3密を完全に避ける魚釣りは無人島か漂流くらいでは?

3密を完全に避ける魚釣りは無人島か漂流くらいでは?

何やら密を避けて、無人島を体験するツアーが企画されたらしい。

オイオイオイ、”ツアー”で”募集”すれば密になるわ。

昨年から魚釣りにも密問題がつきまとっていますね。アングラーが密を気にせず、真のボッチ釣りをするにはどうすればいいのか、考えてみました。

スポンサーリンク

ソーシャルディスタンスを取りすぎた魚釣りをしたいのならどうすべきか

感染対策を完璧にするなら、周囲に誰もいないか、マナーを守る人に囲まれるかになります。

ぶっちゃけ陸地(特に漁港)にその場所はありません。でも意識すれば見つけることはできます。例えば──

  • ソロ活動
  • 有料の釣り場(管理釣り場)
  • 未踏の地(気軽に行けない場所)
  • 無人島
  • プレジャーボートで海にポツン(漂流)

中でも近年人気が出ているのは磯(ロックショア)。

なぜなら、誰もが気軽に行ける場所ではなく、デカイ魚が釣れる可能性が高いから。ライバルが少ないほど結果は出しやすいしね。

ソーシャルディスタンスを取り過ぎたい場合は、”気軽に行けない場所”を選択するといいでしょう。

魚釣りなら副産物もあります

あまり人が入らないポイントを選ぶメリット

まず「魚が釣られすぎない」メリットがあります。

結構”釣られすぎる”ことを失念しているアングラーは多く、人気ポイントなら「必ず釣れる!」と思いがち。

オープンだと人が入れ替わり立ち替わりで、魚がどんどん釣られていき、そこから減ってしまいます。すると釣れる確率も下がってしまいます。

釣り人があまり立ち入らないのであれば、魚は釣られず減ることもないため、じわじわ溜まっていきます(閾値はあるけど)。

なので不人気ポイントは、突然の爆釣も可能になりやすい。──でも、あなたが釣りすぎれば、魚は減ることをお忘れなく

人があまり立ち入らないポイントを探すコツ

人が入りにくいポイントを探すのは簡単。

駐車場からめちゃくちゃ遠い場所か、ポイント紹介に入っていないような所を選択すればいいだけ。

特にサーフは歩くのが面倒なため、駐車場から離れるほど、人が少なくなります。

磯はそれより過酷にしただけで、岩をよじ登るとか、泳いで渡るとか、ちょっと命がヤバイかもなポイントほど人が入りにくいため、好釣果が期待しやすい……というわけ。

まぁその場合、船からアプローチするほうが安全ですよね。

アウトドアでも人が多すぎなら1密にはなる

昨年は密を避けるため、アウトドアに人気が集中してしまい、登山やキャンプで人多すぎのミチミチ問題が浮上しました。

魚釣り界隈も同様ですが、先の例とは毛色が違います。

自粛要請などで漁港なり施設が閉鎖されたり、マナー悪化で閉鎖になったポイントも多いため、(無料で)魚釣りができる場所が少なくなっています。

ミチミチしたポイントで悪態をつくよりも、周囲に人が居なくて余裕のあるポイントを探すのもひとつの手。

私がサーフルアーをはじめた理由も同じでした。漁港は人が多いし、広さよりも釣れる場所が限られているからね……。