魚釣りは教え魔よりも「釣れますか」の心理戦に困る

魚釣りは教え魔よりも「釣れますか」の心理戦に困る

魚釣りをしている時、教え魔が来たことはないけど、「釣れますか」と聞いてくる人はかなり多い。

この問いかけを釣り人にすることは、心理戦を挑んでいるのと同義だと知ってほしい。

「釣れますか?」に込められている思い

釣り人に対して「釣れますか?」と聞く意図はなんだろう?

その問いにどんな答えを求めているのか──。知らない土地で釣りをしている人が居ても、声をかけようと考えない私にとって、導き出せない答えである。心理学専攻なら論文にしたいところ。

……ふつうに考えて、会話をはじめるキッカケ、だよね。

ただ、一般が釣り人にどんな会話を求めているかは未知数だし、釣り人同士となると、心理バトル開始の合図にもなりえる。

魚が釣れる情報は、そこで釣りをしないと手に入らないもの。

だから釣り情報は価値があるわけで、釣り人なら誰でも(チョロく)釣れる場所は知りたい。

今話しかけてきているこの人は……一般なのか、それとも”敵”なのか。「釣れますか?」の声がした方向を振り返る時、魚を釣るよりも緊張が走る。

一般人の「釣れますか?」

漁港や管釣りなど、閉塞した場所に釣り目的以外が立ち入ることはほぼありません。

そのため一般(通りすがりの人)に、「釣れますか?」と声をかけられるのは、歩道が近くにある場所が大半。

この時に声をかけてきた人は、一体どんな答えを望んでいるのだろう……。

「釣れた」と答えた場合、年配だと「自分も昔ここでやった」とか、「どこそこのほうが釣れるよ」とか、軸が武勇伝に移っていくことが多い気がする。

子連れ親子の場合は、(釣れた魚を子供に見せて欲しい)の願いが言葉の裏に隠れている。命の大切さを説くなら、水槽で飼育をはじめるほうがいいんじゃないかと思う。

──「釣れない」と返答した場合、そこで会話が打ち切りになることも多い。けれど、どんだけ会話に飢えてんだよと思うほど、食い下がってくる人もいる。

年配相手は適当に相槌かましてればいいけど、最も厄介なのがウェイ系子連れかもしれない。

あわよくば体験させようと画策するし、野放しになった子供がフリーダムに蹂躙していくこともしばしば。

そういう状況を何度か経験したけれど、一体何を求めているのか、未だに図りきれないでいる……。

しいていうなら、一般が釣り人に話かけるキッカケは、『バケツの有無』の節がある。特に魚を活かしていると、もう止まんないよ。

釣り人の「釣れますか?」

釣り人の「釣れますか?」には、釣れるor釣れないの確認が込められている。

”釣れる”のならやってみたいポイントのひとつに入るし、あわよくば釣れた方法を知ることもできるため、効率が良い方法といえる。

もし”釣れない”のなら、ここは候補だったけど除外できるから、無駄な時間を過ごすことがなくなったため、こちらも効率が良いかもしれない。

──ただ、同じ釣り人である以上、同じ思考をしているわけで、”言葉の裏”を読みきれないわけがない。

バカ正直に一級ポイントを教える人はいないし、釣れた釣法も隠したいのが釣り人の心理。

なので、同じ釣り人同士での「釣れますか?」には、牽制の意味が込められている。その言葉を発してしまったら、背景に「ドドドド」とか「ハァ…ハァ…」とか「ざわ…」などが浮かんでいる。

……二郎バトルのコピペを思い出すな。

「初めてのラーメン二郎」を描いた奇妙なレポ漫画が話題ッ! 「食レポしてるだけなのに面白すぎる……」
ヴァニラ・アイスが二郎を食う話。

人が近くに来れない釣りだとストレス軽減されます

住宅地が近い陸っぱりほど、「釣れますか?」の攻撃を受けやすい。

それを嫌うなら、一般人が立ち入れない釣りを選ぶといいでしょう。おすすめは干潟のウェーディングです。

水に入りながら「釣れますかー!」とバラエティムーブしてくる経験は流石にないし、大声で「ヴォーイ!」とか発せられても、聞こえないフリをすればOK!

あとは”声をかけないでくださいオーラ”を出すとか、張り紙を用意しておくなど、神経質かつコミュ障なら、対策しておくべきかもしれない……。

まぁ、「釣れませんね」でだいたい会話は終わります。

もし雑談がしたいのであれば、活かしバケツなど「アイツ魚持ってそう」なオーラを出すと、入れ喰いです。