どっちが「EXSENCE」のリールでしょう

どっちが「EXSENCE」のリールでしょう

漆黒のリールといえば「EXSENCE」のはず……。それがふたつ……?

値段は……何ぃ? 10倍も違う……だと……!?

スポンサーリンク

性能で選ぶか、それとも見た目で選ぶか

紹介するのは、Amazonで見かけたピシファンのスピニングリール。見た目がEXSENCEそっくりの漆黒で、価格はその1/10とリーズナブルの極み。見た目だけならソックリだし、「EXSENCEじゃん。ヒュー!」と、他アングラーにハッタリ利かしたい時にオススメ!

まぁ、リールオタクには”形状”でバレるでしょうけど……。

見た目だけで選ぶならアリ。性能を優先したいならナシ。費用を抑えたいならアリだけど、長く使い続けたいならナシ……かなぁ。

”本物”とスペックを比べてみましょう

ピシファン CarbonX 3000番

重量227g
ギア比5.2:1/6.2:1
ドラグ10kg
ベアリング10+1
価格6500円前後

シマノ EXSENCE C3000M

重量200g
ギア比5.3
ドラグ9.0kg
ベアリング11+1
価格6万円

価格は10倍違う。でもスペック(数値)に大きな違いは見られません。誤差だよ誤差。

さすがに目立つのは重量ですね。27gの差はデカイ。ピシファンのリールは、右手に30gのメタルジグをはめているようなもの。手元が軽いと小刻みなアクションをしやすいし、操作性はEXSENCEのほうが上でしょう。

ドラグ力にベアリング数など、数値だけで見ると差を感じません。明確に違うのは”質”ですね。EXSENCEはマイクロモジュールギアがあるしマイルドな巻き心地。ギアなど金属の強度は業界最高峰。防水機構もある。全体の質が値段(6万)に見合っているため、コスパの視点なら”どっちもどっち”じゃないかな

でもピシファンのリールは、「値段の割にいい買い物をした」という体験が多いです。

カスタマーレビューが軒並み好評!

Amazonのカスタマレビューには、「ハンドルが軽い!」の感想が目立ちます。

……いやいや、キミら普段どんだけ重いハンドル回してんの? むしろステラクラスと比べるのは違くない? だってマイクロモジュールギア入ると、ハンドルは重くなるのは仕方ないし、ハイギアだって出だしは重いのもあったりする。もしかしてソレと比べてんの?

──と、問い詰めたい。ハンドルの軽さだけを優先するなら、小細工がない(=ギアが少ない)方が軽い。だから安物はハンドルが軽い! の認識で間違っていません。

本体の軽さと性能についてはおおむね好評。スプールを限界まで肉抜きしているから、防水面が少し不安ですけど、一応シールドベアリングでメインシャフトを守っているし、リール自体は考え抜かれて作られていますね。

多くは値段で「ウッ」と思うでしょうけど、6千円台なら大手メーカーのバリュープライスと同等です。例えばシマノでいうと、2万弱のリールより少し物足りない程度でしょう。

……ね? いい買い物をした気分になれるでしょ?

リール
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました