【虫さされ対策】夏はやっぱりムヒとポイズンリムーバーだね!

夏はやっぱりムヒとポイズンリムーバーだね!

ムヒの万能性を知っているかい? 皮膚の疾患なら大抵使える優れものだよ。

でも蜂やアブに刺された時は、毒を吸い出すポイズンリムーバーからのキンカンなり軟膏のほうがいいんだ。夏の山は虫刺されとの格闘、キッチリ対策して遊びにでかけましょう。

スポンサーリンク

「虫に刺されちゃってもいいや」から考える対策方法

夏は暑さとの格闘。涼しさを優先すると、失われがちなのが虫除け対策。

そこのあなた。素肌を出さなければ大丈夫──なんて思っていませんか? 私もそう思ってた時期がありますが、スキニーごしに刺してくる蚊には参りました。刺すタイプは肌着などシャツ程度なら、容赦なく襲ってきます。だからこそ、刺された後の対処にも留意するべき

まずは刺された後を考えましょう。せめて局所に使用する塗り薬は欲しい。ムヒとキンカンがあれば、山で遭遇する虫(刺すタイプ)にはほとんど対応できます。

さらにあると助かるのはポイズンリムーバー。その用途は”応急処置”。刺された部位を吸引し、毒や針を吸い出してくれる役目。だから治りが早くなる効果もあります。口で毒を吸うのはダメ。飲み込んでしまったり、舌に残ってしまうので、毒が全身に及ぶ可能性が高まるだけです。

ムヒの光る万能性と、ハチアブに効くキンカン

虫さされの塗り薬といえば「ムヒ」。虫さされ全般にイケるし、かぶれやかゆみを抑えてくれます。虫による疾患だけじゃなく、かぶれやしもやけなど、皮膚疾患には大抵効く万能性が強み。

ムヒがれば、家庭で起きる虫さされに皮膚疾患は、ほぼ対処できますね。携行するなら液体ムヒがおすすめ。

山は蜂とアブに刺される可能性が高く、もし刺された場合を想定するなら、「キンカン」を持ち歩きましょう。塗る前にポイズンリムーバーで毒を吸い出してから塗るように。

ポイズンリムーバーが必要な理由

蜂の毒は水溶性。もし口で吸い出すと、唾液に溶け出してしまい、飲み込むと全身に毒が回る恐れがあります。

それを回避するために、山登りのエチケットとして「ポイズンリムーバー」が必要。渓流釣りでも必須ですね。ただし、あくまで応急処置だということを念頭に

刺されるとヤバイ相手にやられた際は、これで速やかに毒を吸い出してから、最寄りの病院へ駆け込むようにしてください。あと、蜂に刺された時に「アンモニアが効くから小便をかける」のは迷信です。水溶性の毒のため、さらに毒が広がる恐れしかありません。

蚊よりも腫れがひどい場合は、市販の塗り薬で対処することもできます。ステロイド軟膏が有効ですが、皮膚科に行って保険適用したほうが安く済む場合もあります。

今月のくすり問答-その134
松本薬剤師会のくすりを知るページです。今月のくすり問答やお薬なんでも講座などの情報を掲載しています。
アウトドア
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました