どんなサーフならヒラメは釣れるのか?

どんなサーフならヒラメは釣れるのか?

「どんなサーフならヒラメが釣れる?」

わりとどこのサーフでも釣れますし居まぁす! ……だけで終わるのは、いささか説明不足すぎるとお叱りを受けそうなので、より細かいポイントの絞り方について述べます。

スポンサーリンク

ヒラメはあんな所やこんな所にまで居る

ヒラメのルアー釣りといえばサーフ。エサ釣りといえば船が定番でしょう。「じゃあそれ以外は?」が本件の軸。

答えをいうと、日本全国わりとどこにでも居る”が正解

ヒラメは北海道から沖縄まで、太平洋と日本海の海域に満遍なく分布しています。ただし沿岸から狙えるかは別の話。地域によって釣れる平均サイズが変化しますが、それは「適正水温」が関係するためですね。対象魚の釣れるポイントを探す時は、まず適正水温を知ることからはじまります(重要)。

ヒラメの適正水温で生息する平均サイズも変化する

ヒラメの適正水温は18度前後といわれています(15~20度)。

エサ釣りが沖合メインなのは、海底は年中適正水温になりやすいため。沖なら55cm前後が平均サイズになります。対してサーフなど沿岸の浅瀬は、天候と季節による水温変化が顕著ですよね。南に下るほど平均水温も上がりますし、場所によってはヒラメが棲めない環境にもなります。

ヒラメは小型なほど高温に適応しやすく、夏に40cm以下のソゲが釣れやすいのはこのため。なので四国以南の太平洋側は、沿岸で座布団クラスが出にくい傾向があります。沖縄は40cm以下が当たり前の世界ですし、熱帯魚よりレアです。

そのため全国のサーフは、水温が18度前後になりやすい春か秋がベストシーズンになりやすい。

「季節の変化=適正水温」になると、ヒラメは産卵行動に移ります。よりエサを食べやすい浅瀬に寄ってくるため、沿岸でも狙えるようになり、サーフのルアーメンは時期が近づくと「釣れたか? もう釣れるのか?」とそわそわしだします。

”ただ釣りたいだけ”ならオールシーズンOK! ですが、17度以下を目安に活性も落ちるし、浅瀬から深場に落ちていくため、簡単に釣ることが難しくなります。だからサーフのオフシーズンは、沖釣りが盛んになるわけです。

ヒラメがいつから砂地だけに居ると思った?

ヒラメにカレイやマゴチなど、海底にべったりしている魚は砂地に居るイメージが強いでしょう。実はカレイとマゴチが砂地だけのタイプで、ヒラメは岩の上(磯)にも居たりします。これは食性が関係しています。

ヒラメは上方に泳ぐ魚(エサ)を見つけたら、素早く泳いで追って捕食します。でも他の2匹はそれと違います。

カレイはゴカイやエビなどを食べるため、砂地を掘る勢いの食性。マゴチはエビなど甲殻類に、小魚やタコ・イカなど、砂地で動く生物を食べます。ようは視点がヒラメより下、ですね。だからマゴチはボトムからなるべく離さないほうが釣れます。

磯でヒラスズキを狙っていたのに、ヒラメが釣れた経験のあるアングラーも居ることでしょう。

彼らは場所を問わず、ジッと待てる(ある程度)平らな場所を見つけたら、そこで獲物が通りかかるのを待っています。だからボトム付近にこだわらずとも、表層を通すルアーでも釣れることがあります。……意図的にトップで狙うのは難しいけどね。

スポンサーリンク

遠州灘が「サーフルアーの聖地」たる理由

遠州灘サーフが”聖地”と呼ばれている理由は、水温が安定しているので年中狙えるのと、砂地のサーフが全域にあるためポイントが多いことが挙げられます。(メディア取材が多いってのもあるけど)

黒潮の分流が丁度当たるため、水温が安定しつつ、魚が入りやすい。冬季でも15度を下回ることは稀ですし、名産のシラスと成長したイワシがベイトになりやすく、河川の流入が多くて栄養が豊富! エサに困らないし、魚たちにとって棲みやすい環境であるといえます。

あとは天候が安定しているのと、遠浅メインでサーフルアーがやりやすい、もしくは敷居が低いことも大きいでしょう。

日本海側はサイズが落ちるが居ないわけじゃない

日本海側のサーフはフラットより、青物にシーバスなど回遊タイプがメイン。ヒラメも居ないことはないですが、太平洋側より平均サイズは落ちます。沿岸よりも沖合の船釣りが盛ん。

海流が弱い地域のため、そもそもサーフと呼べる箇所が少なめ。サーフでやりたい縛りは場所がかなり限定されます。岩場が大半を占めるので、ロックショアをやりつつラッキーパンチで釣れるほうが多い。

メインシーズンは春から秋にかけて。春イカちゃんが寄ってきた頃に、岩との間にある平地をジグで攻めるのが吉。

でかいヒラメを釣りたければ東北エリアに行け!

東北エリアのヒラメ平均サイズは全国屈指。ちなみに青森県の県魚はヒラメです。特に有名なのは宮城の仙南サーフ。フラット以外にもシーバスにオオニベが狙えます。

サーフ自体は多くないものの、ベストシーズンが風裏(追い風)になりやすいのがメリット。地磯で根魚狙いのついでに釣れるパターンも多い。親潮の恩恵で魚の入りやすさと種類も豊富! でも水温が一気に下がりやすい地域柄なので、(ヒラメは)時期を逃すと来シーズンまで「サヨナラ~」もあります。

暖流と寒流 | 日本海の海流 | 日本海のひみつ | キッズ日本海学
日本海から楽しく学んじゃおう! みんなの身近な海である、「日本海」をいっしょに体験してみよう! キッズ日本海学 日本海のひみつ 日本海の海流 暖流と寒流 ページ。

水温が下がる時期は、水深があるポイントを狙えばいいだけ。沿岸でも磯なら10m超えもあるし、港内を狙う手も。

スポンサーリンク

堀田光哉おすすめ全国サーフガイド!

シマノのサイト「FIELD PASS」には、全国でヒラメをハントしてきたホッティの厳選サーフを見ることができます。釣種に区切られてはないので、「ここならサーフルアーができる!」の指標として利用しやすい。

FIELD PASS[熱砂浪漫]|シマノ -SHIMANO-
新たなフィールドへの挑戦をサポートするソルトルアーWEBマガジン

各ポイントごとにオススメの対象魚やシーズンも記載されているので、参考にして全国を巡るのも悪くない。ヒラメはある程度どこにでも居ます!!

ヒラメ - Wikipedia
タイトルとURLをコピーしました