釣果写真から釣りポイントを特定してお友達になるまでが一流

釣果写真から釣りポイントを特定してお友達になるまでが一流

スマホカメラも高画質がヤバくなり、アイドルの瞳に写った人物影で彼ピッピの存在が露呈するくらいの領域になっています。ストーカー気質にとっては生きやすい時代。秘匿したい側にとっては生きにくい時代。

あなたの釣果写真も狙われているかもしれませんよ?

スポンサーリンク

釣り場が狭く絞られてきたからこそ特定リスクは上昇中

釣り場はここ10年で随分狭くなりました。それは物理的な広さではなく、倫理的な狭さ。我々が思っているほど自由ではなく、出来る場所は”絞られて”います。例えば「静岡県内で釣りができる漁港」の条件だと、20箇所あるかないかのうち、半数近くは釣り禁止になっているはず。

全国で場所が絞られているからこそ、「どこで釣れました?」「○港です」「はいギルティ」──なんて流れも想像できます。

写真から釣り場特定できるのは同中レベル

”あなたが釣りをできる場所”とは、全国にあるごく一部になりますよね。

”あなたしか知らない釣り場”は、日本国内ならきっと無いと思います。

釣り人は「自分が釣った場所は隠したい」心理があります。ライバルが増えるのを防ぐためだったり、人が増えてゴミが増えたりマナー悪化を防ぐためだったり、それぞれに理由があります。そう考えると、釣果写真を撮るだけならまだしも、ネット上にアップするのはリスクしかありません。

釣果写真から得られる情報は多い。風景の一部……地面の一部……。たったそれだけでも、分かる人には分かります。同じ地域で活動するアングラーなら尚更わかります。

釣果の情報を知りたい人は、「自分も魚を釣りたいから」が腹の中に潜んでいます。

コミュ強なら直接その人にウェイウェイ聞きますけど、コミュ障にそんな度胸はない。一切話さず自力で特定しようとするから、ストーカーの素質を開花しはじめちゃう。

釣った魚を撮った写真には、同じ地域で釣りをしている人間なら、場所を特定するのは容易なほど情報は含まれています。行ったことのない堤防の写真を見せられても、どこか分かるはずないですよね。一度行った場所だと、堤防ならコンクリの形状である程度わかるし、灯台なり建物など目立つ目印があれば一発。河川でも降りれる場所が限られているから、水量と石の大きさも十分な情報です。

一番特定されにくそうなのが「サーフ」だと思うかもしれません。

ただの砂浜だし? 風景さえ入れなきゃ誰もわかんないしょ! ……と思いこんでいるあなた。サーフには砂質という顔があるんです。遠州灘沿岸だけでも、砂質と海岸の形状がわかるだけで場所は絞れやすい。これは釣りができる場所が限られてしまっているからこそ、起きうる問題点であります。

スポンサーリンク

完璧なプライバシーを得るなら釣果写真をアップしなければいい──けど

釣れたポイントってまた行きたくなるでしょ?

でも同じ場所に何度も行けば、釣果写真は似た構図ばかりになるし、魚も限定されていく。なにかキッカケがあれば、そこを知る人から特定される可能性は高まります。SNSなりウェブサイトのプロフィールに、住んでいる地域を載せているなら一発ですね。

免許証など個人証明書に関しては、セキュリティ・プライバシーの意識が働きやすい。でも個人を特定するにそれは必ず必要ではないものです。今は証明書があっても二重三重に本人確認が取られるので、そうそう変なサービスが送られていることはないです。

もし来たとしても、大抵、当人がやっちゃったケースのほうが多いです。

たまに魚とアングラー以外を隠している(モザイク処理)写真を見かけます。非常に意識は高く感じますが、「そこまでして載せたいか?」と思うし、「ここまでするならアップしなければいいのに」とも思います。むしろ──釣りをしちゃいけない場所でやってるんじゃないか? の疑いをかけられやすいと思いませんか。

まあ、プライバシーなり釣り場が混むことを避けたいのであれば、情報を一切公開しないことが最善です。

情報を守るために最低限学んでおくべきこと

ネットのセキュリティなりプラバイシー保護も、釣果写真と同じ話で、出さなきゃ知られるわけがないし、ネットに繋がないのが最善手です。でもそれじゃあ不便すぎるから、最低限守って欲しいことは学んでおこう、の考えが「リテラシー」。今回の話でいうなら、個人情報保護のリテラシーですかね。

個人情報を守るには「出さない」が最善手。それじゃあ不便だから、たとえ流出しても「法で守れる事を知る」ことがリテラシーといえます。

個人情報保護法を丸暗記する必要はありません。もし漏れて不便があった時でも、相談ダイヤルや、無知な自分を助けてくれる弁護士や警察などの存在が在るわけです。

個人情報保護法相談ダイヤル

ライフハック
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました