30年の集大成!「ツインパワー20」はいいぞ

「ツインパワー20」を触った感想をひとことでいうと──

もう、ステラいらなくね?

スポンサーリンク

ツインパワー20のアレコレ

ツインパワーはシマノのスタンダードなリール。これまで多くのリールが技術革新やら大いなる力で軽量化を実現してきた中、ツインパワーは「強度」をウリにするモデルを貫いています

ハンドルがめっちゃ持ちやすい
お触りOK!

年初に発表された「ツインパワー20」は、シマノいち強い歴史を受け継ぎつつ、”軽さ”の武器を加えて、万人によりオススメできるリールに仕上がっていました。軽さを「C3000」の新旧で比べると──

15年は245gですが、20年は215gです。約15%の軽量化ですね。

最新モデルから搭載された技術は、ステラ18と遜色ありません。独自だったロングスプールもあるし、マイクロモジュールギアもある。より頑丈な専用ベールはオリジナルで、高耐久と安定したリーリングを実現しています。

もうこれが一番でいいんじゃないかな?」と感じる仕上がり。

軽さと強度を兼ね備えパワーに応えるリール

持った瞬間、「うわっ軽っ!」と衝撃を受けました。めっちゃ軽くしてきたヴァンキッシュでも驚きましたが、それと遜色ない軽さです。

全体の軽量化だけでは飽き足らず、名前の通りに「パワー」を許容してくれる技術が豊富。高負荷でも変形しにくいスプールにベール。これならオフショアの大物と対峙するベストアンサーなリールになるかもしれない。

まだ3000番前後しか発表されていませんが、10000番台のSWモデルが登場してくると、また大きな話題になるのではないでしょうか。

スプールのデザインも回転時に空気を取り込みやすくなっているので、発熱抑制にもなっているし、明らかに”大物に使うこと”を意識した感じですね。

PGでもなめらか~なハンドリング

こっちは2020年発売されるステラSW
こっちは2020年発売されるステラSW
ツインパワーと見た目が似ているので間違い探しみたいだ

PGとXGに触れてみましたが、どちらも動き出しがすごく滑らか。マイクロモジュールギアⅡとサイレントドライブにより、ブレない安定したリトリーブが楽しめそう。

少し前までは、ギア比の関係で巻きだす時に若干の違和感がありました。去年からシマノの発表するリールは、安価な物以外だと、大抵モジュールギアを入れてきますね。そのおかげか、巻きがシームレスなリールが増えてきました。

この価格帯で最高を確認していまうと、ますます次期ステラへの期待値が跳ね上がってしまう……。

リールをフリーで巻くことが多くなるルアーキャスティングに置いて、リトリーブの気持ちよさは重要ですからね。もしそれが「ガリガリ」とか悲鳴を上げていると、ノイズになって集中できないでしょう?

雑音が入らないリトリーブだからこそ、小さなアタリも判別できるようになります。

あらゆるシーンに合うハイスタンダードなモデル

ツインパワー20は2020年3月から発売予定。

最初のラインナップは2000~5000番台まで。この大きさならショアキャスティングで困ることはないし、タイラバとかブリジギングなど、中型までのサイズなら難なくいなせるリールです。

4000番にPGモデルが存在するのがわかってる感ある。

ツインパワー[TWIN POWER]|スピニングリール|リール|製品情報|シマノ -SHIMANO-
シマノ釣り製品情報を始め、各種イベント情報など、フィッシングシーンをサポートする情報をご提供する公式サイトです。私たちシマノは釣り具という製品を通じてあなたとご一緒したいと考えます。海も川も湖も、そこに魚たちがいる限り、人と魚たちとの出会いのドラマは無限です。この素晴らしいドラマをこれからも永遠に継承するために、テクノ...

近年はロッドも高負荷に耐えれるモデルも増えているので、ドラグをかっちり閉めたガチファイトをしやすくなりました。そんな時にこそリールのトルクが問われます。ポンピングするとバレやすいですからね。ラインが切れないぎりぎりにドラグを設定して、リールのパワーで寄せるのが一番功利的です。

そうすると魚もすぐ疲れやすくなるし、リリース時の回復も早くなるメリットがあります。

ツインパワーはゴリ押しのパワーに耐えるよう、新たにスプールとベールが強化されています。触れた感じで違和感はなく、フェザーリングからの巻き開始も非常にスムーズです。

スポンサーリンク

ツインパワーを選ぶべきシーンは

ツインパワーは名前の通り、中型以上の対象魚に合わせたセッティングで、魚の引きを巻きでいなすことに長けています。巻きのトルクだけで魚を寄せたい──。そんな釣りが好きな方に向いているリールでしょう。

番手は3000前後が基本となるので、ショアキャスティングなら場所を選ばない。

向いている魚は下に突っ込むタイプ。例えばクロダイやグレなど、岩場で掛かることが多く、なるたけ早く浮かせたい状況下なら、ポンピングとリーリングだけで早く浮かせることができるようになります。ツインパワーはギアの強靭さもウリなので、荒っぽい巻きにも対応してくれるのが強み。

予約開始しているショップもあります。

3月発売予定なので、春の釣りシーズンに向けて、今からツインパワーを使って何が変わるのかをイメトレしておくんだ!

リール
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました