さかな公園は淡水アングラーの楽園であり、学習施設なのでは?

観光スポット「忍野八海」から少し歩くと「さかな公園」があり、そこには「富士湧水の里水族館」という、日本でも珍しい”淡水専門”の水族館があります。

ここが予想以上によかった!

スポンサーリンク

一部がドハマりする名スポット「さかな公園」

生きている内に一度は来たかった忍野八海で、8個の池を制覇した後、ちょっと歩いて「さかな公園」に行きました。

桂川沿いにあるので川沿いを歩けば行けると思ってたけど、途中で道が切れてしまったので、車道をてこてこ歩いて数分。

こっちは研究所の正門で、さかな公園は左奥の門から
こっちは研究所の正門で、さかな公園は左奥の門から

観光バスが複数台停まっている……。これはもしかして、団体とブッキングじゃな?

入る時に中から中学生くらいが、わらわらと無尽蔵に出てきて草。修学旅行なのか体験学習なのか、ともかくこれで落ち着いて閲覧することができそう。

水族館への入場料金は420円(大人)と安め。

感染拡大対策でチェックシート(来館時間・氏名・住所・健康状態など)を記入し、体温がセーフなら入場と、しっかりしています。……子供たちの入場は大変だったろうな。

淡水専門の珍しい水族館。ここで見られる生き物たちは、どんなのが居るのだろうか──。

淡水アングラーの勉強施設ではなかろうか

入って最初に目につくのは巨大な回遊水槽。ここにはニジマスをはじめ、日本の淡水に生息する、アングラーが大好きな対象魚たちが泳いでいます。

富士湧水の里水族館の入場後に見える光景。実際は手前に小動物の小さいケースがある。
目を引く巨大水槽と魚の多さに驚く

ゆったりのんびり泳いでいるので、いわば「管理釣り場の池を横から見ている格好」みたいな感じ。

展示は大型魚だけでなく、淡水ならではの小型魚も居るし、カメやカエルも居たりします。日本の固有種が見られる機会はなかなかないから新鮮。

けろたん
首がのびのびなスッポン

海水の水族館とは違った生き物が多いから新鮮な気持ち。

釣り人が大好きな魚たちも居ます

淡水で有名な釣り対象魚も展示されています。

フレッシュアングラーの人が訪れると、小一時眺め続けているか、釣りのウンチクが長く披露されるかもしれません。

森の中の水族館で見た「アカメ」
まだまだ小さいアカメ
渓流アングラーが夢見る尺イワナ

イワナとアカメで足を止めるのは、釣り好きの中でも深い位置に居る方が多いでしょう。同行者がもしそうなら、ウンチクが始まる前に退散するのも手です。

山梨県のブランド魚である「富士の介」くんが展示されていました。

富士の介。山梨県の独自ブランド魚が特別展示されています。
どことなくサツキマスっぽく見える富士の介

富士の介は「ニジマス✕キングサーモン」の配合種。なので頭部がニジマス、体がサーモンみたいな感じになっており、食味もサーモン寄りで美味だそう。

富士の介の作り方が記されている説明pdf資料
https://www.pref.yamanashi.jp/shoku-ks/documents/fujinosuke.pdf

”特殊な処理”のスパークな感じが、なんだか笑えてしまった。

ゆらゆら動く魚たちを眺めるだけで2時間は居れる

水槽で泳ぐ魚たちをゼロ距離で観察できます。

ゆらゆら泳ぐ魚もいれば、早く動く魚もいる。同じ個体でも多様な行動が見られるので、魚釣りのヒントになる何かが見つかるかもしれません。

SNSにアップした動画もあわせてご査収ください。

いや~、来てよかったなぁ……。

隣の学習施設にも立ち寄ってみた

隣にある森の学習館では、自然に群生している植物に関して学ぶことができます。

あとは忍野村の歴史や防災に関すること、そして富士山が噴火した時などの影響なりハザードマップについての展示など、地域の歴史を知りつつ、防災のイロハを学ぶにうってつけですね。

森の学習館は水族館を利用せずとも入れます。展示されているのは薬草など野草に、忍野村の歴史など。
入場無料だから入ってみた

中でも面白かったのは、8頭の蛇といわれるヤマタノオロチが、8本の川が氾濫したことを比喩した説。大和武尊が退治したことで知られていますが、治水や森林整備の偉業が伝説となり、そうやって伝えられている……みたいな感じ。

神話時代の言い伝えは、同じ人間のはずなのに、ビームを打ったり空を飛んだり、とんでもバトルが繰り広げられます。

噂は伝播する過程で”誇張”されるのは、今も昔も変わらないでしょう。

8本の暴れる川を、采配で鎮めたとなれば、草薙の剣でこうブワーッと薙ぎ払ったように伝わるのもありけりですよ。

クワッ!

滞在時間は合計で1時間ちょい……かな。水族館はもっと居たかったくらいだけど、後の予定もあるので退散!

スポンサーリンク

最後に──近くのレストランでげんこつに会う

さかな公園を後にし、近くのレストランいねやで昼食を。

さかな公園から徒歩2分圏内にあるレストランいねや。ランチタイムはお得な定食があるし、いねやの味を一皿で楽しめるineyaプレートはおすすめ。
さかな公園から徒歩2分な近さの「いねや」
お食事処のレストランIneya(いねや)は富士山の近く忍野村にあります。
山梨県忍野村にあるレストランいねやはビー...

検索して「ineyaプレートんまそ」と思い寄ったけど、メニューを見るとランチの定食が900円以下とかなり安い。ステーキ丼とかハンバーグとか揚げ物など、ハラペコがごくりするメニューが並んでいた。

プレートも良さげだし、でもまだ山梨のソウルフードらしい「吉田うどん」を食べてないんだよなぁ。ここで抑えれば、富士山駅で食べれるかもだけど……。

などと葛藤しましたが、ハンバーグ定食を頼みました。

ハンバーグがくそデカイのだが?

さわやかのゲンコツを超えてくるとは……。そして箸を入れると肉汁がじゅわわーっと。鉄板ジュージューもいいけど、やはりランチは”質量”よ。

忍野八海からさかな公園のルートはおすすめ!

私はバス+徒歩で行きましたが、どちらも駐車場が整備されているし、なんなら一方に停めてどちらにも行くことができます。

そのくらい互いに近い。でも車道の歩道スペースが狭いので注意。

日本の原風景とはまさにここ、といえるでしょう。よく晴れた日は富士山もバッチリ見えるし、食事処に土産も困らない完璧な観光地でした。

特集記事
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました