テントに手書きイラストや写真をプリントしてくれるサービスが誕生!痛テントも作れるよ

テントに手書きや写真をプリントしてくれるサービス

オンリーワンなテントが欲しい人に朗報。

手書きのイラストやお気に入りの写真を、テントにプリントしてくれるサービスがあります。これは「痛テント」が流行る流れか……?

Fungoalのキャンプテント持ち込みプリントサービスとは?

持ち込みテントのプリントサービスは、条件に合うテントなら対応してくれるそう。

キャンプ用ドームテント・タープへオリジナルプリント
キャンプ用ドームテント、ツールームテント、ヘキサタープ、ワンタッチテントなどに対応。ロゴ、イラストなどキャンプライフを楽しむためのオリジナルテント

自分で描いたイラストや、お気に入りの写真だったり、自作のロゴとか名前入れも可能になります。無地のテントに(絵的な)ドレスアップを施せるため、他のキャンパーと一風変わったテントにすることができますね。

1枚布を開くタイプならプリント可能

プリント対応するテントは、畳んだ布を広げてシャフトを通すような基本のタイプ。なので多くのテントが対応できます。

カッティングシートにプリントしてから熱圧着するため、インク落ちや剥がれの心配もなく、耐久性が強いことも特徴。

いっぽう非対応となるのは、ワンタッチで開くポップアップ式やシートが畳めない複雑な構造の物。あとナイロン素材は熱で溶ける可能性があるので非対応です。

これらの条件をクリアすれば、オリジナルプリントを自分のテントに施せます!

既存イラストを使うと著作権の問題があるので注意

プリントするイラストや写真は、作成者が他人である以上、著作権は作成者に既存します。

例えば「ゆるキャン」の痛テントを作りたい場合──

  • マンガやアニメの1シーンを切り取ったプリントはアウト
  • 公式がフリー素材として配布しているならOK
  • 二次創作イラストの無断利用はダメ
  • イラストレーターに「しまりん描いてください!」と報酬を支払って依頼しても、キャラクターに版権があるとNGに

……などの成約があります。

ただし、「商用利用はダメ、個人利用はオーケー」であるのなら、その限りではなくなります。とはいえ、プリント後に”販売”するとなれば話は別。

後に怒られないためにも、イラストや写真の使用許可を、作成者側に尋ねるのがトラブルを避ける手段です。

好きなブランドロゴをぺたぺた貼るのがマストか?

車や道具箱に、好きなブランドのステッカーを貼る人は多い。

テントのプリントサービスは、それと似た感じになるので、「自分はこのブランドが好きです」と、無言アピールする手法として最適ではないでしょうか。

おもしろいサービスだと思います。

ゆるキャンは冬にアニメ2期が、春にドラマ2期が予定されているので、プリントサービスが認知されれば、絵の主張が激しいテントが並ぶこともあるかもしれませんね。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000069151.html
https://yurucamp.jp/second/