100円のルアーは日本経済から何を奪っているのか

魚釣り業界の未来はどこに向いている

100均にルアーが並んでいることを「不景気」に繋げたアングラーがいるらしい……。

ちょっと何いってるかわかんないけど、理解するようつとめてみた。

スポンサーリンク

プチ炎上したダイワの顔

件のツイートはこちら。

この文章から察することができるのは、「ルアーが100円で売れることに驚いた」のか、「こんな物でも100円で売れるのか」に驚いたのかのどちらか。

ユーザーのリプライ(返信)を見ると、どれも「何言ってんの?」という意味合い。

そう思うのも当然なこと。100均にルアーが並ぶことを不景気に繋げるのは強引すぎます。むしろ業界人であるなら、「どうやって100円で儲けがでるの?」と驚くほうがそれっぽいのでは?

100均でもルアーが売られていることをアングラーが知れば、「なぜ日本メーカーのルアーはクソ高いの?」と疑問を抱くのが当然でしょう。

続く補足が非常に苦しいのですが、まあ言いたいことはわかる

ようするに、「途上国に製造を任せると自国の雇用が減って経済ガー」という理論でしょう。……ダイワにブーメランが刺さってる気がする。

今の釣具メーカーに国産の量産製品なんてほぼありません

世界から「あいつらクレイジー」と創造力が認められている国内企業は、誰でも出来る作業をアジアに移しているわけで、これは先進国として当然の潮流でもあります。

こっちの雇用を潰す意味合いなら、”100円のルアーで不景気が加速!?”の視点は概ね正しい。けれど、低賃金の雇用機会を奪うのは上昇する最低賃金です。そもそもの犯人は、政府と賃金UPを願ってやまない労働者の問題です。

それで経営側が目を着けたのが「外国人実習生」。日本語を話せなくても料理を運ぶことは出来る、おまけに日本人より低賃金で雇える。だから100均ルアーと同じことを自国でやっているんですよね。

純国産の釣具を安く売るには低賃金を合法にするしかない

業界人ぽい争点なら、ダイソーに出来て釣具メーカーはなぜこの値段で販売出来ないのかになるはず。

まあ安くないと売れないと考えるのは無能の考えることで、高価でも中身が伴い評価が高ければ売れます。国内の釣具大手はそれが出来ているから問題ないのでは? 現状の釣り業界で生き残れているのは、経営が上手い所しかないでしょうね。

そういえば、最近破産した釣具メーカーがありましたね。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191225-00010000-biz_shoko-bus_all

アングラーデザインが破産に至ったのは、後に出てくる「業界の市場調査」を見れば理由がわかります。扱っている製品の分野が下火傾向だったんです。

最近口酸っぱく「個人の生産性」を追求するのは、最低賃金に見合う労働価値を合法にするには、そうするしか道がないから。生産性を上げた所で、市場が縮小しているから在庫を抱えすぎてパンクする悪循環。

なので賢く経済を維持するなら、企業合併して市場規模に見合った競争数にすればいい。近年M&Aが多いのも、複業した方が一点がダメになっても生き残りやすいし、弱い所が自然に淘汰されていくからですね。

不景気のネガティブキャンペーンに洗脳されすぎ

今や世界中の工業製品は、大抵アジア圏内で作られています。釣具の製造国を見ればそれもわかるでしょう。

知識を持つ先進国はそれを法律で守り、製造側はただ作らされるだけ。これは別に不思議なことではなく、企業内の役割と照らせば大した違いはありません。

労組が春闘でベースアップを掲げるように、現在はアジア諸国で「いい加減にしねぇと俺ら辞めるぞ!」と抗いだして、人件費が上昇して全体の物価上昇に繋がっています。

日銀がよく「物価上昇」を施策にしていますが、物価が上がるのは経済的にはいいことです。

人件費が上がることは、物の価値自体が上がっているわけで、全体の平均賃金も上昇していく流れになります。すると関係者はみんなホクホクになりますよね。「富の分配」としては正しい流れなんです。

経済だけ見れば、今は(全体では)好景気です。散々ネガティブキャンペーンがされていますが、世界の経済は良い方向に向かっています。

日本の釣具が高くなっているのは別の背景もあります。

そもそも釣具を買っている消費者たちって誰でしょう? 人口が減っている世の中なのに、売上を伸ばし続けるにはどうすればいいのでしょうか。

スポンサーリンク

それではここで「釣用品の国内需要動向調査報告書」をご覧頂きましょう

一般社団法人「日本釣り用品工業会(JAFTMA)」は、毎年1回、業界の市場調査を行っており、それを一般公開しています。これを見れば、釣り業界のどこが成長株で低調なのかが一目瞭然です。

ではご覧頂きましょう。

第 22 回「釣用品の国内需要動向調査報告書」
http://www.jaftma.or.jp/standard/pdf/20190201_22kjdch.pdf
http://www.jaftma.or.jp/standard/index02.html
  • 2017年は前年比(16年)102.5%の成長
  • 2018年は前年比101.0%の成長見込
  • 右肩上がりなのは「疑似餌」「クーラー」
  • 右肩下がりなのは「生餌」「ボート・カヌー」

業界全体は(一応)プラス成長であるものの、足を引っ張っている種目も多い。これだけ見ると、エサ釣りは業界から見放される恐れがあり、疑似餌部門はどんどん投資していくべき流れであるのは一目瞭然。それは世にある釣り情報誌にも反映されています。

そして釣り人口は減少が止まんねぇぞ状態。

1995-2012釣り人口の推移
http://www.jafit.jp/thesis/pdf/14_09.pdf

消費者が少ないなら、販売戦略はどうすればいいのか。

その方法はいくつかあります。壊れやすくして消費サイクルを定期にするメリケンスタイルか、市場を独占するスゲェ物を造るリンゴスタイルか、認知度を100%に近づけていく──全部アメリカじゃねぇか! の方法があります。

まとめれば、消費低迷の現代は「ブランドの価値向上」がカギになります。

https://dentsu-ho.com/articles/6666

もしここで「薄利多売」を挙げると即死です。嫌気がさした従業員が独立して対抗企業になり、市場を互いに食いつぶす地獄絵図になります。今のアニメ業界かな?

釣り業界のブランド価値はどこにあるのか?

釣り業界がかろうじて生き残れるのは、日本が島国であり、水源が豊富であり、そこら中に釣りが出来る環境が整っているおかげでもあります。アングラーにとって三大欲求の一つは、釣り欲ですからね。

今は釣りが禁止された漁港も数多いですが、一方で観光型釣り公園は好調なんです。

熱海港海釣り施設入場者数
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jafit/22/0/22_145/_pdf

特に熱海の海釣り施設は代表的なモデルケースになっており、関東からのアクセスが容易で、釣りが目的じゃない人も気軽に出来る環境が整っています。ここで注目して欲しいのは、一人あたりの消費額ですね。

海釣り公園施設の比較
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jafit/22/0/22_145/_pdf

熱海の海釣り施設は、大人個人の消費が7,000円を超えています。これにはビビル管理釣り場の経営者も多いのでは?

釣りだけで個人単価7,000円以上もぎとるのは難しいので、”提携施設で泊まった場合”も計上する魔法をかけているかもしれません。でも県外利用が7割を超えているから、それだけ熱海に魅力があるのでしょう。ここの海釣り施設は、全国の中でも管理が行き届きすぎているくらいですしね。

https://www.mlit.go.jp/report/press/port06_hh_000153.html

最近は政府主導で、漁港をマリンレジャーパークとして活用する施策が活発です。静岡県内だと清水港で話がありますね。

釣り文化の振興と聞こえはいいが、裏を返せば、それだけアングラーが地域の経済に貢献していないとも受け取れる。釣具を買うことで、製造元が潤い消費が加速する可能性もあるけど、釣りポイント自体は消費されるだけなんです。これが問題であり解決すべき課題です。

釣具の値上げは「環境投資にするから」と言えば誰も文句言わないのでは?

近年は釣具の値上げが目立ちますが、その名目は材料費と人件費です。

世界の経済事情からそれは致し方ないですが、お前らの懐事情なんて知ったことねぇと思う方が大半でしょう。でも釣りを続けるためには、環境への投資も必要だと、うすうす感じている方も多いと思います。

ならいっそのこと、釣具メーカーが販売価格に環境投資を上乗せすりゃいいじゃないかと。

用途不明になりやすい店頭募金より、釣り振興会がそれを管理して正しく使えばええやんと考えるわけです。利権ずっぽしな腐った団体でない限り、基金の正当性を公表してそのくらいは出来ると思われます。今の時代はSDGsを掲げれば大抵なんとかなります。

SDGsの項目には「海洋資源を守ろう」があります。適切な消費と保護なら誰でもすぐ出来ることかと思います。

参考資料

釣りを活用したブルー・ツーリズムの可能性~釣り人の消費と思想に着目して~

海釣り公園を事例とした温泉地域の観光資源の考察

2019年 第22回釣り用品の国内需要動向調査報告書

ニュース
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生