瀬戸内海が綺麗すぎて魚がすめないと話題になる

最近とあるウェブ記事がアップされたことで、ツイッタートレンドにも浮上し、”綺麗すぎる海は魚が住めない”とはじめて知った人が増えた。

綺麗にするだけが環境問題の解決じゃないことを、瀬戸内海が教えてくれるかも。

スポンサーリンク

「海の砂漠」を知ってるかい?

海の砂漠とは、プランクトンさえごく少量しか存在しない、海の生物がエサとする物がほぼ存在しない海域のこと。世界で数箇所確認されており、沿岸部と冷たい海に見られる傾向がある。

海に栄養素を送っているのは、雨や川からの真水。

枯れ葉や倒木は、微生物が分解して土になる。土壌にある有機物は、雨が流して川に流れこむ。有機物や微生物など、プランクトンのエサを海へ運ぶ役割を果たしているのが川。プランクトンが増えれば小魚が成長できるし、大型魚はそれを食べてさらに大きくなる。

自然のサイクルは、偶然なのか奇跡なのかわからないほど、精巧に完成されている。

ただ、瀬戸内海の貧栄養化は、人が環境美化のためにそうなってしまったことが原因。

なぜ河川流入が多い瀬戸内海で貧栄養化が進むのか?

中国地方の瀬戸内側は、河川の流入がそこそこ多い地域。

河川が多いなら、なぜ海に送る栄養が少なくなるのだろう?

護岸整備と都市化が進み、土壌が少なくなったのがひとつ。水量調節のためダムを整備し、上流からの栄養素が下流に届きにくくなったのもひとつ。工場や人の生活排水を無菌状態にして放水するためもひとつ。

ようするに、人間が生活の便利さを追求した結果──といえる。

しかし過去には、工業排水と生活排水で富栄養化が進みすぎて水質悪化になった時期もある。

現在の瀬戸内海は、”人が努力して再び綺麗な海に戻した”わけだけど……「やりすぎちゃった」結果が”綺麗すぎて魚が棲めない海”になった、という経緯。

瀬戸内海「きれい過ぎ」是正 水域設け対策、漁業影響防ぐ 法改正へ・環境省(時事通信) - Yahoo!ニュース
 瀬戸内海の一部で海藻類などの栄養源となる窒素やリンといった「栄養塩」の濃度が下がり、養殖ノリの色落ちや、漁獲量の減少が起きている事態を受け、環境省は対策を講じる方針を固めた。  栄養塩を増やす水
スポンサーリンク

ならば人間がコントロールして栄養を送ればいいのでは?

海の貧栄養化は瀬戸内海だけの問題じゃなく、日本全体が抱える問題。

ありのままの地球が生命を育んできたように、本来なら自然のままでも、生物は自分達で生産と消費をうまくコントロールしてきた。そこに人間が茶々を入れたことで、多すぎるか少なすぎるかの極端な栄養を送ることになり、バランスが崩れてしまった。

だからといって、堤防コンクリを全て排除したり、糞尿をそのまま垂れ流せば解決するわけでもない。堤防がなければ豪雨をしのげないし、クソの臭いがする海で誰が泳ぐのだろう……。

『美化』は人の生活と両立してこそ。ならば叡智で調節すればいい──!

貧しい海を救うかもしれない厄介物を使った取り組み

貧栄養化は全国各地の沿岸部で進んでいる。

近年重要視されている養殖業は、沿岸でやる必要があるので、近場で十分な栄養素を確保できないと、商品の質も悪くなってしまう。質が悪ければ売値が下がるし、経営を続けるのも難しくなってしまう。

漁業に高価値をつけるためにも、豊富な栄養で元気に育つ魚介類が必要!

全国的に潮干狩りが壊滅的な状況で、その理由に”採りすぎ”が最たる原因とされている。

──が、こう考えることもできる。稚貝が大量に生まれても、海中の栄養(エサ)が少なすぎて、成長できる量が限定されている、のかもしれない。

アサリの水揚げ減少に悩む有明海では、鶏糞ブロックを使い、海への栄養供給を試行している。

“やっかいもの”が海の豊かさを取り戻す!? | NHKニュース
【NHK】海を救う救世主になるか

家畜の糞はいわずもがな廃棄物。

牛糞は土壌を作ることに特化しており、豚糞は栄養と土壌改良などが平均的な数値。鶏糞は有機肥料としての効果が最も高く、海への栄養素供給に最も適している。

養鶏業者は厄介な鶏糞を捨てるのではなく、売ることで経営の救いになるかもしれない。鶏糞ブロックの効果が認められれば、世界に技術を売り出すこともできる。

ビジネス面でもウィンウィンだし、そして世界の海が豊かになるなら、減った魚も帰ってきてくれるかもしれない。

家畜ふん堆肥を上手に利用して収量・品質アップ!/豊橋市
愛知県豊橋市の公式ホームページです。豊橋市の紹介、お知らせと市への意見、くらし・環境、イベント・講座・市民活動、健康・福祉・教育、産業・事業、行政情報など紹介しております。

終わりに──先の未来へ

有明海の取り組みが”成功”となるのは、来年再来年より、さらに先の未来を待つ必要がある。

瀬戸内海も排水規制を見直すことで、海が必要とする栄養素を溶かしてから排水する考えも生まれている。これらの取り組みで助かるのは、なにも漁業関係だけではない。沿岸で遊ぶ魚釣りなどレジャーにも影響してくる。

いくら海が透き通ってて綺麗でも、そこに魚が全くいなければ、魚釣りは成立しないし、ダイビングも映えないでしょ?

タイトルとURLをコピーしました