【完全受注生産】17ftの磯ヒラロッド|スタッカート170

TULALAの『スタッカート170』は、磯でヒラスズキを狙う人向けのロッド。長さはなんと17ft。メートルにすると5.18mですね。

ここまで長いロッドは稀、なので”使うメリット”を並べておきます。

あとスタッカート170は完全受注生産(2020年10月29日~11月9日18時まで)で、注文期間が短いので注意。

スポンサーリンク

17ftの磯ヒラ向けロッド!スタッカート170

17ftの磯ヒラロッド!

──というだけで、欲しい人はすぐ飛びつくと思います。この長さを欲する時点でエキスパートのはず。なので細かいことを並べるより、まず見る方が早いかと。

TULALAの『スタッカート170』は完全受注生産です。注文は2020年10月29日~11月9日まで。価格は12万円。申し込みは「extreme sabrina」のホームページから。

エクストリームサブリナ
エクストリームサブリナではアウトドア関連用品、アパレル、期間限定商品を販売しています。
TULALA スタッカート170"ストローセッティング" 【受注生産】 - エクストリームサブリナ
エクストリームサブリナではアウトドア関連用品、アパレル、期間限定商品を販売しています。

発送まではおよそ2ヶ月かかる見込み。

17ftで磯ヒラを狙うメリットとは?

ルアーのキャスティングロッドは、概ね7~10ftがよく使われる長さ。”よく使われる”ってことは、人気対象魚を釣るだけなら、全国どこでもそれで賄える──と受け取れます。

TULALAの『スタッカート170』は、一般的な長さの倍近くあります。

なぜそんな長いロッドが必要になるのだろう……。使うメリットだけを並べるとこんな感じ。

リーダーを長めにとれる

磯ヒラで悩むのはファイト中の根ズレ。

PEラインは擦れるとすぐほつれてしまい、岩礁帯で使うには繊細すぎるライン。これはフロロorナイロンリーダーを長く取ることで解決はします。

11ftで5m以上のリーダーを使う人もいますが、どうしてもコブがガイドに通るため、キャスティング中のライントラブルも多くなりやすくなります。

その問題点を解決するのが17ftという長さ。ロッドと同じ長さのタラシにするだけで、5mのリーダーを確保できるし、キャスティングの妨げにならないのはメリットですね。

手前の根ズレ防止

なぜ5m以上の長さが必要になるのか──。

磯は水面までの落差があったり、遠かったりするほうが当たり前なポイント。3m程度は下手すれば、ようやく岩の先に仕掛けを落とせる長さだったりします。だから長ければ長いほうが有利なんですね。

振り出しの磯竿は5.4mが標準の長さ。17ftはこれと同じくらい。

あと、遠くで魚をかけた場合でも、ロッドを立てれば頂点が高くなるため、手前の根を回避しやすくなるので、根ズレ回避にも長さは役立ちます。

ロッド全体がバネになりバレにくい

ロッドは長くなるほど柔軟になるため、ファイト中の溜めが効きやすくなります。

短く硬いロッドほどテンションが抜けやすいためバレやすいですが、長いロッドは魚の動きをうまく吸収してくれるし、耐えるだけで魚を疲れやすくしてくれます。

ただし、持ち手にかかる力も増えるため、長時間のファイトは腕力がないと厳しくなります。

ストローガイドシステムのメリットとデメリット

スタッカート170はストローガイド(ストローセッティング)を採用しています。

これはロッドに多数のガイドをつけることで、まるでストローにラインを通すような状態になるシステム。

メリットとしては、”ロッドにラインが這う”ことで、ロッド全体に力がかかるようになり、ブランクスの能力をフル発揮できること。糸ふけ防止にもなります。

デメリットは摩擦抵抗が増えることと、ガイドが増えて重くなるしラインを通すのが面倒臭くなること。

スタッカート170は30個ほどガイドがあるため、それ全てにラインを通すのも一苦労。5.4mの磯竿は振り出しかつ糸通しが標準なので、継竿よりも楽ですね。

【見るまえに跳べ!】 17ftヒラスズキロッド「スタッカート170」
釣果情報・シーバス、メバル、イカ、チヌ、青物、ヒラメ、マゴチ...ソルトアングラー支援サイト、日本最大のWEB釣り大会『凄腕』、釣り動画fimoTVなど(会員登録無料)

終わりに──長過ぎるロッドは人を選ぶ聖剣みたいなもの

磯以外で17ftを必要とするのは、高すぎる堤防の堤トロとか、テトラ帯に岩礁帯くらいかな。

この長さを難なく振り抜くには、腕力も体幹にもコツがいるため、足腰が弱いとロッドに振り回されることになります。何事もバランスは重要ですね。それを鍛えるために使うのもアリかもしれない。

スタッカート170を欲する時点で、磯ヒラカテゴリではかなりの猛者と見受けます。

自身の安全確保と不慮の事故を起こさないためにも、安全装備といざという時の通報先(海保通報118番)を忘れずにして頂きたい。

タイトルとURLをコピーしました