フックキーパーは必要か否か

フックキーパーは必要か否か

フックキーパーは量子的な存在だと思っている。

在ってもいいし、無くても困らない。……だけど、なぜか売れている

なんでだろなと、少し考えてみた。

スポンサーリンク

フックキーパーがあると嬉しい瞬間

フックキーパーがあると嬉しい瞬間はいくつかあります。

  • ルアーを固定できるから持ち運びに便利
  • ロッドのオシャレ(ファッション)
  • ランガンする時に便利

私は「無くても困らない派」。ですが、なぜフックキーパーがそれなりに売れているのかを考えると、オシャレ目的じゃないかなと思うわけです。

だってフックなら、ガイドかリールのアームにかければいいじゃないですか。

キーパーがあるとしても、もしブランクスに傷をつけてしまえば、折れる原因にもなりかねません。ロッドガイドはダイアモンド並の硬さだから、フックくらいじゃ傷もつかないってジムもいってた。

なので着けたければそれでいいし、無くても困らないならそれでいい。

「着けないとダメ! 死ぬぞ!」って意見があれば、ちょっとおかしくないか──と思うくらいです。

オシャレよりも機能性が重視されるフックキーパー界

なぜこんな記事を書いているかといえば、ヤフーの釣具販売ランキング20に複数居て「?」となったから。

「そんなに売れる物か……?」と思うわけですが、製品紹介を見れば、確かに便利そうだなと感じる点もあります。

スミスの「ネオマグフックキーパー」は磁石でキープするタイプ。

使い方は簡単、フックを近づけるだけ。……なるほど、確かに簡単──でも値段の安さがヤバイ(495円)。ネオジム磁石だけ欲しい人にも需要ありそう。

売れ筋なのはこちらのフックキーパー。

よく見るタイプで驚きはないが、カラーのバリエーションが豊富なため、オシャレ目的で買う人が多いのかもしれない。

ブランクスに見慣れない”色”が存在することは、写真映えがすることになります。メーカーロゴを頑張ってフレームインさせるより効果的かもしれませんね。

エサ釣りでも使えるけどルアーの方が使いやすい

フックキーパーに”ルアー用”が多いのは、リグ(仕掛け)の長さが関係しています。

ウキ釣りはガイドにウキが通らないし、ウキ下が長いこともあるため、リール手前でフックを掛けるのが難しい事情があります。

投げ釣りは3本針の仕掛けがあったりするし、たとえフックを固定しても、歩いている時にオモリがブランクスをガンガン痛めつけることも。

ルアーはそういう問題点がないことで、フックキーパーの利便性が光ります。……エサ釣りでも使えないことないんですけどね。

釣具全般
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生