釣りの内職といえばコレだったような

魚釣りをしたいのにできない時、室内にこもってやる作業を”内職”と呼ぶこともあります。

過去は仕掛けを作ることだったけど、今はメディアの編集作業とかになってそう。

仕掛け作りやオモリ検品がガチ内職でした

しけや雨が続き、家でくすぶるアングラーも多いかと思います。

中にはメンテナンスに時間をかけたり、仕掛けを作ったり、ロッドビルドしたりと、家でできることに時間を使って、有意義に過ごす人も多い。

人によってはそれを”内職”と呼んだりもします。

でも自分のことを自分でやるわけだから、給料が発生するわけでもないし、傍から見れば「釣り人っていつもそうですよね!」と罵られかねない。

──何をいう。

それがお金になることだってあるんだよ。

ハンドメイドは副業の一歩

釣り針やオモリの検品作業なら、今でも探せばガチ内職でありそう。

ロッドいじりが職人芸なら、ビルドや修理で一旗あげることができるかもしれない。

市販品にない長さのアシストフック作りだって、やり方は簡単でも作れない人だっている。

特定の魚を釣る仕掛け作りなら、メルカリなりCtoCで売る手段もありますね。仕掛け巻きにセットして、「この魚がマジで釣れる!」とか写真付きにするとグッドでしょう。

今は手元作業よりも、配信稼業が内職な人もいるはず。

釣りができる日とできない日で、それぞれやるべき事にメリハリがあるから、現代らしい魚釣りの副業といえなくもないでしょう。

とはいえ、小銭を稼ぐ方法なら、探せば身近なスキルにあるものです。

釣り業界に転職するのも簡単かもしれない

なんとなく「釣り 仕事」で検索してみたら、釣り業界からの求人がわりと多いことに気づきました。

ただし、”魚を釣れる仕事”とは呼べません。

ど~しても釣り業界の一部にでも関わるなら──って話。

釣りメディアの運営・サポートが目をひいたけど、釣具工場の勤務もあります。番組制作関連も地味にありますし、企業の経理事務もあるから簿記2級あると最強人材かもしれない。

ただ気をつけて欲しいのは、「休日は釣りを楽しむことができます!」って紹介文。

だいたい離島だから気をつけろ!