釣れるルアーカラー選択のベストプラクティスとは?

ルアーカラー談義に終止符を打てそうな論文があった

「こんな時ルアーはどんな色を使えばいいんだ……」、そう困っていませんか? 私はいつも迷いつつも直感で選んでいます。それを科学で証明してくれた論文をみかけました。

それはシーバスを相手にした捕食実験で、何色かの擬餌を用意して試したところ、「背景色とのコントラストに差があるほど魚から好反応を得た」という結果でした。先人アングラー達が試行錯誤して結論づけた、メソッドと似通っている部分もあります。

この論文によって、カラー選択論争は終焉を迎えるのだろうか……。

スポンサーリンク

論文「異なる背景色によるスズキのルアー色の選択」

今記事で引用させていただく論文は、「異なる背景色によるスズキのルアー色の選択(岡本一、川村軍蔵、田中淑人)」です。

この実験は、「水槽に入れた10尾のシーバスに、5色5個ずつの擬餌を同時に投入し、それぞれの色別に捕食行動を行った回数をまとめてみた」という内容。擬餌の色は『透明・白・の5色で、ルアーでもよくある色ですね。そして水槽の背景色には『白・を使っています。

さてこの実験によって判明するであろう、シーバスの好みとは一体何色の組み合わせなのでしょうか。その結果はこちら──

実験結果は、スズキが特定の色の擬餌に選択的に食いついたが、選択される擬餌の色は背景色によって異なることを明瞭に示した。

実験結果からシーバスが好きなカラーは白だと判明する

実験によると最も捕食行動をとった擬餌の色は白だそうで、”三原色”の背景とはコントラストが真逆なため、シーバスからは擬餌が浮かびあがってみえるのではないでしょうか。

それぞれの擬餌と背景色で試行した結果のある表は以下に。

明確な差はないけど指標にはなるかな? って内容。

反応が高かった擬餌は「白・透明・緑」で、どの背景色でも安定した反応を引き出しています。背景色別でいうと、「白背景は緑」「赤は透明」「緑は白」「青は透明」が最も好反応を得ていていますね。ちなみに赤と青は白の半分程度の反応でした。

これらの結果からカラー選択の基本は──

  • 晴天では緑
  • マズメにはクリア
  • 濁りでは白
  • 深場ではクリア

となります。だいたいカラー選択のイロハと同じですね。なので、アングラーの培った経験と実績は科学に勝る結果! といえなくもない。

【哲学】魚には見えないはずの透明(クリア)が最強カラー?

面白いことに、平均として「透明色」に反応が高かったとわかります(Tansp.の数値がそう)。ルアーでいうと「クリアカラー」に相当します。

──確かに透過タイプは実績も高い。その理由は、人間が可視できない紫外線が関係しているのでは? とか、透過した光がキラキラして魚が気づきやすいから──など、理由はいくつかあります。でも”根拠”はないんですよね。それはこの論文でも見つかりません。

透明が魚に見えやすい色になる謎は、光の波長によるものでしょう。

魚は基本的に”色盲”で、人間にとってはモノクロの世界が広がっているといわれています。なのでカラフルなルアーでも、認識できる色しか見えないはずなので、色を増やしても意味がないと感じますが、「魚が認識できる色が1個でもあれば勝てる!」の考えがキャンディーカラーだろうなと。

”ルアーカラーは人を釣るため”ってのも間違いじゃないですね。お魚さんは紫外線を見ることができるので、色の濃淡と反射が重要と考えます。人間には可視できないケイムラも効くといわれていますね。

スポンサーリンク

私なりに結論づけるルアーカラー談義と持論

アングラー同士のルアー談義で、よくある疑問に「ルアーカラーはベイトに合わせるか、海色により目立つ色にするべきか?」があると思います。私の意見は後者かな。

例えばベイトの群れに偽ベイトを紛れ込ませても、それは捕食するついでにたまたま喰っているのでは? と思います。ナブラ打ちするのもそうですね。ヒラマサが飛び跳ねているところに木片を投げ入れても、飲み込むかどうかは別にして、口に当たったり入ったりはするでしょう。

ナブラ打ちならベイトより大きくするか、色を変えるか、レンジを下げるかした方が反応は早いです。魚はナブラの下に居るんだから、そこに近づけるほうが食いは深くなります。だからトップを通しても弾かれる状況が多いんですね。

今記事でのルアーカラー談義をまとめると、「状況によるカラー選択は、メディアアングラーが提唱している選択で一向に構わない」でいいと思います。これは先人たちが蓄積したデータから導き出された”答え”です。ルアーフィッシングにおけるメソッドは、長い年月をかけて先の実験を実践で行っていたのと同じ。

先の表をじっくり見ればわかる通り、それぞれの状況で大差はあまりない。でもポイントごとで本当にヤバイくらい釣れるルアーってのは存在します。それは「ベイトサイズ、背景色、ルアーカラー、対象魚、アクション」全てが合致する場合のみで、ロコアングラーなら誰もが秘めている情報でしょう。

個人的な状況別のルアーカラー選択

個人的な選択方法について述べると、マズメ時はカラーを重視しています。食い気がない時間であればレンジとアクションを重視します。

マズメ時は魚の活性が高く、積極的にアタックしてくれるため、「見つけてくれれば食ってくれるから」という理由。暗い時間帯は水が澄んでいるか濁っているかの判断がしにくいので、自然とアカキンかチャートになっちゃいます。

これらのアングラー的メソッドは、雜誌を数冊読むほうが知識は入りやすいかと。なので本を読みましょう!

こういう基礎知識の本も参考になりますが、ルアーカラーの選択を学ぶには、アングラーの声が最重要です。なぜかはわかりますよね。「この色で釣れた!」という情報は、何よりも確実な実験結果なのです。

とはいえ、色が多すぎて何を買ったらいいかわからない場合は、自分が好きな色を選択しましょう。”自分で選んだ色で釣れた”という体験は、自信を与えてくれますしね。

コラム釣りの雑学
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました