釣具のシェアリングサービスはなぜ流行らないのか

釣具のシェアリングサービスはなぜ流行らないのか

シェアリングエコノミーが流行ってますが、なぜ釣具のシェアリングサービスは流行らないのだろう……。

それを商売にするには、難しい問題があるんだよなぁ。

釣具のシェアリングエコノミーは難しい…

一時期、釣具のレンタルサービスをはじめた釣具店がありました。東海地方の雄、『釣具のイシグロ』です。

レンタルは中古販売で扱う釣具をリースする内容でした。店頭に並ぶ中古釣具から選べるけど、”好きな物・使ってみたい物”を自由に選ぶことはできなかった

このサービスはいつのまにか終了。しかし、なぜ続かなかったのだろう?

考えられる理由は、レンタルを希望する客層と、使う環境を甘く見積もりすぎていたのではないだろうか。

全ての釣り人が毎回メンテナンスをするとは限らない

釣具のレンタルが流行らない理由は、釣具屋に来る客なら、愛用のタックルを所持しているほうが多いから

アレを使ってみたい──などの希望はあるけど、わざわざレンタルしてまで試す理由があんまりない。だから釣り客とレンタルサービスが噛み合っていなかった。

釣具のレンタルを利用するのは、道具を持たない新規が主体と考えるべき。……しかし、そもそも釣り初心者が、リールやロッドを自分で選ぶ?

そして最大の問題が、釣具のメンテナンスと顧客が大事に扱うことが前提のサービスだったから。

釣具は何回貸せば元が取れるのだろう

例えば高級リール、「ステラ」を貸すことになった場合。全く知らない人に貸せますか?

1回でボロボロになる可能性もあります。その損害金はどうしたらいいのだろう……。

個人所有の物に対する賠償については、法律で器物損壊などの罪に問えるものの、訴訟を挟んでは賠償以上に金がかかることも。

レンタルサービスなら事前に「損壊した場合の賠償」についての規約を確認させればいいですが、故意か不本意かの判定が難しい。仮にそれがステラだとしても、10万しない製品で裁判を起こすのは、心労が疲弊します。

結局のところ、示談か泣き寝入りの二択になりやすく、不特定ユーザーへのレンタル業は、なかなか難しいところがあります。それはカーシェアでも同じこと。

アウトドア用品のシェアリング(レンタル)サービスは多いのはなぜ?

いっぽうでキャンプ用品のレンタルは人気ですね。

キャンプ用品は集めるのにけっこう金がかかるし、流行りにのって出費するには大きな買い物になります。他にも置き場がない問題もあります。

特に”置き場がない”ニーズがあるため、キャンプのレンタルは人気。この分野に、博報堂DYが飛び込む!

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50428810R01C19A0000000/

月に3点を一週間借りることができるし、見て気になった商品を試すとか、家になるべく物を置かない、置きたくない人にとって重宝するサービスになりそう。

このサブスクは「月額500円」でレンタルできるし、配送も込みだから嬉しい。……運営側は倉庫と製品の維持が大変だろうけど。

キャンプ用品はブームの再熱もあって今が勝負どころ。

ゆるキャン見てキャンプしたくなったけど、イチから道具を揃えるのはなぁ……と思っている人には、「そらのした」のような、アウトドアギア専門のレンタル専門店もあるよ!