今冬最強にもほどがある寒波から学ぶ水温が下がるメカニズム

 

西日本の県庁所在地で”ALL氷点下”を記録した寒波も終焉。

そんな中でも、あえて釣りに行く人や、あえて寒中水泳するとか……お前ら無茶しやがって。

お魚さんは人間と同じく、寒波のような急激な温度変化に弱いのです。

 

スポンサーリンク

宮古島では急激に水温が下がったために魚が仮死状態で打ちあがる

 

沖縄・宮古島 小魚が寒さで”仮死状態”か|NHK NEWS WEB

 

一方その頃、比較的あたたかい海に生息するお魚さんたちはとばっちりを受けていた。

 

この現象はジモティにとって予測できる現象のようで、「北風+大潮=よっしゃ魚拾いにいったろ!」という式が成立するらしい。

もともと水温が高い地域ならでは──ですけど、どこにでも起きうる現象です。

苦潮”も魚に及ぼす影響こそ似てはいますが、発生するメカニズムが違います。

 

魚にとって水温の1度とは、人間にとっての10度と同じ

 

コンマ1度でも魚にとっては環境温度が1度変化するのと同義で、それだけで活性は変化します。

人間でも一気に10度も下がれば、動きは鈍くなるし、食事をしたいと感じることもなくなります。

それと同じことが魚にも適用されているわけです。

 

魚種によって”適正水温”という目安がありますが、その範囲内でも急激に2度くらい変化すると、その限りではなくなります。

水温が下がれば活性は下がり、代謝が落ちるのでエサを食べる必要がなくなります

逆に上がれば代謝があがるので、エサを食べたくなります。

 

でも、上がれば上がるほど良くなるわけでもない。

プランクトンが大量に発生して、海中の酸素濃度が下がり、一時的な無酸素状態に陥ります。”苦潮”のメカニズムはこれが近いですね。

 

 

「北風+大潮」は何故水温が下がりやすいのか

 

海面変動が大きい大潮は、それだけ海流の動きも大きくなります。温かい水と冷たい水を同じ水槽に入れると、温かいほうが浮くことは知っていると思います。

これは風呂が一番いい例かと(※温かい水と冷たい水の重さ)。

それと同じことが海で起きていると考えてください。

 

北風は冷気を運ぶため、海面の温度が下がりやすい

 

冷気を孕んだ北風は海面を冷やし、冷えた水は沈みこむので全体としての水温は下がる傾向があります。

南部では常に暖流が流れ込んでくるので、大本(黒潮)が下がらなければそんなに影響はなかったりします。

しかし、海流が弱い地域ではこの限りではありません。

 

湖や内湾などは季節風の影響を受けやすく、風が吹くと水温変化が著しい。こういう大気が冷えている時、あまり影響がないのが河川だったりする。

──ですが、雨や春先などの雪解け水などがダイレクトに影響します。

 

大潮は浅瀬で冷えた水を引き寄せるため、水温が下がりやすい

 

これは図で説明したほうが早いかな。

 

 

沿岸の浅い部分は、風によって水温が特に下がりやすい。冷えた水は引き潮によって沖へと運ばれ、温かい水は押し上げられ、また水面で冷やされる。

というトライアングルな循環。

 

25日の朝は、浜名湖の浅い箇所では水面が凍っていました。

何故水面から凍っていくのかというと、海底は地熱の影響があるからです。ワカサギ釣りで湖面の氷にドリルで穴をあけて釣りをしますが、何故深場までカチンコにならないというと、そういうことなのです。

水深は深くなればなるほど、水温は一定になります。なので、”水温が下がれば底狙い”は効率的な狙い方。

 

氷点下の釣行は無理してまでやることはない

 

今までガイドについた水が凍った……てのは経験しています。

PEラインは多毛繊維なので凍りやすく、そういう時はナイロンやフロロのほうが強い。

でもガイドにつく水はどうしようもない──それが凍ると、ラインが傷ついて切れたり、ガイドの破損に繋がるし、なにより飛びません。

 

リールも凍ります。

ラインローラーやレベルワインダーが固着すると、ラインが擦れたり撚れたり、最悪切れることもある。ローター内部やドラグに水が入って凍ってしまうと、傷が入って故障の原因にもなります。

 

──というように、氷点下の夜間ではタックルに重大な影響を及ぼすため、せめてやるなら日中ですね。

「海水は塩分含んでいるからそんな凍らないやろ」

と考えていても、冷気を運ぶ風の前ではどうしようもない

 

人間の活性も下がるし、魚の活性も下がります。

そんな時は釣りビジョンを見ながら、「俺ならこうするね」と意識を高く番組を見て、ヌクヌクしましょう。

特集記事
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さしし@釣りしたいマンをフォローする
とある浜松アングラーの一生