釣れる最強ルアーカラーを選択するベスト(万能)プラクティスとは?

ルアーカラー談義に終止符を打てそうな論文があった
はる@釣行中
はる@釣行中

「こんな時、どのルアーで何の色を使えばいいんだ……」

ポイントに着いた時、そう困ったことはありませんか? 私はしょっちゅうあります。

選択に正解はないけど、限りなく正解に近づけることはできます。

参考になる論文を見かけたので、ぜひ参考にしてみてください。

ジャンプライズ(JUMPRIZE)
¥1,875 (2022/02/08 13:23時点 | Amazon調べ)

論文「異なる背景色によるスズキのルアー色の選択」

今記事で引用させていただく論文は、
異なる背景色によるスズキのルアー色の選択(岡本一、川村軍蔵、田中淑人)」です。

https://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_11075720_po_ART0003572752.pdf?contentNo=1&alternativeNo=

実験内容は、「水槽に入れた10尾のシーバスに、5色5個ずつの擬餌を同時に投入し、それぞれの色別に捕食行動を行った回数をまとめてみた」という内容。

擬餌は『透明・白・の5色を用いており、ルアーでもよく使われる色ですね。

水槽の背景色には『白・を使っています。

実験結果からシーバスが好きなカラーは白だと判明する

この実験によって、シーバスの好みは一体何色と判明したのでしょうか。

実験結果は、スズキが特定の色の擬餌に選択的に食いついたが、選択される擬餌の色は背景色によって異なることを明瞭に示した。

https://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_11075720_po_ART0003572752.pdf?contentNo=1&alternativeNo=

最も捕食行動をとった擬餌の色は白と結果がでました。

重要なのは、”選択される疑餌の色は背景色によって異なる”という点。

詳しい解説は実験結果を眺めながらしていきます。

明確な差はないけど指標にはなるかな? って内容。

反応が高かった擬餌は「白・透明・緑」で、どの背景色でも安定した反応を引き出しています。

背景色と疑餌が同じ色だと効果が薄く、互いの色が反するほど効果が高いとの結果になりました。

背景と疑餌の色に違いをもたせると、魚にとって見つけやすくなると証明されたわけです。この結果はカラー選択のセオリー通りですね。

実験から証明されたカラー選択のセオリー
  • 晴天では
  • マヅメにはクリア・ゴールドなど反射系
  • 濁りは白や黒
  • 深場ではクリア

人間と魚では見える色が違いますが、モノクロ映像に濃淡があるように、ルアーカラーの”濃さ”は認識していると思われます。

驚くべきことは、アングラーのセオリーがそのまま結果に現れていること。

トライ&エラーで培った経験は、科学に勝るとも劣らないことも証明されました。

魚には見えないはずのクリア系が最強カラー?

ヤマシタ(YAMASHITA)
¥2,899 (2022/02/08 13:22時点 | Amazon調べ)

実験結果を見ると、「透明色」に反応が高かったとわかります(Tansp.の数値がそう)。

これはルアーでいう「クリアカラー」に相当します。

確かに透過カラーは実績もあります。ナイトゲームで使用されますが、

「夜なのに透明でなぜ釣れる?」と疑問に感じた人も多いでしょう。

答えはおそらく、人間には見えない光をルアーが吸収しているから、魚には見えているのが理由でしょう。

「ケイムラ」は紫外線に反応して発光します。

東邦産業
¥1,403 (2022/02/08 13:22時点 | Amazon調べ)

紫外線は人間には不可視ですが、魚は紫外線を見ているといわれています。

夜でも月明かりがあれば、わずかでも紫外線は届いています。それが水中に届いて反射すると、人間には漆黒に見えても、魚にとっては「動いている何かがいる」と視覚できていると考えられます。

人間の目を信じるより、水中にどんな光が届くかを考えるのも、最適なルアーカラーの選択をする一歩だと思います。

ルアーカラー選択のベストプラクティスとは

今記事のルアーカラー談義をまとめると、「状況によるカラー選択は、メディアアングラーが提唱している選択で一向に構わない」で大丈夫です。

先の表をじっくり見ればわかる通り、それぞれの状況で大きな違いはありません。まったく食わない状況がないですから。

もし”最適なカラー選択”を追求するなら、水色とカラーにコントラスト差を与えることに意識すべきでしょう。

どこでコントラスト差を意識するべきかっていうと、”濁り”ですね。

本来、水は無色で透明です。光線が微生物や汚れに光が反射し、人間の目には水色が視覚しやすいからそう見えます。

ルアーカラー選択のベストプラクティス
  • 濁りがあれば派手な色
  • 濁りがなければ暗色か反射
  • 釣れたカラーよりも濁りなどの”状況”が重要

ベストなカラー選択は、実際にポイントまで行かないと、答えは出せません。ようは購入時に釣れるカラーだけを選ぶのは無理ってこと。

もしそこで迷うなら、他の実績や好みで選ぶべきだと思います。

ジャンプライズ(JUMPRIZE)
¥1,900 (2022/02/08 13:24時点 | Amazon調べ)