アジの開きは20cmくらいが一番うまい

アジの開きは20cmくらいが一番うまい

料理はできるだけ手間を省きたい。ゴミや片付けも最小限で済ましたい。だから行き着いた先は、まるごと全部食べる──になりました。う~ん、これは脳筋!

スポンサーリンク

大きめなアジの開きは中骨外しーのが面倒だった

大きめの魚の開きは身がたっぷり楽しめる。脂がのっていれば身離れも良いし、ホクホクで食べやすいしウマイのは知ってる。

でも嫌いな点がある。

開きは中骨をぺりぺり剥がす必要がある。箸だけじゃ難しいから手を使うと、手拭きが必須になるし、食べ方次第では”マナー講師”が全力で駆け寄ってくる。……些細だけど、こういう煩わしいリスクは、できるだけ避けたい。

生粋の面倒くさがりマンである私は、魚料理を作ることは嫌いだ。

捌くと生ゴミが出るし、臭いが台所に残らないよう配慮する必要がある。焼き魚は火力に気を使うし、食べ方で人間の器量を見られるのも嫌いだ。頭と骨だけ残っても、燃えるゴミまで数日あると気が滅入る……。こういう手間を、限りなくゼロに近づけたい! と、常々思っている。

そう考えると行き着く先は──

開きを分解して身だけ焼く? → No ゴミが増えるし手が汚れるだけ

焼いてから中骨だけ取る? → No 骨にはりついた薄い肉が好き勢になぐられる

じゃあ全部食べるか? → Yes! ボクはネコちゃん!

サンマの塩焼きを全部バリバリ食べるマンに戦慄したことはあるが、アジの開きを全部バリバリ食べて戦慄されるマンになるとは思わなかった。20cmくらいのアジだと、カリカリに焼けば、中骨から頭に尻尾まで、バリバリ食べれると気づいたのです!

いや、骨に味があるとかは、ないんだけど……。

カリカリに焼くのが難しいのでは?

焼き魚は火加減と時間が重要。

魚を必ず焦がす人は、中火以下でじっくり焼くことからはじめましょう。グリルの強火(全開)だと2分もあれば黒焦げにできます。ツマミなりIHの火力は”中間以下”にするのがオススメ。素材に”厚み”がある物は、強火を使わないほうが上手くいきます。

アジの開きをカリカリに焼くにはどうすればいいか……。

これがね、自分は時間を計って料理することがないから、レシピの詳細を出すことはできない。グリルで魚を焼いている時は、中火以下を使いつつ、別の料理を作りながら焼いているから、「そろそろええかな」と都度目視して確認しているだけ。

しいていえば、身の方をカリッとしたいから先にじっくり焼いて、皮面のほうを短時間で仕上げる感じ。時間でいえば5分→2分程度かな。

沼津で買ったアジの開きをカリカリに焼いた。20cmくらいならバリバリ骨までいける。
カリカリにやいたアジ

焼き魚に”映え”なんか必要ねーんだよ!

たまに存在忘れて焦がすこともあるけど、中火以下ならそうそうマックロクロスケを生み出すことはないです。

料理下手は常に火力全開の人が多い。表面だけ焼けて中は生とか、消し炭にするタイプが特に多い。中華はフライパンをよくあおるけど、あれは全開火力でも温度を上げすぎて焦がさないようにするテクです。

20cmくらいのアジを10匹300円台で買える沼津港はいいぞ

冷凍干物3パックを好きに選んで1000円てのが、沼津港にある「みなと新鮮館」の向かいにあります。店名忘れた(うっかり)。

食だけじゃない!沼津港を100%楽しむ方法
沼津港で水揚げされたばかりの新鮮な魚介類が楽しめる飲食店街。 沼津名産の干物などのお土産も豊富で、多くの観光客でにぎわっています。 周辺の観光スポットも充実! 日本最大級の大型展望水門「びゅうお」や、せりの見学ができる「沼津魚市場INO」、地元の特産品が並ぶマーケットモール「沼津みなと新鮮館」、沼津港を周遊する遊覧...

アジの開きが基本入っていて、たまにホッケやキンメなど高めが入っている。3パックで1000円だから総合として安い。干物アラカルトだから、普段買わない・見ない魚も食べれるからお得(?)。ただし、量が多いから1人で食べきるのは骨だぞ!

料理
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました