非喫煙者でも電子ライターは持っておくべき理由

タバコを吸わなくても電子ライターは持っておくべき理由

ライターを常に持っていると、アウトドアや非常時にモテモテ。火をおこせば炊事ができるし、異世界転生時に携帯していると覇権をとれます。でも、日常的に持ち歩くのは喫煙者くらいですよね。

非喫煙者でも「電子ライター」くらいは持っておくべき。携帯しやすいし、自然の力で充電することも可能だからです。

充電だけで繰り返し使える「電子ライター」が優れている理由

電子ライターは充電することで、繰り返しの利用が可能です

オイルライターやガスライターは、燃料が揮発するため長期間の保管に向いていません。そしてライターは、非喫煙者だと日常で使うことがほぼないです。たとえ所持していても、使わないうちに”使えなくなっている”ことがありえます。

その点、電子ライターは長期間の保管でもすぐ使えるメリットがあります(チャージの減少は多少あるが)。

普段は保管しておいて、緊急時にすぐ使いたい要望に答えるのは、電子ライターといえます。

電子ライターにある二種類の加熱方式

電子ライターには概ね2タイプの加熱方式があります。共通するメリットも盛りだくさん。

  • 強風時でも火をつけやすい(防風)
  • 水没でショートしなければ濡れても使える
  • 充電するだけで繰り返し使える
  • ガスやオイルに比べてエコ
  • チャージ手段が豊富
  • メンテナンスがほぼいらない

加熱方式は、火花を発して着火させるプラズマタイプと、電熱線を熱して着火させるタイプの2種類。

種火の目的ならどちらでも可能。着火に関して優劣は特になく、火に近づけるか、火を近づけるかの違いくらい。

電子ライターは、ガスライターのように使い切りがありません。使い切ってゴミを増やす物より、資源保護の観点でエコエコなのが最も勧めたい理由

長期間使いたいなら「ジッポー」もある。でもオイルがなければ使えないし、着火石が濡れると役に立たなくなります。ガス充填のターボライターは、ガスの消費が激しいし、自然にガス抜け(気化する)します。だから燃料充填式は、長期間保管に向いてないんですね。

プラズマ着火式はキャンパーにおすすめ!

プラズマタイプは端子の先に火花を発し着火させる仕組み。焚き火などの種火着火に向いています。 石マッチより万人が使いやすく、不慣れな初心者キャンパーにおすすめ。

出典:Amazon

1回の充電で100回以上の着火可能な物もあります。これなら3泊程度でバッテリーが無くなる恐れもまずありません。充電がなくなっても、モバイルバッテリーかコンセントさえあれば充電できるし、チャージ時間も短いため回転も早い。

アウトドアを意識している電子ライターは、防水に耐衝撃や収納面も考えられているので、釣りにキャンプなどのバックパックに入れておくのがオススメ!

加熱着火式は釣り人におすすめ!

電熱線を加熱して着火させるタイプは、”火が付きそう”とイメージしやすく、あらゆる人に使いやすいタイプです。ラインを炙ったり切ったりすることが容易ですし、電子式ラインカッターはこの方式。

出典:Amazon

このタイプは、PEラインの抜け防止に炙ってコブを作るのに便利。唯一の弱点は、加熱しすぎを防止する機能があって連続使用がしにくい所ですかね。

ロウソクや花火の着火にも使えるし、防災袋に保管しておくマストアイテムかも。LEDライト付きもあったりするしね。

誰でもライターは家に1個は置いておくべき

もしも停電した時、ロウソクは用意していても、火をつける物がなければ意味がありません。ライターは普段に使う習慣がある人のほうが稀なため、「緊急だからこそ無い物」だったりします。

火を起こせることは生命線。加熱することで食品を殺菌したり、熱湯で消毒することもできる。衛生を守るためにも火は必要です。だからライターは、防災アイテムでかかせない存在。

でも非喫煙者がそれを必要とするタイミングは、日常にありません。私も電子に変えたら着火ライターを使うことなくなりましたしね。

USB充電できる電子ライターは、充電する手段も多くあります。

停電時でもモバイルバッテリーがあればいいし、なんならノートPC、スマホやタブレットから給電でできないこともない。いざとなれば太陽光給電もある。もともとの容量が小さいから、緊急時のチャージ方法には事欠きません。

台風15号の時、千葉県で大停電が起こりましたが、太陽光パネルを所持していた個人が「停電? あんまり関係ない」といって普通にモバイル使えていたりとか──。

というわけで、備えあれば憂いなし!

アウトドア好きじゃなくても、電子ライターを1個は持っておくのをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました