「けなげな魚図鑑」がおもしろいぞ!

残念ではない。獰猛でもない。ここに載っているのは、”けなげ”な魚たち。

スポンサーリンク

ハリセンボンなのに針が350本は草

けなげな魚図鑑 - エクスナレッジ

ハリセンボンという名前だから、針は1000本あるに違いない!

でも数えてみたら350本しかありませんでした……。もしも「はりせんぼん」のスキルを使うと、本物は350ダメージしか与えられないことになる。サボンテンダーに1000本の針が生えていて、それを全て飛ばしているとしたら、青魔道士は何を飛ばしているんだ? 自分の毛根か?

──みたいに、発想が飛んで飛んで飛びまくる、面白い著書です。

ある意味、魚に対してマインドフルネスになれる本といえます。魚たちの生態や姿かたちには、進化の過程で何かしらの理由がある。人からは無駄に見える進化や行動も、視点を変えれば”健気”に見えるわけです。

発想の転換というか、素直に驚きの連続な内容でした。

”健気”とは何か

健気とは、(弱い者が)困難に立ち向かっていく様をいいます。

生物にとって、生き残る・生き続けることは困難です。思考と分析を自らできる人間に関しては、生き残るすべがほぼ確立されています。でも、進化をしてきた水の生物にとっては、安寧できる場がありません。

「けなげな魚」って何かといえば、人間が普段知ることがない、舞台裏で頑張っている姿のこと。生態こそ知られてはいるけど、なぜその行動を取るのか、なぜそんな姿をしているのか。

そういう疑問に気づけるいい本です。

さかなクンさんも絶賛しているように、ここから魚に興味を持って、世界中のけなげな魚について知ろうと、学者の道を選ぶ人もいるかもしれませんね。

魚のイラストがすごいかわいくて、若干キモいところがすこポイント。

説明文も短めだし、あらゆる人に伝えたい著者の心を感じます。サヨリの下顎が長い理由については、「えっそんな理由なの?」と驚いたものです。魚を誰よりも詳しいと思っている釣り人ほど、カルチャーショックを受けるのではないでしょうか。

書籍
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました