2021年のダイワスピニングリールが本気出しすぎてない?

2021年の新製品情報を見ていたら、ダイワのリール達がオカシイくらいに進化しているような……。

中でもダイワ最軽量になった「ルビアス エアリティ」に心惹かれました。

2021年のダイワ製スピニングリールは熱いぞ!

今年のダイワは豊作。──この一言に尽きる。

私が使う可能性のあるスピニングリール達に、邪魔なマグシールドを抜きにしても、「欲しい!」と思えるのがいくつかありました。

紹介したいのはこちら。

  • 21ルビアス エアリティ
  • 21カルディア
  • 21フリームスLT
  • 21セルテートSW
  • 21エメラルダス エア

おそらく”向こうも”イチオシなのは、ダイワ史上最軽量の「ルビアス エアリティ」じゃないかと。

ルビアス エアリティ

https://www.daiwa.com/jp/fishing/item/special/product/21LUVIAS_AIRITY/

軽さを極めたルビアス エアリティ

Mgのフルメタルボディながら、LT2500で170gの最軽量を実現したリール。

シマノのヴァンキッシュよりは(ほんのわずか)重いけど、「業界最軽量は譲ってやるかぁ」と余裕じみたように感じてしまう。

LUVIAS AIRITY(ルビアス エアリティ)|DAIWA
フルメタル(Mg)モノコックボディにより、軽さを極めたLUVIAS AIRITY(ルビアス エアリティ)DAIWA

最新技術をこれでもかと盛り込み、軽量ながら、剛性と回転性能はフラグシップモデル(イジグスト)を上回るレベル。5万ちょいでこのレベルが手に入るようになったのだから、時代は変わったなぁと思います。

発売は春先の4月予定。予約できるとこもあるよ!

さらに軽さをアピールするエメラルダス エアも見逃せない

エメラルダス エアは、エギンガー垂涎の品となりそう。

ダブルハンドルのLT2500Sモデルで180g。LT2500でも195gと、ノーマルのエメラルダスから50g近く削っているから、控えめにいってオカシイ

EMERALDAS AIR(エメラルダスエアー)|DAIWA
ZAIONモノコックボディ採用EMERALDAS史上最軽量のエギング専用機EMERALDAS AIR(エメラルダスエアー)DAIWA

手元が重いほうがシャクりやすい感じはするけど、近年はロッドの軽量化も著しいから、タックルバランスを考えると、この軽さがスタンダード(ハイエンドなら)になるかもね。

エメラルダス エアは2月発売予定で、春イカシーズンに余裕で間に合いますね!

カルディアとフリームスはさらに万能性を追求

21カルディアは、剛性と安定性を追求し、オマケに軽量化。

……いや、もう十分じゃん。

フレッシュでもソルトでも、ワンランク上の大物相手に怯まないスペックで、価格相応の安心感を得られるでしょう。3000番があればフィールドと対象で困ることがないんじゃないかな。

CALDIA(カルディア)|DAIWA
新素材ZAION Vモノコックボディを採用 剛性、パワー、回転性能を大幅に向上させたCALDIA(カルディア)DAIWA

フリームスはミドルスペックだけど、性能的にはカルディアと大差なし。

ローターが特に軽量化されたため、ハンドルのレスポンスが向上。チョイ投げからルアーキャスティングまで、幅広い活躍をしてくれるでしょう。

FREAMS(フリームス)|DAIWA
新素材ZAION Vの採用により、軽さと剛性に磨きを掛けたNEW FREAMS(フリームス)DAIWA

セルテートSWはソルトのビッグゲーム用に特化

セルテートのSWモデルは、8000~18000番とビッグゲーム向け。

2世代くらい前のソルティガを連想するシンプルなデザインで、メカメカしいメタルなボディが格好いい。

CERTATE SW(セルテートSW)|DAIWA
軽快・パワフル・高剛性でソルトウォーターシーンを掌握する CERTATE SW(セルテートSW)DAIWA

ギアはジュラルミン製のタフデジギア。従来機種よりギア外径が12%アップ、厚みは55%アップと、内部ギアが強化されています。……先にハンドルノブがもげるんじゃないか?

それながら軽量化も実現しており、2020ソルティガよりも軽いし、なんなら現行ステラSWよりも軽いです。

あれ……? 買いじゃね?

やっちゃえDAIWA

スピニングではシマノに隠れてたダイワの印象だったけど、2021年の新製品を見ると、遜色ないどころか勝ってるまでありますね。

メカメカしい見た目が好きなら、ダイワのリールはありですよ。

DAIWA公式:フィッシング(釣り)のダイワトップページ
当サイトはリール、ロッド、釣り用品を扱う...