魚とのツーショット写真をすばやく撮る人を尊敬してます

魚とのツーショット写真は「ブツ持ち写真」ともいわれ、SNSだとスタンダードな釣果報告になっていますね。

ワタクシ、これを上手に撮っている人を尊敬してるんですよ。

編集:デジタルカメラマガジン編集部
¥990 (2022/02/25 18:53時点 | Amazon調べ)

ブツ持ち写真に隠れている努力を思うと涙が…

ブツ持ち写真ができあがるまで!

  1. まず魚を釣ります。
  2. カメラで撮ってくれる人を探します。同行者が居るなら呼びます。ボッチなら三脚でセルフタイマー。
  3. 釣ったルアーがわかるようにしましょう。
  4. 釣ったロッドのモデル表記が見えると最善です。
  5. 魚が暴れるとブレてしまうため、静かになるタイミングを逃さないように。
  6. 撮影が終わったら活かしてリリースしましょう。

……いや、面倒すぎじゃね?

ブツ持ち写真全般にいえることだけど、この一連の流れを「魚が生存リリースできる時間内」で終わらせるの、至難の技じゃね?

いや持ち帰るならいいんだけど、ここまでやって「リリースしました!」っていわれてもねぇ──と、思うわけですよ。

そしたらさらに上が!

imaのオンライン釣り大会の写真撮影基準が無理ゲーすぎると話題に

imaが10月24日から11月23日まで、オンライン釣り大会「sasuke FEST.GAMES 2020[EXHIBITION]」を開催しています。

オンラインだからエントリーに釣果写真が必要になるわけですが……、条件がかなり酷で話題に。

下の画像がその例ですが、1枚の写真に、魚・メジャー・釣ったルアー・自分の足を入れないといけないんですよ。

https://www.ima-ams.co.jp/imag/fish/sfg2020-exhibition

特に「足」を入れる理由がワカンネ。

これを実行するなら、釣ったらまずルアーを外し、置いたメジャーの0cmに下アゴをキッチリ合わせ、尾の目盛りもしっかり見えるようにする。頭は左向きにしないといけない。そしてヒットルアーは魚の左上に置いて、なおかつ自分のつま先から足首まで写るようにしないといけない。

もちろんリリース前提だから、血がドブシャァとか明らかに生存できないだろはダメ──と。

面倒すぎない?

ここまで構図を限定するなら、AIの写真判定で自動集計してもいいレベル。てか使ってなければ無駄でしょ。

むしろこれは、写真撮影スキルの高さを競う戦いじゃないかなと思う。

sasuke FEST. GAMES 2020[EXHIBITION]*大会、スタート。* | ima 公式ブランドサイト-オンラインストア
本日10月24日(土)よりsasuke FEST. GAMES 2020[EXHIBITION]が開幕!競技ルールなど詳細はこちらからご確認ください。みなさまのご参加をお待ちしております!

ブツ持ち写真は慣れと匠の技が質をあげる

構図のセッティングは慣れがどうしても必要。初めては誰だって失敗します。

スマホカメラなら、適当に数枚パシャパシャやって、後から良いのを残せばいいだけ。一発撮りに拘るよりも、連写なり動画から1枚切り抜くとか、デジタルのメリットを活かす方法に慣れるべきでしょう。

スマホ撮影に関してはこちらの記事が参考になると思います。

【スマホでの撮影のコツ】釣った魚をキレイに撮影するためのコツやアプリ!そして釣果写真をキレイに見せるレタッチ法
僕も言うほど写真は得意では無いのですが、近年はiPhoneをはじめ、スマホのカメラ機能が格段に良くなり、それにつれて優秀な周辺グッズも色々と出てキレイな写真が撮れるようになってきました。 そんなわけで、今回は、釣果を出来るだけキレイに撮るための僕なりのコツを紹介しておきたいなと。 なんたってキレイな釣果写真は各SNSで...

写真の構図を学ぶ書籍なら……デジタルカメラマガジンを本屋でサッと読むのがいいかと。

11月号はAdobeのLightroom特集があるので、アプリ加工でどんなことが出来るのか、簡単で楽に映える効果とか色彩設定など、スマホカメラで撮影するテクニックの向上に繋がると思います。

編集:デジタルカメラマガジン編集部
¥990 (2022/02/25 18:53時点 | Amazon調べ)

終わりに──「魚の命>>>映え」

魚との記念撮影もいいけど、自分だけを優先せずに、ちゃんと魚の命と向き合って頂きたい。

……SNSのいいね欲求ありきで釣果写真が必要な人もいるでしょう。命の大切さをおろそかにしてしまうと、やがて業火に見舞われることになりかねません。

ブツ持ち撮影は迅速に。まずはお互い格好良く写る構図を探してから、じゃないかな。

編集:デジタルカメラマガジン編集部
¥990 (2022/02/25 18:53時点 | Amazon調べ)
魚を知る

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
★Amazon売れ筋ランキング★
とある浜松アングラーの一生