ブローウィン80Sはバチパターンのフォローに最適!

バチを食べに来るのはシーバスだけじゃない。小さい魚も集まるため、フォローにそれ以外のルアーも忍ばせておくべき。

中でも「ブローウィン80S」はイケてますよ!

 飛距離と泳ぎを両立した「ブローウィン80S」でバチパターンに差をつけろ!

バチを食べに来る魚は、せいぜい10cm以下が大半。10cm以下のミノーは数あれど、飛距離と泳ぎを両立させるのが難しい。

ルアーは大きく重くすれば、飛距離が簡単にのばせて、サーチ能力が上がります。でも大きくすると、小魚しかいないシーズンで使い物ならなくなる……。

バチと小魚を両立する選択といえば「細身のシンペン」。でもアクションの弱さが弱点にもなります。

その点「ブローウィン80S」は、8cmながら高比重のシンキングミノーで飛距離は申し分なく、リップ付きだからアクションもスマート。

ブローウィン!80S | ブローウィン | ルアー | 製品 | BlueBlue -ブルーブルー株式会社-
ソルトルアー総合メーカー「BlueBlue‐ブルーブルー株式会社‐ 」のWEBサイトです。ブローウィン!80Sの紹介ページです。

高比重のタングステンをウェイトに使い、細身のシルエットが空気を切り裂く。スローとファストでは泳ぎが異なり、リップがあるメリットも活かしている。

最大のメリットは、ファストリトリーブで使えることです。

ブローウィン80Sに最適なロッド考

ブローウィン80Sの重量は8g。シーバス専用ロッドの重量設定は最低10g以上からが多いため、ある程度ロッドを選ぶ必要があります。

ブローウィン80Sがバチパターンのフォローに最適かといえば、バチ専用モデルのロッドが丁度合うため

バチ専用モデルはソリッドティップで、繊細なアタリを受ける必要があるのと、軽いルアーを投げるためにしなやかであることが条件。

これが丁度ピッタリとハマるんですね。

おすすめしたいのは、アブガルシアの「クロスフィールド XRFS-862M

クロスフィールド862Mの適合ルアーは「5~30g」で、ショアシーバスならオールシーズンで使えるスペック。シーバスだけじゃなく、ライトゲームにも対応できるのがうれしい点。

軽いルアーは使うラインにも気を使うこと

軽いルアーを扱う際は、ラインにも気を配らないといけません。

理由としては──。メインラインにPEを使う人がほとんどでしょうけど、PEは水を含みやすく、ライン自体が重くなっていくため、”軽すぎるルアーの”キャストやリトリーブの邪魔になります

対策としては、メインラインにナイロンかフロロを採用するとか、含水率がなるべく少ないPEラインを選ぶこと。……まぁ10gもあるルアーなら大丈夫です。