(タモ入れを鍛えるのです…)

アングラーが下手くそになりやすいのがタモ入れ。なぜかといえば、「持たない」「使わない」が続きやすく、経験値が低いままでボス戦に挑んで負ける(折れる・バラす)パターンが多い。

タモ入れを鍛えるため、魚を釣りに出かけなきゃいけませんね(?!!?!)。

スポンサーリンク

タモ入れを鍛えよう

タモ入れを鍛えるには、魚をタモに入れるだけでいい。それ一番いわれてるから。

でもよく考えてみてください。タモが必要になる魚を釣り上げる経験と場所って、自然界にそうそうありませんよね。小魚狙いだとなおさら。タモ入れの技術を育てるためには、タモ入れが絶対必要な釣りをすればいい。

そんなわけで、海と淡水でタモ入れが鍛えやすい釣りをリストアップしてみました。

海釣りでオススメのタモ入れ必須な釣法

  • ウキフカセ
  • 堤防大型魚全般(堤防シーバス・チヌとか)
  • エギング

ウキフカセは柔らかい磯竿を使います。柔らかく長い竿だから、30cm以下でも抜き上げが下手くそだと、竿が折れることもあります。だからウキフカセでタモを持つ人が多いんですね。あと長い竿を持ちながら魚をいなしつつ、玉網5m伸ばしてランディングする技術は、練習どうこうで培えませんね。とりあえずやってみよう!

足場が高い堤防釣りは、大きい魚を抜き上げるためにタモを使います。磯釣りより足場が安定しているため、玉網の操作になれるには、ここからはじめましょう。直下にタモを入れるのは、案外難しいですし、誤って落水しないように!

イカ釣りはそのまま抜き上げると、足が千切れてオートリリースの危険性があります。なのでタモかギャフで使うわけですね。あと水面でスミを吐き出させるのに便利、な理由もあります。堤防を墨だらけにしないのも、釣りを続けていくのに大切なこと。

淡水釣りでオススメのタモ入れ必須な釣法

  • 鮎の友釣り
  • 管理釣り場のポンド(池)

鮎の友釣りは、網を構えて抜き上げた鮎をキャッチ! ……のイメージが強いかもしれない。実際は手でたぐっても構わない。あれは最短最速の方法であって、カッコイイからではない。長い延べ竿を使う場合は、相手によって、友釣りみたいな空中キャッチをするほうが楽なこともあります。アジングの取り込みで使えないこともない。

管理釣り場のポンドが、淡水でもっともタモ入れを鍛えることができるのではないでしょうか。ラインは細いし魚はデカイ。ここで魚をタモに入れるのは、地面の砂や石で鱗のない体を傷つけない配慮もあります。そこを勘違いしないでほしい。

スポンサーリンク

一人で竿を立てながらタモ入れするのは難しいんだよ?

一人でランディングは難しいの。堤防とか足場が高いならなおさら……。だから私が竿をめっちゃ曲げたら、タモを構えて助けにきて欲しいの。呼ばなくても、雰囲気を察して飛んできてくれる人が好みなの──。

……みたいに、困っている人が居たら助けるのもテク磨きに役立ちます。

こういう時に練習をしていないと、無駄に時間がかかって逃してしまったり、タモがギリ届かなくて「お前はよー!」と知らない人に怒られるかもしれません。いいか、釣り場は戦場なんだ。仲間だと思うんじゃねぇ!

特に大物のタモ入れに失敗した時は、エゴサしたくなるほど落ち込むかもよ……。そういう自体を回避するためにも、タモ入れを鍛えておきましょうね!

タイトルとURLをコピーしました