魚釣りにあるややこしい性善説

「キャッチ&リリース」と「キャッチ&イート」。どちらも全アングラーに備わる教養とされているが……、ふと考えることがある。

どちらも選ぶ人より、どちらか一つを追求する人が多いんじゃないかなぁと。

そこで必ず語られるのが”命の大切さ”。それについて私見を述べておきたい。

スポンサーリンク

リリースとイート、命を粗末にするのは一体どちらの考えか

キャッチ&リリースとキャッチ&イート……それぞれの違いは、魚を生かすか頂くか。多くのアングラーは、どちらかの思想に基づいて魚釣りをしている。

一方が悪いわけではないが、両方とも「無意味に命を奪うこと」を非推奨としている。

その”無意味の定義”について、深く考えて答えを出せた人は、いるのだろうか……。

釣った魚を野ざらしにして命を奪う行為に意味はあるのか?

リリース問題でよくあがる議題に、「釣った魚を放置して死なせる──」がある。

釣っても持ち帰らない、または食べられない魚が釣れた時、地上に置いて放置し、命を奪っている人がいる。その光景は無意味といえるのだろうか。それは大抵のアングラーから非人道的行為に映るわけだが……。

でもよくよく考えてみると、奪っている当人にも理由がある。

「釣れると邪魔だから数を減らすため」

「食べられないからいらない」

「触りたくないから」

考えとしてはどうしようもないクズ。でも屁理屈をいえば、理由があるから命を奪ってもいいと正当化することもできる。ただし、世間に「正しいよなぁ!?」と意見を求めると、まず間違いなく貴方は可怪しいと判決されるはず。

さらにややこしい例を出すと、実った実を一口かじって捨てるのも、「食べたかったから」の理由がある。一番美味しい部分だけを食べ、あとは捨てるのもグルメっぽい食べ方のひとつ。

魚に「命は全て頂くべき」の思想を守るなら、毒があるフグはどうなるんだって話。内臓とか毒がヤバイ部分も全部食べるべきなんじゃないの?

こうやって考えると、魚の命を奪うことを正当化する考えは、全体に適用できる思想でもほんの一部じゃないかなと思う。

食べれる部分と食べられない部分、好き嫌い、今日は食べたくない……など、わりと個人の思いのままに都合よく思想は作れる。それが無数にあるってことは、人の考え方を自分の物差しだけで決めつけるのはよくないって気づくはず。

人間の命は理由があれば奪えるのだろうか?

世界で生まれるほとんどの人は、他人の命をむやみに奪うなと教育される。

でも世の中には、生まれながらにして命を奪う教えを叩き込まれる人だっている。自分を守るために他人を攻撃する人だっている。これらは世論で”正当化”されないが、当事者にとっては世論となる。

例えば──

人をなぜ殺してはいけないのか?

その答えに「よくないことだから」は模範解答だけど、「なぜよくないの?」と更に問われると、言葉に詰まる人は多いと思う。答えられないのは可笑しいことじゃない。おそらく誰も納得できる答えは知らないから。

ガンダムWの迷シーンにこんなのがある(唐突)。

リリーナの誘いを手紙を破って「キリッ」とするヒイロ。「ひどい……」と涙を流したが、指でやさしくぬぐい、スタイリッシュに去ろうとするすれ違いざまに……「お前を殺す」と言い放つ。

──うん、何がなんだかわからない。何なのこの人……と思うのも仕方がない。

こうなった背景を何も知らない人は、「なぜ殺さなければならないのか」と疑問に思うはず。

一応そうしなければならない理由はあって、ヒイロがスパイ的な工作中に顔を見られてしまったから。目撃者がいるなら消すのは物語上のマナーだからね。

命を奪う行為に理由を求める──ということは、しょせんは自己都合の言い訳しか出ないのではなかろうか。理由はいくらでも作れるけど、自身に答えは持っているのだろうか。

釣りあげる行為に『勧善懲悪』を問いかける

キャッチ&リリース・イートの対立は、これからも続いていく。

リリースは魚を生かす行為とされているが、100%助かるわけじゃない。釣り針が口にダメージを与えて使えなくなる可能性だってあるし、エサを食べただけで死ぬ思いをしたわけだから、エサを危険だと判断して食べなくなることだってある。

イートは生命を尊ぶ行為とされているが、100%が「お魚さん……尊い……」と感謝しているわけでもない。釣り人は基本的に釣って食べるけど、釣って”売る”ともれなく炎上したりする。そこは漁師の領域だ、と。

……どちらの思想も内部で分裂している。

自分が信じる物は正義とし、他人が信じる違う物は悪とする。そうやって対立と議論がつねづね繰り広げられているわけだが、完全論破な答えは未だかつて見たことがない。

──これからも延々と、同じような議論が繰り広げられるんじゃないかなぁ。今でも定期で出てくる話題だしね。

スポンサーリンク

私が考えるのは「釣魚の差別をなくす」こと

私見をいうなら、リリースとイート、どっちも良いところを取ればいいじゃない? で行動している。なぜどちらかにこだわる必要があるのか、これがワカラナイ。

外道のポイ捨てを悪とするなら、釣魚に”本命”を設定していなければ、釣魚の取捨選択をする必要もないのでは? 釣りの対象魚にも、ある程度の人気・不人気がある。

それを設定する必要ってある? と思うし、ただの差別だよね? と断じる。

ただひたすらに「ある対象魚」を追い求める姿は、大抵のアングラーから格好よく映るけど、そういう人ほど、命の大切さに対する考えがあやふやな気がする。そうなるのは、目標以外が眼中になくなってしまうから。

別に”とりあえず釣りをしてみる”でいいじゃない?

あこがれで入るなら、とりあえず真似てみるだけでいいじゃない?

今は「こうしなきゃ釣れない!」みたいな、カチカチの考えから入ってくる人が増えている気がする。確かに(ルールとマナーで)自由度は昔より下がっているが、まずはやらせてみて、道を外れそうなら正すでいいし、「まだ小さいから逃してあげようね」でいいじゃないだろうか。

最近の魚釣りは、特に海釣りは初めてやる人にとって、覚えるべきルールとマナーが多すぎる気がしてならない。

「初めて釣りしたよー」とSNSに画像をアップしようものなら、ネット警察がシュババ! と寄ってきて、「ライジャケは?」「グリップの使い方おかしい」「それリリースサイズだけどどうしたの?」「そんなんで釣れるのかよ」──みたいなクソリプがついてきそう。

まぁ……今までの陰口が表面化しただけといえるが、まずは「なぜダメなのか」を理由づけて語り、間違いなら諭す余裕は持って欲しいと願っている。

終わりに──思考を鍛える

ここまで「リリース」と「イート」についてうだうだ話したけれど、答えはアングラーのそれぞれが持っているから、残念ながら答えはない。

解決するためには、多様性を認めることが大事。

自分が正しいと決め込むと、思考もそこで止まってしまう。頑なになると成長も止まるから、「自分の考えはこうだけど、あなたの考えもわかるよ」みたいに、多角的な考えを持つことで、新しい世界が見えることもある。

それは、様々な答えから自分が信じるベストを選ぶこと。

哲学に倣う本質主義を見極めることを学ぶには、『エッセンシャル思考』を一読するのがおすすめ。考えがひとつに凝り固まることが、どれほど非生産的なことかが、なんとなく解るようになるはず。

今だと外出時にマスクをするのが当たり前とされているが、過敏症で着けれない人だって少なからずいる。もしかしたら忘れているだけかもしれない。着けてないから悪と決め込むことが、いじめに繋がるかもしれない。

何にしても、”決めつけ”は後に損することが多いことを、いつも実感している。

お前を殺す
ヒイロの名言(迷言?)
釣りの雑学
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました