陸っぱりで使える魚探!「Deeper Fishfinder」

投げる魚探「Deeper Fishfinder」はスマホで使えます

魚群探知機(魚探)の主戦場は船上。潜らずに魚の群れを発見できるのが最大の利点。しかし陸からは使えない難点がありました。

IT技術の発達で、とうとう陸っぱりアングラーでも使える魚探が登場! スマホと連携して使う「Deep Fishfinder」は、なんと、投げて使う魚探です。

スポンサーリンク

投げて使う魚探「Deeper Fishfinder」は陸っぱりの救世主になるか?

Deeper Fishfinder」は仕掛けに繋げて、投げて使う必要があります。その有効距離はPROなら最長100mまで、STARTなら50mまでに対応。これは無線接続の電波が届く範囲ですね。

Deeper Sonar - すべての釣りタイプに対応する携帯型魚群探知器
Deeper Sonar は多機能設計。どのような魚のタイプでも、岸、船または氷上釣りでも使えます

魚を探すのはもちろんのこと、今まで詳細を知れなかった水深と、水中の地形を把握するのに使えますね。ウキ代わりに流しながら釣りをすることもできます。

エサ釣りと相性がよく、ルアーは微妙

Deeperはエサ釣りだとウキ代わりに使えるので、水中の様子を逐一確認しながら、釣りをすることができます。これで船上と対等になれますね。

ルアーなら本番前に使って、水深と障害物を把握するだけで、根掛かりリスクも減らせるし、魚が着きそうなポイントも見抜くことができます。

Deeperが陸っぱりで有能なのは、水深と地形がわかるところ。

おまけとして水温もわかるから、活性の目安もわかるし、釣行データ収集マニアにとっても面白いアイテムかと思います。

まずはDeeperのSTARTモデルでお試しITフィッシングを!

「Deeper START」は既存だったPROモデルに比べ、値段は半額、機能もちょうど半分くらい。でも魚影と地形が見れるし、魚探としての基本はおさえています。

Deeper Smart Fishfinder Start
Deeper STARTはシンプルに素早く魚の居場所を探したい陸釣りアングラーのための、新しい魚群探知機です。 Deeper STARTは水中の様子を「推測する」のではなく「見る」というただ一つの目的のためにデザインされた様々な機能を搭載しています。

陸っぱりの最終兵器になりそう

Deeperのすごいところは、陸から半径100m以内の水中を丸裸にできるところ。そしてスマホの能力も活用できるので、改めてIT技術の便利さに気づくのではないでしょうか。

魚釣りは経験だけでなく、ITで有利になる時代が来ていると。

多くの人にIT技術の可能性と、それを活用することで便利になる世の中を感じてもらいたいです。

タックル・小物
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生