憎き強敵アニサキスを電流でワンパンする最新技術のパルスパワー

憎き強敵アニサキスを電流でワンパンする最新技術

魚介類の生食大好き大国日本。

最大の敵は寄生虫であり、毎年話題にあがるのがアニサキス。コイツを加熱も冷凍もせずに倒してしまう新技術が生まれました。

時代は神経締めから電流締めにシフトするのか?

アニサキスの新たな殺虫方法「パルスパワー」とは?

パルスパワーとは、大電流を瞬間的に流すことで、生の切り身に潜むアニサキスを殺虫できる技術。

最大のメリットは、従来の殺虫方法(加熱・冷凍・目視での除去)が要らなくなるため、提供までの時短になるし、鮮度を落とさないことが魅力です。

寄生虫、電力処理で刺し身OK 加熱・冷凍の代替法開発:朝日新聞デジタル
 熊本大の浪平(なみひら)隆男准教授と水産加工会社ジャパンシーフーズ(本社・福岡市)の共同研究チームは、魚の切り身にいて食中毒を引き起こす寄生虫アニサキスの新たな殺虫方法を開発した。加熱や冷凍といった…

実験では、三枚おろしにしたアジの切り身にアニサキスを仕込み、容器に入れてパルスパワーを発生させたところ、瞬間的な大電流で死滅した。約3キロの切り身に仕込んだアニサキスを約6分で処理できた。電流による温度上昇は5度程度にとどまり、味や食感などの官能評価や弾性の試験では、処理後も刺し身にする上で適切な品質を保っていた。

もしパルスパワーが商業化すれば、今まで味わっていた刺し身とは違う、より新鮮で臭みのない魚を楽しめる時代が来るかもしれません。

技術が一般に浸透したらを考える

素朴な疑問として……、鮮魚1匹にパルスパワーを使ったらどうなるのだろう、と。

実験は切り身に使っており、結果も出ています。

例えば天然魚を水槽に入れた状態で、一気に殺虫をすることができれば、暴れる魚を1匹ずつ捌く必要がなくなるし、作業もやりやすくなるのでは? とも考えられます。

マグロの1本釣り漁では、一撃で黙らせるために電流を使って締めることもあります。

パルスパワーの使用電力は不明ですけど、一般が無資格で使える技術ではないことは確か。

──もし一般で使えるレベルの装置になれば、釣り人がアニサキスで困ることはなくなるかもしれないし、生鮭が手に入りやすい北海道~北陸の日本海側で使われそう。

アニサキスチェック市場が崩壊するかも

厄介なアニサキスとはいえ、加熱か冷凍処理をするなら、入ったままでも人体に影響はないから、気にすることはありません。

……とはいえ、魚に存在してなければ安心できるのも事実。

日本は生食大国だから、生の状態でアニサキスを排除する技術にも市場はあるわけです。ちょっとECサイトで調べてみたら、大掛かりな据え置きマシーンもあるし、一般でも買えないことはないんだなと。

まぁ1台数十万するけどね……。

最後に気になることは、殺虫したアニサキスが切り身に残ったままとして、それは人が噛み切れるのか? ってこと。ちなみに小さく細くて固めなので、歯で噛み切るのは難しいです。

アニサキス、よく噛めば大丈夫なのか それだけで胃への侵入は防げない
寄生虫「アニサキス」の幼虫が原因の食中毒が話題だ。お笑いコンビ「品川庄司」の庄司智春さんは、何とアニサキス8匹が胃の中で暴れ回ったという。NHK「ニュースウォッチ9」の桑子真帆アナと結婚を発表したフジテレビの谷岡慎一アナも、1年前にイクラの寿司を食べた後で激痛に襲われたと告白した。厚生労働省は、予防法として徹底した加熱...

それに、死んでるとはいえ、食べている刺身からアニサキスが出てきても、消費者は納得するのかも気になるところ。

特に一度でもやった人は、見たくもないでしょうね……。