ウェーダーで長い距離を歩くのが辛い?いい解決方法があるよ!

ウェーダーで長い距離を歩くのが辛い?いい解決方法があるよ!

タイトルをみて飛んできてくれた方に、おそらく一番冴えた解決方法を教えます。

足腰を鍛えましょう!!

……これじゃ誰も納得しないよね。だからもう一つの解決方法を提示します。「自分にベストフィットするモノを選ぶ」ことが重要です

スポンサーリンク

なぜウェーダーを履いているのか今一度考えてみまう

ウェーダー(胴長)を履く必要のある釣りは多い。……多いが、「必須か?」といわれるとそうでもない。誰も好きこのんで、動きづらいウェアを装着したくはない。私もそう思っている。安全のためとか、濡れないためとか、理由としてはその程度。仕方なく履いている。何度「海パン一丁でもいいのでは?」と思ったことか。

でも、うん、まあ、仕方ない。

ウェーダーが必要とされている場所で履かないことは、他のアングラーから奇異の目で見られかねない。スマホでパシャリ──からの「こういう奴が釣りをできなくするんだよ」と投稿されかねない。だからTPOに基づき、ウェーダーは”下着”の感覚で履かねばならないことがあることを、ぜひ覚えておいて欲しい。

……まあそれは置いておいて。

着心地が軽いウェーダーを選ぶには?

実のところ、着心地が軽いウェーダーって存在しないし、それ自体が軽いモノもあんまりない。でも着心地が軽く感じる選び方はある。それはすごく単純な解決法だったりする。

自分の体にベストフィットするモノを選べばいい。ただそれだけ。

体に密着しつつ、ほどよい柔軟性で関節の動きを阻害しないモノなら、軽く感じるものです。ようはプラシーボみたいなもの。オーバーサイズの靴を履くと、歩くだけでスポスポ抜けちゃうでしょ? それと同じような感覚。

でも市販のサイズで、自分にピッタリ合うサイズを選択するのが、どうにも難しい。

洋服もそうだけど、採寸測るオーダーメイドでもない限り、販売サイズはメーカーの裁量次第。……きっと頭の良い連中が、人間工学に基づいて、「この体型が最も多いから、このサイズ展開なら売れます!」と自信に満ちたプレゼンの末、「やっちゃう?」と上が判断した結果、世に出てくるのでしょう。

ウェーダーのサイズは「S・M・L・LL・XL・etc」が一般的なんだけど、自分の体がどのサイズに該当するのかは、意外と知らない人が多いのでは?(自分もよく知らない)

自分の体のサイズを知ってベストフィットなウェーダーを選ぼう!

着用する服飾製品は、タグにウェスト○cmなどの表記はされています。店頭で実際に触れたりフィットできるならベストを選びやすい。でもECサイトはサイズ表記で○cmがない説明ページもザラ。

ウェーダーなら身長を目安にサイズ展開をしているので、背が高くて細身とか、背が低くてドスコイな体型だと、「サイズが合わない……」なんてことが多発します。

まずは自分の体のサイズをしっかり把握すること。

サイズの計測は、メジャーを当ててセルフも可能です。キッチリ測りたいなら、病院で健康診断を受けた結果を大切に保管しておくのも手ですね。身長体重は当たり前、メタボ判定のため胸囲やウェストも計測しますしね。もし自分でサイズを測るなら、こちらのサイトを参考にしてみてください。洋服のおサイズで必要な採寸を取る方法が学べます。

スーツのAOKI【AOKI公式通販】
AOKI公式通販|「自分のサイズを知る|ご利用ガイド」はこちら。その他ビジネス・フォーマル・カジュアルアイテムを豊富に取り揃えております。オンラインショッピングはもちろん、お得な店舗クーポンや各種セール情報も掲載。

……何ィ? 1人だと採寸が難しいだって? ボッチなやつめ!

それなら「ZOZOスーツ」かユニクロの「MySize CAMERA」を利用するんだ! スマホがないのは甘え。これすら嫌なら健康診断にいって、看護師さんにぺたぺたしてもらうほうがいいぞ!

UNIQLO

オーダーメイドのウェーダーもあるよ

ここまでの話は、ウェーダーを自分のサイズで作れるなら、全て解決します。でもオーダーメイドのウェーダーって、この世に存在するのだろうか。外国では確かあった気がするが、国内でオーダーメイドなんてあったっけ……。

あるんだな。リバレイでオーダーメイドのウェーダー、作れますよ!

Order Made - リバレイコレクション
リバレイコレクション

作るためにも、自分のサイズをきちんと測る必要はあります。なんにせよ、「自分の体のサイズを把握しておくこと!」が、何よりも重要なんです。オーダーメイドは極端に細い人や、極端に太い人にオススメ。市販のサイズはどれも合わない気がする……と悩んでいるなら、一度リバレイのオーダーメイドに相談してみてはいかが?

こちらの「プロショップ カツキ」でもオーダーメイドはありますが、鮎釣り用がメイン。これでも下半身は水から守れるので、立ち込みのウェーディングでも使えますよ。

釣具通販・鮎釣り・エギング | 鮎釣り・エギングの釣具通販【かつきネット】
釣具通販・鮎釣り・エギング【かつきネット】。鮎釣り用品やエギング用品の釣具通販の総合サイトです。船釣り・磯釣り用のリールやロッドにアウトドアグッズはもちろん、アオリイカのエギングや河川での鮎釣り・渓流釣りなど専門的な釣具通販もお任せ下さい

ウェットスーツのほうがオーダーメイドはしやすいですね。ウェーダーよりも後片付けが大変ですが、動きやすさはピカイチ。

市販品で選ぶなら、サイズ展開が多いモノから選ぶのが重要です。

足腰を鍛えるためにウェーダーを履くのもアリ

最後に──。

砂浜などで歩くのが辛いというなら、まず足腰を鍛えるとこからはじめましょう。スクワットを1日5回から始めてみては? 回数は少なくても、やらないよりは鍛えることができます。5回がすんなりできるようになったら、徐々に回数とセットを増やすのが継続の肝です。

筋トレをすぐ諦めてしまうタイプは、いきなり”推奨される回数・セット数”からはじめようとする。動かす筋肉がマッスルしてなければ、腕立て10回3セットもキツイでしょう。まずは1回からでもはじめて、達成感を得ることが大事です。

タイトルとURLをコピーしました