もうダイソールアーだけでいいんじゃないかな…

ダイソールアーの存在を忘れると、いつのまにか種類が増えて、アングラーの話題にあがってくる。まるで不死鳥のように。

タックルの購入は釣具店。ルアーの購入はダイソー。

そんな未来が来るかもしれませんね。

スポンサーリンク

ダイソー釣具がソルトルアーに焦点をあてはじめたような

ダイソーといえば、低コスパで(工夫次第の)良品が多く並ぶ、100円からの店。

全国展開しているし、主要駅の近隣には必ずといっていいほど存在する。雑貨から生活用品に電化製品も揃っているので、出先で「充電ケーブル忘れた!」なんて時によく利用しています。

ダイソー
DAISO(ダイソー)を全国に店舗展開する株式会社大創産業の公式ホームページです。ワンコインの力で、買いものを、暮らしを、世の中を、もっともっとワクワクさせていきます。

人々の生活に寄り添うダイソーですが、釣具も販売していたりする。

今まではエサ釣りの仕掛け作成関係が多かった。いつからかルアーを取り扱いはじめ、ミノーにエギにメタルジグが主流でした。特にメタルジグはショアジギングなどで釣果報告も多くあり、有名ですね。

そこに新星が登場してきたことで、ダイソールアーで狙える対象魚も増えました。

100円メタルバイブの登場でザワつくソルトルアー界

ダイソールアーはここ2年くらいで様変わりした感じがします。

特に昨年登場した「メタルバイブ」は、ショアジギングにシーバス狙いと、人気ターゲットにバッチリ当てはまるし使いやすい。なによりも安くて釣れるのが強みですね(性能は別として)。

2019年頃から登場したルアーをまとめると──

  • メタルバイブ
  • フロッグ
  • クローワーム
  • スモラバ

メタルバイブはソルトルアーだと”鉄板バイブ”と呼ばれている物。メーカー製だと最低500円以上はする物が100円! 性能を抜きにしても、コスパ優先なら選ばない理由がない!

フロッグは蛙のイミテーション。トップでぽこぽこ動くタイプなので、フレッシュのトップゲーム全般に使うことが出来ます。代表するならバスとライギョにナマズかな。

クローワームはザリガニっぽいワーム。バスもいいけど、チヌや根魚(ロック)にも使えますね。

スモラバは小型ジグヘッドラバー。これもバスとチヌで使えるタイプ。

安いルアーで魚が釣れない幻想は捨てよう

ダイソールアーは100円が主です。

よく言われるのが、「100円のルアーで魚が釣れるかよ!」の意見。

たしかにミノーはお粗末な出来ですが、全てのルアーに実績はあります。その中でも話題になりやすいのは、”使いやすいルアーが主”ですね。特にメタルジグは扱いやすいでしょ?

難点があるとすれば金属部分。

フックはすぐグニャる柔らかさだし、スイベルは回転部の中から錆びて抜ける始末。スプリットリングがすぐ錆びるし、唯一無事でいるのが接続のアイくらいですね。

この問題を解決するのはすごく簡単。

金属部分を釣具メーカーの物と交換すればいい!

スポンサーリンク

終わりに──転売も考え方次第

ダイソーは全国にあるけど、釣具はその一部しか取り扱ってない感じ。

だから近所に必ず欲しいルアーがあるとは限らない

例えば……メタルバイブが欲しいのに近所にない場合。ネットで販売店舗の情報を集める方法もあるし、メルカリなどで買う方法もあります。

後者の場合、100円で買うことまず無理ですよね。

でも”近所にない”ことを考慮すると、売値に上乗せされた金額次第では、自分を輸送するより割安になることが多いはず。浜松からメタルバイブを見かけた常滑まで行くなら、往復で最低でも20個ほど買えるくらいの費用がかかります。

「ここじゃ需要はないけど、全国で欲しい人は必ず居るはず!」

転売は悪とされていますが、考えようによっては、一つのビジネスモデルなんですよね。

【2020年最新】ダイソーの釣り具がめっちゃ増えてる!新作アイテムをピックアップしてみた
ダイソー釣り具特集の最新版!2020年、ダイソーの釣り具が超絶進化を遂げたようです。というわけで実店舗でピックアップして購入したものを一挙紹介。ダイソーの釣り具コーナーより、ハードルアー、ソフトルアー、ライン、その他のジャンルごとで紹介します!

釣りのプロがダイソールアーを使ってみた結果

ダイソールアーの効果を実感したいのなら、YouTubeで検索するといいです。実釣の動画を見ることが出来ますからね。

クローワームを使った動画があったので置いておきます!

タイトルとURLをコピーしました