釣り専用スマホケースの最適解

釣り専用スマホの幻想は捨てたほうがいい

釣り用のスマホに求められている機能はなんだろう。

完全防水? 戦車に轢かれても大丈夫?

例えそんな機能があっても、手が届かない水底に落とせば、なんの意味もないことに気づいてほしい。

スポンサーリンク

防水を気にするよりも、落とさない

アウトドア仕様のスマホといえば、完全防水に耐衝撃がベター。

……といわれてますが、私はそう思いません。

「海に落とす」想定をしているから、防水機能があるのを優先していると思います。

でも……堤防から落とせば、どうやって取ります?

潜る猛者もいるだろうけど、テトラの隙間に入ったらどうしようもないし、深さ次第では10分も置けばアウト。それを防ぐにはひとつしかない。

最優先するべきなのは、(自身から)落とさない・離さないこと!

これに気づいていただきたい。

絶対に落とさないスマホケース選び

スマホを落とさない工夫は、ケース選びからはじまっています。

一番手軽なのは、背面にリングをつけるやつ。手からスルッと落ちても、指にリングを通していれば大丈夫! ……でも、重いスマホは指がもげそうになるぞ!

釣り用で落とさない目的の最適解は、ネックストラップでしょう。

密閉のポーチタイプなら、波をかぶっても安心だし、落水しても水に浮いてくれるし、漂流しながらも緊急通報ができます。風呂で使えるのもポイント高め。

ケースにストラップを付けるタイプもあるけど、私は信用してないんですよね。紐が貧弱だから切れる可能性も捨てきれない。

ベルトに固定するのもあるけど、座るとき地味に邪魔です。

ソルトアングラーは見えない腐食に気をつかおう

アングラーが見落としがちなのは、スマホ内部の腐食です。

日本は高湿ですし、潮風に晒されると、端子だけではなく内部も腐食が進んでしまうことも。

防水とはいえ、密閉されているわけじゃないしね。

水滴は通らないように設計されているけど、空気中に含まれる物は防ぎようがありません。密閉しちゃうと熱でやられちゃうから……。

海釣りが好きだったり、海のそばや温泉地に住んでいるなら、スマホの防腐対策もしっかり考えておきたいですね。

特にガチ温泉地は、温泉成分で電化製品が壊れやすいので注意!

「テレビが年間50台壊れる」ある温泉宿の注意書き、「成分が強すぎて宿内の家電が腐食」が強すぎて泊ってみたい
更新日:2月6日10時55分
インプレ便利なもの収納
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生