「サゴシジグ」(コルトスナイパー)で来たる鰆シーズンに備えよう!【インプレ】

サゴシとは「鰆(サワラ)」の50cm以下のことらしい……。

サワラは名前に”春”が入っているように、春のショアジギングシーズンの開幕選手みたいな存在。回遊一発勝負を制すには、飛距離と確実なアクションが大事。

はる@釣行中
はる@釣行中

それでも「サゴシジグ」なら、きっとやってくれる!

コルトスナイパー「サゴシジグ」の実力

ナチュラム 楽天市場支店
¥785 (2022/02/15 16:10時点 | 楽天市場調べ)

サゴシジグはシマノのメタルジグ。

わりと珍しい細身タイプのジグ。

長さは105.5~109.5mmで、ウェイトは「28g/35g/42g」と3種類。

はる@釣行中
はる@釣行中

細身を生かした超飛距離と、ダートアクションが売りのメタルジグです。

サゴシジグのカラーラインナップ
http://fishing.shimano.co.jp/product/lure/5970
はる@釣行中
はる@釣行中

カラーバリエーションは「釣れそう(小並)」なカラーが揃っていますね。

春先ならベイトが小さいので、ゼブラを主軸に使うのがいいかと。

サゴシ以外にも使えるので、ナチュラルやゴールドを揃えているのは、他をターゲットにしたい時に役立ちます。

サゴシジグ | メタルジグ | ショアソルトルアー | ルアー | 製品情報 | SHIMANO シマノ
巻くだけOK !ジャークでダート!
はる@釣行中
はる@釣行中

ウェイトとカラーは些細なポイントで、サゴシジグを薦めたい理由は2つあります。

サゴシジグがサゴシキラーたる2つの要素

サワラは基本的に温かい海を好むし、イワシがたんまり居るシーズンに爆釣が期待できるため、ハイシーズンは秋になります。

釣れるのは外洋に面した漁港かサーフ。

はる@釣行中
はる@釣行中

わざわざ釣られに来るわけじゃないので、飛距離を求められるシーンが多くなります。

ベイトはイワシが主になるため、最大でも10cm前後のサイズかつ細いルアーがマッチする条件。

つまり……サゴシジグは、

はる@釣行中
はる@釣行中

サゴシを釣るために必要な要素の2つを兼ね備える、サゴシキラーといえるメタルジグです!

10cm台で細身のジグはわりと種類が少なく、”専用”はもちろんありませんでした。

サゴシジグはダートアクションを売りにしており、エギングのようにシャクることで、左右に大きく動きます。これが若いサゴシをよく誘い出してくれるため、秋シーズンの回遊タイミングで、他を出し抜く要素となるでしょう。

その使用感は、こちらの動画で知ることができます。

釣れるのは何もサゴシだけじゃない!

細身のルアーはメリットとして、魚をスレさせにくい点があります。シルエットが目立ちにくいので、「あれは何だ?」と近くまで確認しに来てくれます。

はる@釣行中
はる@釣行中

スレさせにくいしスレにも強い──。

ターゲットはサゴシに留まらず、シーバスやヒラメの特定ベイト対策にも使えます。イワシやイカナゴがメインベイトの時は、積極的に使うといいでしょう。

サーフで使うなら、35gのウェイトで事足りる感じ。

外洋に面した漁港なら、28gか42gのどちらか。

水深があるなら42gを使うのがいいでしょう。

はる@釣行中
はる@釣行中

早く落とすのもテクニックですよ!