魚釣りの性善説はややこしい

「キャッチ&リリース」と「キャッチ&イート」。どちらも全アングラーに備わっているはずの教養。

だと思っているが……ふと考えることがある。

どちらも選ぶ人より、どちらか一つを追求する人が多いような。

スポンサーリンク

リリースとイート、命を粗末にするのは一体どちら?

釣り人に根付く思想は、「キャッチ&リリース」と「キャッチ&イート」のふたつ。

枠外からだと、「命を粗末にするな!」との意見はよくあります。第三者から見れば、魚釣りはそれほど残酷な行為に見えるわけ。

しかしアングラー同士でも、自分が尊重する思想と相反する仲間を見つけると、攻撃しあうのだから……人間って面白ッッッ!

釣った魚を野ざらしにして命を奪う行為に意味はあるのか?

釣っても持ち帰らない、または食べられない魚が釣れた時、地上に置いて放置し、命を奪っている人がいる。

それはアングラーだけでなく、一般人からも非人道的行為に映る。

……でもよく考えてみてほしい。理由があってそうしていると主張するはず。

  • 「釣れると邪魔だから数を減らすため」
  • 「食べられないからいらない」
  • 「触りたくないから」

例えばこんな意見。……う~ん、清々しいほどクズな意見ですね! でも屁理屈として通すこともできる。

むしろ”善”とされる行為を、ひたむきに守るほど、世界は生きづらい。

だってそうでしょう? ……例えば、「命は全て頂くべき」を守るなら、毒がある魚はどうするんだって話。こっちの命も奪われるじゃないか!

「命を奪ってはいけない」のも、魚釣りにとってはかなりの足かせになります。たとえリリースしても、人が触れることで病気になることもあるし、傷で息絶えることもあります。

アングラーが立ち止まって考えてみるべきことがあります。

魚の命と人間の命は、天秤にかけると、傾くことはあるのか? ……と。

人間の命は理由があれば奪えるのだろうか?

人をなぜ殺してはいけないのか?

それは、子供からされて困る質問第一位かもしれません。

大半は「よくないことだから」というだろうし、「法律で決まっているから」といわれるかもしれない。だけど、「なぜよくないの?」と質問返しされると、言葉に詰まる人は多いのでは?

この設問は人それぞれに答えがあります。だから明確な答えは存在しません。

哲学な問題は、答えを出すことが重要ではなく、考えて限りなく正解に近いことを結論づける過程にあります。

アングラーは「釣魚の差別をなくす」べきでは?

私見をいうなら、リリースとイート、どっちも良いところを取ればいいじゃない?

なぜどちらかにこだわる必要があるのか、これがワカラナイ。

釣りの対象魚には「本命」と「外道」が設定されています。人気があるかないかの違いですが、これって差別じゃないですか?

ただひたすらに”本命”を追い求める姿は、大抵のアングラーから格好よく映る。でもそういう人ほど、命の大切さに対する考えがあやふやな気がする。本命以外はゴミ同然に扱う人だっている。

本命と外道の差別がなければ、等しく扱うだろうし、特定の魚だけぞんざいに扱われることもないでしょう。

この場合、答えとしては──「とりあえず釣りをしてみればいいんじゃない?」ではないでしょうか。

終わりに──思考を鍛える

ここまで「リリース」と「イート」についてうだうだ話したけれど、答えはアングラーのそれぞれが持っているから、残念ながら答えはない。

解決するためには、多様性を認めることが大事。

自分が正しいと決め込むと、思考もそこで止まってしまう。頑なになると成長も止まるから、「自分の考えはこうだけど、あなたの考えもわかるよ」みたいに、多角的な考えを持つことで、新しい世界が見えることもある。

それは、様々な答えから自分が信じるベストを選ぶこと。

哲学に倣う本質主義を見極めることを学ぶには、『エッセンシャル思考』を一読するのがおすすめ。考えがひとつに凝り固まることが、どれほど非生産的なことかが、なんとなく解るようになるはず。

今だと外出時にマスクをするのが当たり前とされているが、過敏症で着けれない人だって少なからずいる。もしかしたら忘れているだけかもしれない。着けてないから悪と決め込むことが、いじめに繋がるかもしれない。

何にしても、”決めつけ”は後に損することが多いことを、いつも実感している。

お前を殺す
ヒイロの名言(迷言?)
釣りの雑学
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生