指先がダウンしない防寒のコツを考える【手袋編】

 

魚釣りにおいて、防寒が最も難しい部位は「」じゃないかなと思う。

 

暖かさを重視するか、作業のしやすさを重視するか。……それらを完璧に兼ねる物はないのだろうか?

防寒を謳うグローブは多くあるけど、その値段やタイプもピンキリ。

その中でベストを見つけるにはどうしたらいいのだろう。

スポンサーリンク

防寒と機能を兼ね備えるのは難しい

魚釣りにおけるグローブの主な役割は、「滑り止め」「怪我防止」「臭いのシャットアウト」です。

今記事は「防寒」に重点を置いた進行をします。

 

低温下は素手より、グローブをするほうがまだマシ。

しかし手足の先は、血流が少なく心臓から遠いおかげで、暖かさを維持するのが難しい。

厚めの手袋をすれば保温でマシにはなりますが、糸を結んだりの細かい作業がしにくくなる難点も。

 

そこで作業がしやすいよう、手袋の一部だけ脱げる「指ぬきグローブ」が生まれたのでしょう。

防寒なら指抜いたらイカンとちゃう?【指抜きタイプ】

指抜きグローブは、作業のしやすさと、おまけ程度の防寒を兼ね備えるニクい奴。

釣具店でもこのタイプが圧倒的に多い。

 

 

当たり前だけど、露出している部分だけ冷たくなります。

細かい作業で活躍する指なのに、かじかんで思うように動かせず、もどかしい思いをすることもしばしば……。

作業効率>防寒」で割り切れるなら、指抜きグローブで十分でしょう。

任意で指を露出できるタイプ【指部分が剥けるタイプ】

これは指抜きとは違い、指先(第二関節辺り)に切り込みが入れてあります。

つまり、指を出そうと思えば出せるタイプ

 

 

指先だけ「にゅっ」と出せるので、作業の時だけ露出させればいい。

その必要がなければ、常に覆われていることになるため、防寒だとこちらが(多少)マシ。

でも切込みから水が入ると地獄です。

完全密閉かつ水に濡れても大丈夫なタイプ【これぞ手袋】

防寒グローブの素材は「タイタニューム」と「ネオプレン」が主流。

これらはダイビングスーツなど、「浸かれる着衣」にも使われています。

 

この素材は「防水だから温かいんじゃね?」と、思い込んでいる人もいそう。

その認識は少し違っていて、体温と同じ水膜を全体に張り、その熱を持続させることで保温をしている仕組み。

それがわかりやすいウェットスーツでの効力は、こちらの記事を参考に。

 

リンク 「ウェットスーツ」が体を温かく保ってくれる理由|logmi

 

フィッシンググローブもウェットスーツと素材と仕組みは同じ。

でも隙間があると、水に濡れても温かい仕組みは失われる。

同等の性能がある釣り用グローブは存在しないくらいだし、ずっと水に浸けてするわけでもないから、同じ効果を求めるのはちょいと無理です。

 

 

ダイビング用を選ぶのもアリ。

素材と用途は釣り用と変わらないし、値段はこちらのほうが安いまであります。

 

ウェットスーツも水に浸かり続けると温かいですが、外に出る(外気にあたる)と寒く感じます。

グローブでも高価であろうと、ぞれと差はほとんどないです(仕組みが同じだから)。

なのでハンドリリースをする淡水など、ウェーディングをする人向けかもしれません。

指先が寒さでダウンしてもいいようにすればいいじゃない

指先は冷たくなりやすい反面、温めやすい部位でもあります。

魚釣りで水に浸かり続けることは難しいため、ウェットスーツと同等の効果は得にくいし、尖った物に触れる機会が多いから保ちも悪い。

指抜きタイプはほつれやすいし、わりと消耗品なのがグローブ

 

指抜きで中途半端に濡れるより、素手がマシってこともある。

ネオプレンも内部に水膜ができないと意味がない……まであるので、グローブの選び方は一長一短です。

 

寒い時期はポケットにカイロを忍ばせて、指先がやばくなったら温めるとか。

冷たくなるのを防止する考えよりも、「冷たくなっても温めればいいや」って方法を忍ばせておくといいのではないでしょうか。

特集記事
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さしし@釣りしたいマンをフォローする
とある浜松アングラーの一生