ちぎれ塩マムシ|使い勝手の良い虫エサが通販で買える喜び

使い勝手の良い虫エサが通販で買える喜び

「ちぎれ塩マムシ」とは、塩漬けされた多毛類(ゴカイ)のこと。

標準和名はイワムシといい、投げ釣りの定番エサです。主に波止やキス釣りに使われますね。特に塩漬けされたものはキス釣りで使われます。

それが通販でお手軽に買えるから便利。

塩漬けされた虫エサは保存が効くのが利点

塩漬けされたゴカイは冷蔵・冷凍保存が可能。長期的に使えるのが最大の利点です。

通常なら投げ釣りに行く直前にエサを買うと思います。でも朝早くに行きたい時は?

私は釣具屋が開いてなくて困ったことがあります。そのためにエサ自販機を置いてある店もありますね。「……なんかいつもより量少なくね?」なこともあるけど。

ちぎれ塩マムシはすでに塩漬けされており、通販で購入できるし、開封後すぐ使える物。冷蔵・冷凍で保存しておけば、行きたい時に使えることが最大のメリットです。

もちろん活エサを買っておき、余ったら塩漬けしておくのも賢いやりかた。

活きのマムシはけっこう高い

マムシ(和名:イワムシ)の特徴は、太くて大きく臭いこと。特に臭いが集魚に重要で、カレイの投げ釣りでは最強の一角に数えられます。

ただ値段が高めなのがネック。アオイソメと比べると3割増しもザラ。

体が柔らかく千切れやすいため、エサとして使いやすいけど、サイズを揃えるのが難しい……。塩マムシは使えない切れっ端を集めているため、値段も安めにできているのでしょう。

デメリットは動かないこと

塩漬けのエサは当然ながら息絶えています。

虫エサは動くことで魚にアピールをするので、特に放置する投げ釣りだと不利に働きます。でも誘いを頻繁にするキス釣りなら、食いが極端に悪くこともありません。

臭いで集魚するため根魚にも効果的。

放置する釣りなら、活性が高めの初夏から秋が最も向いているシーズンだと思います。冬のカレイはアピール重視もあるため、塩漬けは向いてないかと。

活きエサが苦手な人にも向いている

活きのゴカイはうねうね動くため、苦手な人もいるでしょう。

塩漬けの虫エサは動かないし、手があまり汚れないメリットもあります。なので初心者を釣りに誘う時にもってこいのエサといえます。

波止のチョイ釣りなら問題なく使えるし、なにより保存できるのが最大のメリットですね。

【オマケ】なぜマムシと呼ぶのか

マムシは釣りエサでの通称。

和名はイワムシといい、関東ではイワイソメやと呼ばれ、中国地方では本虫(ホンムシ)と呼ばれているそう。”マムシ呼び”は関西圏で通じやすい。

ちぎれ塩マムシを取り扱っている「フィッシングショップTポート」は、関西圏を主軸にしているため、マムシ呼びになっているのだと思われます。