釣り糸放置する人って下手くそしかいないのでは?

釣り糸放置する人って下手くそしかいないのでは?

釣り糸が動物に絡まった姿を写真に収め、「かわいそう、かわいそう」と嘆き、怒りの矛先は釣り人に向かってくる。

この流れはサブスクのように、定期的に訪れる。

だがちょっと待ってほしい。……絡まるほど大量の糸を捨てることって、どんな時に起こりうる?

大量の釣り糸を捨てる可能性があるシチュエーションを考える

Yahooニュースでこんな記事を見かけた。

釣り糸放置ハト受難 神奈川・横須賀うみかぜ公園 足に絡まり、引きずる姿も(カナロコ by 神奈川新聞) - Yahoo!ニュース
 釣りスポットとして人気がある神奈川県横須賀市のうみかぜ公園(平成町3丁目)前の護岸で、釣り人が残していった釣り糸がハトの足に絡まる被害が相次いでいる。ハトの足がちぎれたり、足を引きずったりする様子

神奈川・横須賀にある”うみかぜ公園”で、釣り糸に絡まったハトが見つかり、足をひきずる姿がもう痛々しくて、釣り人なにやってんの! と激おこな内容。

だが、違和感がある。

添付された写真には、何十メートルもあろうくらいの釣り糸が丸められている様子が見える。この量だと、ライオンの足すら止められそうな量である。

そもそも、普通に釣りをしているだけなら、何十メートルも一気にラインを切断することは、ほぼほぼありえない。

でも我々は知っている……。

これだけ大量のラインを一気に切らないといけない状況は、あの時くらいしかない、と。

下手くそなキャストで、リールに巻いた糸が一気に出てしまう「バックラッシュ」をするくらいでないと、これほど一気にラインを出して捨てようとは考えないだろう、と。

バックラッシュは脳筋キャスティングほど起きやすい

そもそもバックラッシュの原因は、ベイトリールならスプールが空転しすぎることで起きるし、スピニングはラインの出過ぎで起こる。

原因は、ルアーが飛んで引っ張るラインより、手元から出るラインが追いついてないことで起こりやすい

リールは糸を放出するスピードに合わせた設計をしているため、それを超えるスピードで出すと、弊害としてバックラッシュが起きやすい──というわけ。

ベイトリールはそれを防ぐため、内部ブレーキでスプールの回転を抑える仕組みがある。それでも起きてしまうのは、ロッドを振るスピードが速すぎてブレーキが間に合ってないため。

スピイングはラインの巻きが緩すぎることで起こりやすいが、毎回スプールに巻いているラインに触れて「緩くはないな」と確認していれば、それが起こることは予防できる。

つまり、バックラッシュはアングラーのテクニックで抑えることはできる。

力の限りぶんぶんロッドを振るタイプに起こりやすい現象であり、ロッドの反発を活用する”正しいキャスティング”をするほど起こりにくい。

道具が悪いのではなく、扱う自分に問題があると気づいて欲しい。

ウマイ人ほど環境にはエコになるはず

釣り人の捨てたゴミ(釣り糸)が原因で、野生生物に迷惑をかけている! なんとかしろ! ──ってお怒りは、定期購読すぎて聞き飽きている。

釣り人目線は「水中にゴミを残すな」が優先されるため、水中で分解される「生分解ライン」がある。

でもそれは、足に絡まったハトを助けるほど、すぐ分解はしない。

だから根本的な解決方法は、「ゴミはゴミ箱へ!」を守るしかない。そして釣りの最中でも、ゴミを出さない努力をするべきといえる。

釣りだけじゃなく、アウトドア全般(キャンプに登山など)は自然の中で遊ぶため、来た当時の環境をそのまま残すことを優先しなければならない。

正しいキャスティングをすればバックラッシュはほぼしないし、根がかりしなければラインを切ることもない。上手い人ほど”無駄”は減っていくので、自然とエコなフィッシングライフになっていくはず。

現地でゴミを作らない釣りを追求するのも、やりがいに感じるかもしれませんよ?

キャスティングが劇的に上手くなる心構え
キャスティングの精度(アキュラシー)は重要。 これを鍛えるには、常に目標(目印)を設定するだけで、上達が全然違います。