2重の悩みを解決する活かしバッカン!「アクアライブバケツ」

2重の悩みを解決するライトゲーム向け活かしバッカン!アクアライブバケツ

「すべての人にわくわく楽しい釣りをしてほしい」

その願いが込められたキーパーバケツがあります。

マグバイトの「アクアライブバケツ」は、機能性に優れた活かしバッカン。入れた魚を観察できるよ!

スポンサーリンク

魚を活かしたいし手も洗いたい…。2重の悩みを解決するバッカンがここに

魚釣りはなんだかんだで手が汚れます。砂浜や河川敷はともかく、堤防でそれをやるのは自殺行為……。

そんな時に役立つのが、ロープ付きの水くみバケツです。

水くみバケツは水をくむための存在だから、値段は安く使い勝手がよければそれでいい──。でもどうせなら、魚を活かして観察したり、知育できる道具として活躍もしてほしいところ。

それを解決してくれるのは、マグバイトの「アクアライブバケツ」しかないでしょう!

ロープ付きで水を汲めるし魚も活かせる!

アクアライブバケツは、ロープ付きの水くみバケツです。

ロープは7mあるので、大抵の堤防で使えます。それより長いのが必要なら、ロープだけ別に購入しましょう。

アクアライブバケツ-ロープは7mあります。もっと長いのが欲しいなら、釣具店で10mなどの物を買って付け替えましょう。

……たったこれだけで3,300円もするの?

水くみに使うだけなら高く感じるでしょう。でも、それだけじゃないから高いのです。

メッシュ蓋付きだから魚を入れながら水を汲める!

水くみバケツにメッシュ蓋があると、魚を活かしながら水を交換できるメリットがあります。

アクアライブバケツ以外にもメッシュ蓋付きはあるので、魚を活かす目的で使う人なら、意識して蓋付きを選ぶと、アジやメバルなどのライトゲームで活躍しますよ。

鮮度を保ちたい目的ならメッシュ蓋付きを選ぶべき!

前面クリアパネルでお魚さん観察もできる!

アクアライブバケツは、本体の片面がクリアパネルになっています。バケツの中で泳ぐ魚を観察できますね。

釣ったばかりの魚を入れ、そのまま観察するもよし、写真や動画におさめるもよし、釣れてますアピールにもヨシ!

本体に20cmまでの測りもあるぞ!

本体に20cmまでのメモリがあります。

……位置的に魚を置いて撮影するには向いていないので、計測するには別にメジャーを用意しましょう(なら要らなくないか?)。

アクアライブバケツ-ささやかすぎる20cmまでのメジャー。

ロッドスタンド(ホルダー)もついてるから便利!

サイドに2箇所ロッドスタンドがあります。これは便利ですね!

ロッドを地面に置くと傷がつきやすいく、リールに砂埃が入りやすい。タックルを保護するのなら、ロッドスタンドは欠かせない存在。

クーラーボックスに付けたり、フィッシングベストに付けるなどの方法がありますが、どうせならひとつで完結したいですよね。

だって、荷物が減るもの!!

タックル一式を持って、小道具はショルダーバッグに入れて、このバケツを持っていく。

釣れればバケツに入れておけばいいし、蓋があるから逃がすこともない。帰り際は水を抜いて持ち運べばいいから軽くなるし、そのままクーラーにズドンとできる。

ね? 便利と思いませんか?

持ち手もしっかりしているし魚も見えるオンリーワンなバケツ

大きさは縦横240mm、幅は150mm。ルアーケースが4つ入るくらいですかね。

ロッドスタンドを使う際は水を入れましょう。空だと重みで倒れます。立てるロッドもライトゲーム向けの8ft以下を推奨します。リールがなければセーフかな。ロッドを立てて魚を見ながら悦に浸りつつ休憩できますね。

https://magbite.jp/6288
保冷・保存
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生