具業界に所属する方ならではの視点と、今後の未来とすべてのアングラー達へ、さりげなく宛てたメッセージが伝わる良い記事です。

スポンサーリンク

世界に誇れる日本製の釣具と共に伝えるべきもの

当記事は、テイルウォークに所属する中村宗彦さんによる執筆。

釣具の開発経緯や進化の理由。ルアーフィッシングに重きを置いた視点。締めには環境保護に対する啓発など、隙がない構成になっています。

世界に誇れる日本製の釣具と共に伝えるべきもの | 海洋政策研究所-OceanNewsletter | 笹川平和財団 - THE SASAKAWA PEACE FOUNDATION
笹川平和財団は国際理解・国際交流および国...

日本の釣具は語るまでもなく世界最高峰ですが、そうなった要因はどこにあるのでしょう? それがわかりやすい一文があります。

結果的に「釣れる釣り場」は激戦区となる。釣り人からのプレッシャーにさらされた魚たちは神経質となり、ルアーへの反応が悪くなる。そんな状況下でも「釣れる道具作り」が求められ、結果的に対象魚やシチュエーションごとに先鋭化された製品が生み出されていく。日本の釣り人のクリエイティビティは高く、前述のようにルアーで狙える対象魚、釣法もどんどんと増えている。そうした日本の釣り文化と、そこから生み出される製品群は世界中の釣り人たちから注目されている。

https://www.spf.org/opri/newsletter/462_3.html?latest=1

日本は全国各地に独自の釣法が存在します。そうなったのは、全く同じ条件が重なる釣り場が稀な存在だからです。

他の国なら「釣れるからええやろ」で済ましている技術を、「もっと簡単に釣れる方法はないか」と研鑽しすぎて発達したのが日本製の釣具。挑戦する気概が日本製ブランドを生み出し、今日も支えているわけです。

実のところ、日本は世界で最もクリエイティビティな国として認知されているんですよ。

いい意味で「あいつらマジヤバイ」と畏怖されている日本

日本がクリエイティビティ(創造力)なのは世界が認めている。

一方で自身達はその凄さに気づいていない。

──齟齬はどこにあるのだろう? それは「ゼロから1を生み出すか」「1を10まで昇華させるか」の違い。

新技術など”発明”に関する能力は外国が長けています。なぜかというと、面倒くさい仕事(作業)をより簡単にしたい一心だからです。だから生産性が高くなるし、研究論文の質と量の多さでもわかります。これはゼロから生み出すほうが利益を生み出しやすく、人を助ける原動力となるかを理解しているためでしょう。

日本はその真逆に位置しますよね。研究開発は利益を生まない仕事とされ、結果だけを早く求めようとする。新技術を生み出す時間が与えられず、なら製品の質を求め続けるしかない。だから生産性向上の意識が理解されにくい

ただし、ある1品に「極限」を付与するのは日本の得意とするところ。これが現在でも産業を支えているのです。

機械遺産Mechanical Engineering Heritage

機械遺産に登録されている「東芝機械(20年4月からSHIBAURA MACHINE)」のマスターウォームホイールは、歯切り加工でピッチ誤差1,000分の4mmというイカレタ精度を、60年も前に作り上げています。現代のオーパーツみたいなものです。

それを外国から見れば、「なんでそこまでやる必要あるの?」と言われる仕事。だが当時だからこそ必要だった精度でもあります。

クリエイティビティの地盤を作った職人たちの魂

『The CITIZEN』より 世界最高精度「年差±1秒」のエコ・ドライブムーブメント搭載モデルが登場 ― 世界数量限定3モデル ― [CITIZEN-シチズン腕時計]
シチズン腕時計オフィシャルサイトです。シ...

日本製がブランド化できたのは、緻密かつ精密に、決して手を抜かない「職人」が当たり前だったことが考えられる。

特に超精密な加工技術は日本の独壇場だし、それは宇宙開発でも運用されていることは、よく知られているでしょう。壊れにくい自動車もそうだし、超高精度の機械時計もそうだし、あらゆる魚を釣ろうとする釣具もそう。

ただひとつ勝てなかったのが、簡素で画一化された大量生産による市場支配だけ。ようは「妥協」が許せなかったわけです。

スポンサーリンク

アングラーは挑戦し続けるべきか、それとも妥協するべきか

主観でいうと、現在の釣具と技術は円熟期に入っていると感じます。

ここから1歩先に進むには、新しい金属や工作機械を作る必要がある。すると製造工程のリファインが必要でコストがかかるから、斜陽気味の釣り業界で実現するのは難しい。IT技術で目新しさを求めようにも人材がないし、戦う相手は「物言えぬ魚」だから最適化が難しい……。

魚は遺伝により「スレ」が継承されます。ルアーで釣り続けるためには、魚たちが見たことがない物を生み出し続けるのが近道。だからルアーの進化は早いのです。その極限は「自然界のエサそのもの」に該当しますが、今はエサ釣りでも釣れにくい状況になっていますよね。それはなぜでしょう?

答えは簡単──。魚が減っているだけなんです。

このことに関しても中村さんは語っています。

世界に向けて製品を売り込むと同時に、「せっかく釣った魚をリリースすること」をはじめ、釣り人のマナーについて意識を向けさせるような情報発信を行っていくことも自分の仕事であると感じ始めている。世界で釣りを経験すると、日本での釣りがいかに快適かを実感する。日本は釣りの対象となる魚種が多く、寒すぎず暑すぎない快適な気候の中で釣りを楽しむことが可能だ。こうした自然も含めた釣り環境と、そこで育まれた釣りの文化は世界に誇れるものだと思っている。経験とともにその思いは強くなる一方だ。感謝の気持ちを持って自然と接したい、そう考えるようになった。

https://www.spf.org/opri/newsletter/462_3.html?latest=1

いつでもどこでも釣りができる環境に私達は立っています。

そこから1匹釣って消費すれば、1匹の魚が水域から減るのは当然の話。それが1,000万人規模といわれる釣り人口がくり返すと、1年でどれだけの魚が消費されるのでしょう?

「港内にアジの群が入ってきて、1人あたり100匹の爆釣!」はわりとよく聞く話。でも数日したら釣れにくくなる。それは群が移動した可能性もありますが、釣りすぎで居なくなった──とも考えられる。種の減少を「環境変化」で済ますことが多いですが、古来から乱獲による絶滅がその原因であるほうが多いです。まあどちらにせよ、原因の発端は人間ですよね。

釣り業界の啓蒙活動も、海洋発展と改善も視野にして地道に活動を続ければ、いずれノーベル平和賞を取る方も現れるかもしれません。

世界に誇れる日本製の釣具と共に伝えるべきもの | 海洋政策研究所-OceanNewsletter | 笹川平和財団 - THE SASAKAWA PEACE FOUNDATION
笹川平和財団は国際理解・国際交流および国...
ホーム | 笹川平和財団 - THE SASAKAWA PEACE FOUNDATION
笹川平和財団は国際理解・国際交流および国...
コラム マナー問題
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました