まだTVの天気予報見て時間ムダにしてんの?

あなたは天気予報で何で知ります?

TVニュースか新聞だけを利用しているなら、正直いって時間のムダですよ。それに何分かけて自分が居る場所の情報を知ることができます? ──えっ、5分もかかるの!? スマホアプリなら「秒」で済むし「自動」にも出来るのに……。

スポンサーリンク

TVニュースの天気予報枠は驚くほど短い

私がTVで天気予報を目にするのは、NHKの「ニュースウォッチ9(平日21:00~)」で、天気予報枠は21:45~の5分ほど。現在台風9号が居るので、番組冒頭でも予想進路なり過去の教訓から~の、沖縄の皆さん厳重警戒を怠らずに──とやりますが、合計で10分程度。

少なっ! 東京なら「自転車が倒れています!」で10分は使うぞ。

NHKは1時間ごとの「○時00分」にニュースを挟み、ここでも天気予報は少しやります。でも2分あれば多いほう。そして全国版だと……静岡すらないんだよなぁ……。名古屋県は参考にならないっしょ……。

9/1現在、沖縄県が台風9号の暴風域に入っています。

県民のTV画面はどこもL字で台風情報が出ていることでしょう。──でも、広域停電しているようだから、ラジオがないと何もわからない人も多いのでは? L字を常に表示するのはいいけど、この情報は最新のようで最新じゃないのよね。表示も小さいから見にくい。おまけに”今自分が住んでいる場所”の情報が、流れてくるまで待たないといけない

それと比べて、ウェブサイトなら……もう「秒」で必要な情報が得られるわけですよ。

豪雨被害とかでよく、避難遅れの話題で情報伝達うんぬんが議題にあがりますけど、TVやラジオで受け身な広範囲の情報だけ入れてると、未来の話は自己判断になるんですよね。だから避難が遅れる人や、油断する人が後をたたない。

……だって「やばいよすぐ避難」とか公共でいっちゃうと、もし騒動になったら責任取らなきゃ、でしょう? だからTVだと曖昧な表現しか使いませんね。

GPSで天気予報を知ることができるメリット

ウェブサイトで見る天気予報のメリットは、現在地点を基準に詳細を知れること。そして「これからの予想」も自由に見れること。──これらが大きい。

TVでは”台風にならないと”、台風の進路予想は知ることができない。でもウェブサイトなら、熱帯低気圧から台風に発達して消滅までの予想を見ることができる

これはTVよりも情報が速く、わりと当たる。一番わかりやすいのが「windy」かな。10日間くらいの天気が視覚でわかります。風の動きを眺めるだけでも楽しい。ゲリラ雷雨が起きそうな場所もわりと当たってます。

Windy as forecasted
Wind map and weather forecast

ウェブサイトなら、日本だけじゃなく世界の天気も見れる。一週間の風や雨がどのように動くかまでわかる。もちろん台風9号は熱低から動きの予想をしているし、5日前くらいなら予想進路もほぼ当たる。

TVだと「9号の近くに熱低があるよ」としかいってないが、windyなり米海軍情報を加えれば、台風10号が非常にヤバイ奴だとわかる。これ直撃する地域は、アメリカなら非常事態宣言出て「地下室か進路外へ逃げろ」といわれるレベル。

日本は建物がなろうのチート主人公くらい強いので、みんな感覚が麻痺してる気がする。台風はデケー竜巻みたいなのが突っ込んでくるようなもんだし、予想進路も丁寧にあるし、接近3日前くらいの予報なら9割確定するので、逃げる選択肢はアリなんだよなぁ……。

学校・会社休みで喜んでるのに限って、家でガタガタ震えるパターンが多いんだよなぁ……。

自分の地点を知れない天気予報を見せられる時間はムダ

というわけで、TVの天気予報で5分費やして「ウチの地域やらねぇ!」するなら、「ヘイシリ、ここの天気教えて」ですぐ見ればいいじゃない? もちろんOK Googleでもいいすよ。

TVの予報がどのくらいムダかを、自分が住む浜松市を例にします。

TVの天気予報なら、静岡局で”浜松市”ならいい方。東海地方基準か全国だと”静岡”だからワカンナイ。ローカルなら静岡全域を表示するけど、”静岡県西部”か”遠州南”かな。あぁそうそう、41.1度を記録した時はよく浜松市を見かけたし、全国デビューした感覚ですね。

”浜松市”の天気は中区基準です。でも私は西区に住んでいるし、中区と西区でも雨の振り方が違います。たまにある集中豪雨で、「中区が大変!」「南区で冠水!」「浜松駅が水没した!」とかいわれても、こっち(西区)はあまり影響なかったりするんですよ。これは他の県でも同じようなことがいえるのでは? 東京で「雪降るマジ?」といえば、「どうせ奥多摩だろ」、みたいな。

TVだと広域な情報だし鮮度も悪い。7月の豪雨だって、静岡県内でも山間部はかなりヒドイことなってたのに、九州の氾濫に全て(映像)持っていかれてましたしね。静岡県はJRの苦痛区間として横に長いことが有名ですが、どこの県でも東部と西部、北部と南部じゃあ、雨の振り方も違うでしょ?

だから広域の情報を、数分もかけて見るのは、はっきりいって時間のムダです。その情報から、あなたの住む地域がどれほど危険なのか、それを伝えてくれる番組ってありますかね? 私は知らない、どれも”事が起きてから”でしょ

ウェブサイトなりスマホアプリなら、1分かからず自分の住む地域だけを確認できます。1時間番組の5分を待つくらいなら、メガ減らしてでもウェブサイトかアプリにアクセスしたほうがよくないですか?

おまけに自分の知りたいことだけ見れるし、雨雲レーダーで数時間先を見れば、あとどれだけ降りそうかを理解できるし、上流とか一部で降っているのもわかる。すると、土石流が起きたり氾濫の危険性を事前に察知することができると思いませんか?

誰もが一番知りたい「ピンポイントの情報」は、TVやラジオの広域情報だと、手遅れになってから伝えられるのがオチです。だから情報は、自分から集めにいくほうがいいんです。

スポンサーリンク

秒で天気予報を確認するのに便利なサービス

未来予測度でいえば先程も出した「windy」。1週間超の天気を確認できるし、風や雨雲までモニターできるから、任意の地点の未来を知るに最適。特に旅行計画を立てたい時とかね。台風予想なら「ECMWF」と「JTWC」もおすすめ。

Windy as forecasted
Wind map and weather forecast

アプリかウェブサイトなら、YAHOOかtenki.jpがいいです。どっちも市町村まで天気を見ることができるし、tenki.jpなら10日間の6時間予報も見ることができます。どっちのアプリも起動が軽いし、雨雲レーダーまでのアクセスが簡単だから使いやすい。

雨くるメールに登録するより、雨雲レーダー見たほうが絶対はやい。

Yahoo!天気・災害 - 天気予報 / 防災情報
天気予報はもちろん、天気に関するあらゆる情報・災害情報を迅速にお伝えする天気・災害総合サイト。全国各地の雨雲の動きをリアルタイムにチェックできる「雨雲レーダー」や、花粉や熱中症、積雪情報など、季節ごとの天気情報も。
日本気象協会 tenki.jp【公式】 / 天気・地震・台風 - tenki.jp
日本気象協会公式の天気予報専門メディアです。市区町村別のピンポイントな天気予報に加え、専門的な気象情報、地震・津波などの防災情報を提供します。気象予報士が日々更新する日直予報士、花粉や熱中症、スキー積雪などの季節特集も人気です。

ウェザーニュースも有名ですが、有料会員にならないと真価を発揮しません。特に強いのがリアルタイムの雨雲予想……ですけど、紹介したサービスを駆使すれば特に必要ない。住む地点かGPSを設定して、通知だけで天気を知りたいならウェザーニュースかな。

ウェザーリポート Ch. - ウェザーニュース
天気予報を進化させる気象サイト。毎日の生...

私はウェブだとYAHOOで、アプリはtenki.jpを使っています。この2つでも週間予報が微妙に違うんですよ。雷雨予報はYAHOOのほうが当たるかな。雨雲レーダーはtenkiのほうが見やすい。

天気予報
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました