【アニサキス除去】する最新技術が爆誕!【鮮度を落とさない!】

憎き強敵アニサキスを電流でワンパンする最新技術

寄生虫の代表といえばアニサキス。加熱することが対策になりますが、刺身が美味すぎるせいで、毎年被害者が絶えません。

……マゾかな?

しかし、生の切り身に電流を通すことで、アニサキスを除去できる技術が爆誕!

「パルスパワー」のおかげで、われわれ消費者は安全に食べれるし、提供側も安心して出せるようになりますね。

アニサキス
¥1,950 (2022/03/09 11:55時点 | Amazon調べ)

アニサキスの新たな殺虫方法「パルスパワー」とは?

パルスパワーとは、生の切り身に大電流を瞬間的に流すことで、潜むアニサキスを殺虫できる技術です。

最大のメリットは、鮮度を落とさないこと

魚を生のまま処理できるのも強いし、従来の寄生虫対策よりも時短になっています。

実験では、三枚おろしにしたアジの切り身にアニサキスを仕込み、容器に入れてパルスパワーを発生させたところ、瞬間的な大電流で死滅した。約3キロの切り身に仕込んだアニサキスを約6分で処理できた。電流による温度上昇は5度程度にとどまり、味や食感などの官能評価や弾性の試験では、処理後も刺し身にする上で適切な品質を保っていた。

寄生虫、電力処理で刺し身OK 加熱・冷凍の代替法開発:朝日新聞デジタル
 熊本大の浪平(なみひら)隆男准教授と水産加工会社ジャパンシーフーズ(本社・福岡市)の共同研究チームは、魚の切り身にいて食中毒を引き起こす寄生虫アニサキスの新たな殺虫方法を開発した。加熱や冷凍といった…

もしパルスパワーが商業化すれば、今まで味わっていた刺し身とは違う、より新鮮で臭みのない魚を楽しめる時代が来るかもしれません。

もしかして電流締めの時代くる?

素朴な疑問として……、丸々1匹の鮮魚にパルスパワーを使ったらどうなるのだろう。

例えば養殖魚の水槽にワンパンすれば、殺虫と締めを同時にすることもできるのでは? もし仮死状態にできるなら、長距離輸送もはかどりそうですね。

パルスパワーの使用電力は不明。名称の強さから、一般家庭でやるとブレーカーが落ちそうだし、無資格で使えなさそう。

──もし一般で使えるレベルの装置になれば、釣り人がアニサキスで困ることはなくなるかもしれない。北海道~北陸の日本海側サーフで、サケを電流締めしちゃうアングラーも現れるかもしれない。

アニサキスチェック市場が崩壊するかも

スーパーで売っているブリや鮭の切り身から、アニサキスがにょきっとしていることもあります。

寄生虫リスクがある物は、通常「加熱用」として売りに出されています。「生食用」は対策をしているため、加熱用より鮮度が落ちているのは有名な話。

ど~しても鮮度を落とさず市場に出したい場合。アニサキスの検査装置なんてものもあるんですね。

まあ……見つけたところで、除去するのは手作業になりますけど。

日本は魚を生食したがる文化だから、あたるリスクが一切ない鮮魚が出回るのはいいことです。パルスパワーが出回れば、鮮魚店や寿司店などの提供側も、寄生虫を出して営業停止になるリスクもなくなりますし、ウィンウィンですね。

アニサキス
¥1,950 (2022/03/09 11:55時点 | Amazon調べ)