「魚のデパート カネヒロ」は築地に近いポテンシャルを持っていた

爆風の御前崎港から新天地を目指す途中、地頭方港と対照にある”魚のデパート“が賑わいを見せていた。いつも駐車場は1台居ればいいほうだった気がするのに、今日は7割埋まっている。

こりゃなんかあるぞと、顔を見合わせ、その店に足を踏み入れた──。

「こここここは、ホンマに魚のデパートやんけ〜!(クソダサリアクション)」

スポンサーリンク

店名に恥じない鮮魚が揃い踏み!「魚のデパート カネヒロ」

入った瞬間、築地のニオイがしました(比喩)。

観光バスも訪れる「なぶら市場」は、買い物に食事もできてまだオサレ。こちらは一転、実用性重視です。

食卓を助ける弁当惣菜にお菓子から、出汁と健康をささえる海藻や乾物に、「小分けは面倒だから丸々買え!」といわんばかりに、鮮魚が”そのまま”並んでいる。近海カツオ1本を見かけるのは珍しくないけど、メバチマグロが丸々売ってるのはさすがに笑う。

やべーぞここ……、築地場外の新施設より見所がありやがる……!

一風変わった惣菜もあったりメチャ安だったり

昨年から「ネギマナベが食べたい」といっていた友人は、とうとうここで「ネギマ」と出会うことに。

ネギ+マグロ=ネギマ

ここでいうネギマとは、葱と鮪を煮込んだ料理なんですが、「大トロの部分」を使うのが特徴です。脂ギットギトの腹側にあるトロ部分を使うため、それをアッサリ食べるための工夫が葱鮪鍋。それが不味いはずがない!

……しかし飲食店で取り扱う店舗は少ない。

東京なら葱鮪鍋を食べることができる店舗は多いですが、東海地方だと名古屋市でも難しい。キープキャストの時にも探しましたが見つからず、「次の鍋シーズンにでも、な?」と諦めかけていたが、それがひょんなところで出会うとは。

(食べた感想:「トロ使ってた!」──だそうです)

惣菜の値段も安いし弁当も買える!釣り前に寄っても損はない

全体の値段設定は、正直いって「なぶら市場」より安いです(マジ)。

向こうは観光客向けにお土産が充実しており、うなぎパイを売っているのがその証拠。カネヒロにうなパイはないけど、ランチな弁当が買えるし、鮮魚は飲食関係も求めに来るでしょう。

食卓に寄り添うスーパーマーケットみたいな存在かな。

手作りちらし寿司があったり、コロッケが3個で100円と安かったり、大きめなエビフライがあったり。釣り人の昼食を調達するにもいいかと思います。

御前崎港周辺はコンビニが少ないですからね。港から買いに行くとなれば、ここかセブンくらいかな。

漁師のとれたて便がそのまま店内にある感覚の鮮魚たち

築地は世界の魚が集まりますが、カネヒロは静岡近海の魚なら負けない! という感じ。

静岡といえばのキンメにタチウオ、近海らしいクロダイやメジナなど。ぶっちゃけ焼津さかなセンターより充実してない? してるよね? むしろ出漁後なら、もっとバリエーションはあると思われる。

それがふるさと納税の返礼品にも表れています。

https://www.furusato-tax.jp/product/detail/22226/180033

お前らがビックリしてるんか~い。

生マグロの値段もなぶら市場より安いし、向こうで買った後にこっちで気づいたら、もう二度と向こうに行かない決意をしていたかもしれない。

「魚のデパート カネヒロ」さんはこちら!

株式会社 カネヒロ
鮮魚なら静岡県牧之原市の株式会社 カネヒロへ"

住所: 〒421-0533 静岡県牧之原市新庄1215

電話番号: 0548-58-0415

ウェブサイト:http://www.kanehiro58.com/

http://www.kanehiro58.com/access

住所を見てここが”牧之原市“だと知る。近くには御前崎港があってそこは御前崎市なのに、地頭方港は牧之原市になるのか……。

地図で見たらなるほど納得。かつては「御前崎市と牧之原市、どっちに入る?」で少々いざこざがありそうな位置ですね。

電話で注文もできるようだし、ふるさと納税もあります。店舗まで行けない人は、こちらの方法も選んでください。

地域ニュース
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生