今冬最強にもほどがある寒波から学ぶ水温が下がるメカニズム

西日本の県庁所在地で、ALL氷点下を記録した寒波も終焉。

そんな中でも、あえて釣りに行く人、あえて寒中水泳……とか、お前ら無茶しやがって。

 

人間はそんな無茶もできるけど、お魚さんは寒波のような急激な温度変化に弱いのです。

今回みたいに、プカーっと浮いてしまうこともあります。

スポンサーリンク

寒波で急激に水温が下がると、魚が仮死状態で打ちあがることもある

ヤバイ寒波がきても、人間はアレコレ耐える文化を持っています。

一方で水中のお魚さんたちは、自然に翻弄されていた。

【珍事】仮死状態の魚が浜に打ち上げられる! 冬の沖縄・石垣島宮古島で魚拾い - NAVER まとめ
沖縄県の宮古島、石垣島では、海水温低下の影響で浜辺に仮死状態の魚が打ち上げられる珍事がおこっているらしい。大寒波の沖縄では「魚拾い」が出来る地域も。冬、しかも寒...

この現象はジモティにとって”おなじみ”のようで、「北風+大潮=よっしゃ魚拾いにいったろ!」という式が成立するらしい。

もともと水温が高い地域だから──と思うでしょう。

これはどこにでも起きうる現象です。ちなみに浜名湖でもありました。

 

寒波で魚プカー現象は、状況が「苦潮」と似ています。でも発生するメカニズムが違うんです。

魚にとって水温が1度上がると気温が10度上がるのと同じ

魚にとって水温は体温みたいなもので、人間のそれとは全く違います。

それがコンマ1度でも変化することは、人間とってエアコンの設定温度を1度変化させるのと同義。

適温ならどちらも動きやすいわけで、それが活性と呼ばれていますね。

 

一気に10度も下がれば、人間だと動きは鈍くなるし食事をしたいと感じることもなくなります。

それと同じことが魚にも起きているわけです。

 

魚種によって「適正水温」がありますが、絶対ではありません。

低温を好むヒラメがほぼ日本全国に分布するように、均一の環境下ならば、ある程度”慣れ”てしまいます。しかし急激に2度くらい変化すると、その限りではなくなります。

そのためアクアリウムだと、水温を一定にするようヒーターを利用するわけ。

スポンサーリンク

寒波で「魚拾い大会」に乗り遅れないために

大潮は海面変動(潮汐)がもっと大きくなり、海流も同様に強くなります。

風呂が良い例だと思いますが、温かい水と冷たい水を同じ水槽に入れると、温かいほうが浮くことは知っていると思います(※温かい水と冷たい水の重さ)。

 

寒波で魚が仮死状態になるのは、同じことが海中で起きていると考えてください。

そのメカニズムを知れば、お魚拾い会場に乗り遅れることもなくなるので、順に説明しましょう。

「北風+大潮」は何故水温が下がりやすいのか

冬になると北寄りの風がメインになり、日本から見て北西にある大陸から、冷気を孕みつつ吹きつけてきます。

太平洋側になると、北風は標高の高い雪山から吹き下ろすようになるので、なおさら冷たい風に変化します。

そして風が強くなるほど、波立つ海面は冷えやすい。

 

海水も冷えると沈むので、底付近の温かい水と入れ替わり、循環します。

それは潮汐による流れが更に加速させるため、外気が冷えるほど水温は下がりやすいわけです。

今回のような大寒波であるほど、急激な温度変化に繋がるし、変動が大きい大潮だったため、海中の水温が急激に下がり、お魚ダウンしてしまった……という経緯。

暖流の黒潮でもお魚ダウンはありうる

太平洋側は暖流である黒潮が近く、特に紀伊半島と伊豆半島には常に接近しています。

とはいえ暖流も寒気の影響を受けるので、水温は下がります。黒潮自体が冷たくなるってことは、太平洋全体の水温も下がる……ってことになりますね?

 

すると魚は適温を求め移動するか、逃げ遅れて浮かぶことになります。

これが不漁の原因になることもあるわけです。

 

湖や内湾などは北西寄り、つまり季節風の影響を受けやすく、冬は水温変化が著しい。

寒波で急激に冷え込む時、あまり影響がないのは河川だったりします。

──ですが、雨や春先などの雪解け水などがダイレクトに影響します。

大潮は浅瀬で冷えた水を引き寄せるため、水温が下がりやすい

これは図で説明したほうが早いかな。

 

 

沿岸の浅い部分は風で水温が特に下がりやすいです。

そこで冷えた水は引き潮によって沖に運ばれ、上昇する温かい水は風で押されつつ冷やされ、風だけでも循環が発生します。

──なんというトライアングル。

 

25日の朝は、浜名湖の浅い箇所では水面が凍っていました。

何故水面から凍っていくのかというと、海底は地熱の影響があるからです。

ワカサギ釣りで湖面の氷にドリルで穴をあけて釣りをしますが、何故深場までカチンコにならないというと、そこまで冷え込まないこともありますが、地熱で温められた水が頑張っている影響です。

 

つまり、水深は深くなればなるほど一定になります。

なので、「水温が下がれば底狙い!」は効率的なんですね。

スポンサーリンク

氷点下の釣行は無理してまでやることはない

クソ寒い時に釣りをやって、ガイドについた水が凍った……てのは経験しています。

ナイロンやフロロも凍る話は聞きますが、PEラインは多毛繊維なのでなおさら凍りやすい。スプールで凍られると厄介です。

それらが凍ると、リールの駆動部も凍って動かなくなったり、氷がガイドやロッドに傷をつけてしまったり道具を痛める行為だし、なにより飛びません。

 

というわけで、氷点下ではタックルに重大な影響を及ぼすため、せめてやるなら日中ですね。

「海水は塩分含んでいるからそんな凍らないやろ」と考えていても、冷気を運ぶ風の前ではどうしようもない

人間の活性も下がるし、魚の活性も下がります。

そんな時は釣りに関する書籍や映像を見ながら、「俺ならこうするね」と意識を高く過ごしましょう。

プライムビデオだと「ザ・フィッシング」をシーズンでみれるぞ!

コラム 釣りの雑学
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました