【防寒対策まとめ】冬の釣りを戦う準備は大丈夫ですかい?

いよいよ冬本番が近づく気温になってきました。

暖房はまだ要らないくらいですけど、朝晩の冷え込みは結構キツイですね。

 

朝マヅメは冷え込み最高潮の時間帯なので、そこで戦うアングラーが風邪をひかないよう、いくつか書いた防寒対策の記事をまとめてみました。

時間がある時にご覧ください。

スポンサーリンク

当ブログにある防寒対策の記事まとめ

厳しい冬を戦うため、防寒対策はキッチリ、体調管理はシッカリしたいところ。

金にモノをいわせてウェアを揃えるのも手ですが、体温を逃さない保温の効率を追求すると、費用は抑えることができます。

 

ン万のウェアなんて必要ねぇんだよ!」が、ウチのモットーです。

 

指先がダウンしない防寒のコツを考える【手袋編】
魚釣りにおいて、防寒が難しい部位は「手」だと思う。水に濡れるし、魚を触るとクサイしで、釣りに使うグローブは過酷な環境下におかれます。防寒を謳うグローブは多くあるけど、その値段やタイプもピンキリ。その中でもベストを見つけるには...
コツと合理で選ぶ防寒対策【身体編】
冬の魚釣りの最重要課題は防寒対策です。 釣具メーカーから販売されている防寒アイテムは、専門メーカーに比べると値段が無駄に高いのが難点。既成品にロゴを足した分だけ、値上がりしてしまうのです(おこ)。 それならまだ性能がいい、ノウハウを持つ...
あるだけで全然違うって思えた防寒アイテム
冬将軍は毎度、張り切りすぎじゃない? おまけに外で歩き回る時に限って攻め込んでくる。 「太陽出ているならヨユーヨユー」と、手が凍えてスマフォを落とし、奇声をあげたおっさんのブログがこちらになります。 さすがにきつかったので、コンビ...

 

でも最低限こだわって欲しいのは、アウターの気密性ですね。

防水を選べば自然とそうなりやすいけれど、安物は隙間風ヒューヒューな物もあるので注意。

特に冬は「裏起毛」や「ダウン素材」が重要です。

釣具屋でウェア探すよりワークマンに行ったほうがいい理由

ワークマンには、真冬で外仕事をする人のための製品があります。

近頃はカジュアルな見た目にもなってきたので、アウトドアウェアにもってこいです。

ワークマンがアウトドアブランドを潰しにかかってる件
ワークマンのアウトドア向けアウターの性能はあなどれない。専門メーカーよりも安く、そして同等の機能を備える。これはもう下剋上どころか、侵略でしょ?

防水も兼ねるので、バチ抜けウェーディングに使うのがおすすめ。

スポンサーリンク

お留守になりやすい足元の防寒対策

足はブーツなどに隠れるため、「これ以上どう防寒するんだい?」と感じる部位です。

部屋やオフィスなら、ブランケットをかけるか足元ヒーターで冷え対策は完璧! でもそれはアウトドアだと難しい。水辺でやる魚釣りはなおさら。

 

下半身の防寒は、冷え性の対策を参考にするのが一番かと。

足を包む物」「足首を包む物」「ぬくいアンダースパッツ」「厚めの靴下」……などなど。

部分的に包むか、全体を包むかの選択肢になります。主観だとスパッツが楽。

 

その中でも重要なのが靴下です。

冬は5本指ソックスが向いている

5本指ソックスは指1本ずつを包むため、保温と通気性に優れます。

ムレにくいから水虫や冷え性対策にも。

厚い靴下にブーツを合わせると、指先が汗をかきませんか?

それが起因で体温をどんどん奪い、指先がかじかんで動かしにくくなったり、最悪は凍傷間近になる可能性もあります。

そうなると温める必要がありますが、そのために脱ぐのは面倒です。特にウェーダーを履いている状態なら一蓮托生するほうがいい場合も。

 

そういった不安要素を消すために、通気性も大事にしましょう。

足元は靴下とインナーソールを活用するといいです。

もしや足用カイロを貼るのが一番ラクなのでは…?

動き回らない釣りだと、足の甲にカイロを貼るほうがいいです。

指先のしびれはそれでなんとかなるけど、脚全体を温めるには「太ももの動脈」に貼りましょう。

極寒の釣りはヒーティングインナーが命を救う
冬期の魚釣りは苦行である(断言)。 「冬空でジーッと待つ状態なら、体温が奪われていくだけだよね?」な理由があり、冬の釣りをナメていると命が危ない目にあいます。 だからこそ、自ら発熱してぬくもりを与えてくれるアイテムは必須。 ホッカ...

風邪をひかないよう栄養をとるのも忘れずに!

ウェア・アパレル
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました