「魚釣りに関わる仕事に就きたい!」を最短で叶える専門学校

総合学園ヒューマンアカデミーが運営する「フィッシングカレッジ」は、名の通り、魚釣りに関することを学べる専門学校。

おそらく、最短ルートで「釣りのプロ」になるための進路です。

スポンサーリンク

フィッシングカレッジはどんな学校?

魚釣りに関わる仕事は大きく二分され、「魚を釣るプロになるのか」「魚釣り業界を支えるのか」の選択になります。

釣り業界の専門学校である「フィッシングカレッジ」は、その道への就職率は100%らしい(HPによれば)。

とりあえず、どんな学科があるのか覗いてみましょう。

 

  • トーナメントプロ専攻
  • ルアービルダー専攻
  • フィッシングビジネス専攻
  • ソルトウォーター専攻
  • フィッシングガイド専攻
  • ユースコース
  • フィッシング環境大学部

 

正直どれをとっても、学んだ実績はステータスになるので、メーカー勤務するにも有利に働きますね。

就職実績はこちらをご覧ください。ルアーメンなら大抵知っているメーカーが多いです。

 

就職実績&内定者紹介 | 【フィッシング・釣り専門の学校】総合学園ヒューマンアカデミー
就職実績&内定者紹介,フィッシングの専門の学校なら総合学園ヒューマンアカデミーへ。バスフィッシングやソルトウォーターフィッシング、ルアー制作などを学べる2年生の専門の学校です。バスプロデビューやフィッシング業界への就職実績も多数あります。

 

バスプロの青木大介氏がここの卒業生とは驚いた。

こういう学校を通して、業界に携わるほうが、安定した生活は得られます。

釣りのプロになるにはフリーランスもあり

魚釣りで稼ぐには、メーカーをスポンサーにつけるか、勤務するかが無難です。

 

今だとブログなりyoutubeなど、広告収益を得る選択肢が豊富なので、釣りをしながら稼ぐ道もあります。

個人の力が強ければ強いほど、フリーで稼ぐほうがガッポリいけます。

ただし、経理などのやることは増えていくので、数字に弱いと苦労もしますね。

 

純粋に「俺、釣りうまくね?」と思っているのなら、SNSかブログでどれほど注目を集めれるか試してみて、それからフリーで行けるかを決めても間に合うかと。

 

 

「PAGEKit」なら格安でHP作成の代行をしてもらえるし、運営のノウハウはネットを検索すればいくらでも見つかります。

趣味でルアービルダーや塗装をしているのなら、メルカリなりヤフオクを使うのもアリですね。

 

釣魚を市場や料理店に卸す選択は古くからありますが、魚が少なく釣りが出来る場所も減っているので、漁に比べれば効率が悪い。

フリーで稼ぐなら、それなりの実績をアピールして、フィッシングガイドをやりつつ情報発信を継続するならば、体が動く間は好きなことをしながら暮らせると思います。

 

魚釣りに壁を感じたらガイドに頼ってみよう
魚釣りにドップリはまり込んでから当たる壁── 「もっと効率よく釣りたい」「新しいポイントを開拓したい」「プロに勝てるんじゃね?」などなど。 その答えを自分で探すのも、また楽しみのひとつです。 でも「時間がない!」などの理由で、...

 

ガイドについてはこちらで書いています。

コラム釣りの雑学
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生