ゆくくる2019~2020年、年末年始の天気予報と魚釣り指数

2019年もあとわずか。初日の出に初詣など、年末年始の予定を立てる方も多いでしょう。

冬休み期間の天気予報が発表されたので、それを参考にしながら、アングラーが気になるであろう釣り予報も交え、まとめておきました。

スポンサーリンク

2020年の初日の出は期待値が高いぞ!

年末年始の天気予報について、ポイントを箇条書きにしました。

  • 12/30は全国的に天気は下り坂。本州はほぼ雨。
  • 元日の初日の出クッキリ期待値は総じて高め。北海道・東北・北陸は寒気の影響で五分五分。本州はほぼ全域晴れ模様。
  • 特に太平洋側は、30日の雨のち寒気で空気が澄むから、神々しい日の出が見れるかも。高性能カメラで映える。北海道~東北の山間部は期待薄。スキースノボの初滑りにはいい条件!
  • 年始に天気が大きく崩れることはなさそうだから、初詣なり観光には最適な状況。
気象庁HP参照2019-2020年末年始天気予測
https://www.jma.go.jp/jp/longfcst/000_1_00.html

大掃除に取り掛かりたい30日は残念ながら雨模様。ここから寒気の影響で、全国的に気温が下がり始めます。気温は北海道から東北は平年より下。北陸・甲信越の山間部は雪も混じったりして部分的に下。──以外は平年並かそれより高め予想。

ようやく冬本番ってとこですね。山間部は冬用タイヤやチェーンの準備をお忘れなく。

より細かい情報は「気象庁」か「tenki.jp」を参照してください。特に気象庁はpdf資料もあるし、いい感じでまとまっています。

気象庁|季節予報
年末年始は寒気襲来 北日本限定か 1か月予報(日直予報士)
年末年始は強い寒気が流れ込み、北海道や東北では太平洋側でも雪の降る所があるでしょう。寒気の流れ込みは東北付近まで。近畿から九州、沖縄では気温は平年より高めで経過しそうです。

わかりやすくまとまっているのは「ウェザーニュース」かな。

年末年始の天気 年末は雨の日も 初日の出は関東で期待大
2019年も残す所あと10日ほどとなりました。帰省や初詣などで天気が気になる方が多いと思います。 ウェザーニュースによる見解をお伝えします。

2020年の初日の出はガチで条件がいいです。30日の雨のち寒気で風が強くなるし、気温も上がりにくいから、大気が澄んでめちゃくちゃいいロケーションで見られるはず! ……西日本なら。

太平洋側のご来光ZONEはいい感じに映えると思われます。

ゆくくる2019~2020年、年末年始の魚釣りはしやすい?しにくい?

年始は観光向けの天気予報。合わせて魚釣りも悪くない条件──だが、気温が下がりだすタイミングと重なるため、活性を考えると厳しい戦いになるかも

山間の管釣りは低水温でお休みタイミングになるだろうし、ショアのシャロー帯も水温が下がってお通夜モードになりそう……。でもディープなら雪が降っても関係ないから! 人間が耐えれるかは別だけど。

12/28~1/5までを考慮した簡易まとめです。

  • 28日から大潮後の中潮で三箇日は小潮。外洋に面するポイントはやりやすく期待値高め。
  • 湾内や港内はタイドグラフを見つつ、時合をキッチリ狙いましょう。年始は風が強く、おまけに気温も下がるため、防寒装備は厳重に。
  • 30日の雨後に気温が低くなるから全体的に渋めかな。ショアならロックフィッシュ狙いで期待は裏切らないはず。大漁したいなら船で深場がベスト。
  • 釣り納めは29日まで。釣り始めはいつでもOK。
  • ちなみに豊洲のマグロ初セリは1/5です。4日の漁はしやすそう。
  • 多くの生鮮市場は最短で4日から始動のはずだから、魚が釣れなかった場合の鮮魚保険はそれまで無いぞ!

──というわけで、釣り納めは29日までがベストです。大潮後の中潮だから条件も悪くない。この辺が最も釣果写真がSNSで乱舞するんじゃないですかね。ちょうど週末ですし。

「年末は天気も崩れるし、大掃除なり家事はするからお願い! ここで釣れないといつ釣るんだよ!」の気持ちで釣行を勝ち取りましょう。

年始はしばらく気温も低く風も強いから、選ばれし釣りキチが頑張ることでしょう。釣り始めは三箇日後がベストかな。西日本の沿岸は2日以降にまったりやれそうだけど、東日本は3日以降にするべきかと思います。日本海側は北陸以北ならセーフかと。

年始の防寒対策はしっかりと。山間部は冬用タイヤも忘れずに。

30日は日本海側と北海道は雪の可能性が高め。寒気の影響で、東日本の山間部は雪景色が目立つようになります。初滑りにはいい条件ですけど、車の滑りは対策しないといけない。冬用タイヤにチェーンの用意は忘れずに。ペーパードライバーがうごめく時期でもあるため、もらい事故にも気をつけましょう。

令和2年のスタートから冬本番。釣行する予定の方々は防寒装備をしっかりと。インフルエンザも流行しているし、冬休みを寝床で延長することがなきよう、体調管理に気をつけてください。

水温も下がるし、いよいよロックフィッシュくらいしか狙えないシーズンに入ります。……まあ、オールシーズンで釣れるけど。

年始のゲン担ぎに”大漁”を経験したいのなら、船釣りがオススメかな。同時に日の出も拝めるしね。中深海のジギングにエサなら影響は少ないし、キンメが美味しいシーズンだから狙い目。

タイトルとURLをコピーしました