「ブローウィン80S」はバチパターンのフォローに最適!

バチパターンには細くて長いにょろにょろ系ルアーが基本。

冬から春のシーバスは、バチを食べに来る小さい魚も食べています。それをひとつのルアーだけでカバーするのは難しい。

でも「ブローウィン80S」ならどちらもイケます。

スポンサーリンク

 飛距離と泳ぎを両立した「ブローウィン80S」

小型ミノーで飛距離と泳ぎを両立させるのは難しい。

空力抵抗を考えればリップが邪魔だし、削れば泳ぎが犠牲になる。

ルアーは単純に重くすれば飛距離がのばせる……だけど、重くなるほど底付近しか通せないし、上を狙おうとすると早く巻かなくてはいけなくなる。

 

”そういう時期”なら問題ないけど、パチパターンでは勝手が違いすぎる。

細長いにょろにょろを模すには、細身のルアーでなければならないし、上のレンジを通さなければいけない。

なので細身のシンペンが多くなるわけで、小型ミノーでそれに肉薄する存在がなかった。

 

「ブローウィン80S」は高比重のタングステンをウェイトに使い、細身のシルエットが空気を切り裂く。スローとファストでは泳ぎが異なり、リップがあるメリットも活かしている。

なのに価格は抑えられていて、シンペンが苦手な人に持ってもらいたいルアーのひとつ。

ブローウィン80Sに最適なロッド考

ブローウィン80Sの重量は8gで、シーバスルアーの中でも軽い部類。

飛距離は申し分ないですが、シーバス専用ロッドの重量設定は最低10g以上が多く、硬すぎて投げにくい物が多い。

 

軽いルアーを扱いつつシーバスも狙うには、ソリッドタイプのバチ向けモデルがあります。それかメバリング向けのロッドも汎用できます。

値段とのバランスもあってオススメが、アブガルシアの「クロスフィールド XRFS-862M

バチ向けのルアーは10g前後が多く、それを飛ばす設定がされてモデルとなると、メバリング用のほうが充実しているまであります。

メバルもバチも時期的に似ているし、それも両立させる考えもアリですね。

軽いルアーは使うラインにも気を使うこと

軽いルアーを扱う場合は、ラインにも気を使いましょう。

理由としては、PE1号以上だと水を含むにつれ、ライン自体が重くなっていき、ルアーより先に沈むもあるからです。

そうすると飛距離も落ちるので、不利な点が多いわけ。

 

10g以下を使うなら0.4~0.8号が望ましい。何も擦れる要素がなければ0.6号でも十分。

とはいえ細いラインを使うにも気を使います。PEラインは多毛繊維のため、浮かんでる海藻にこすれたり、粗悪なガイドやリールの傷などに当たるだけでもほつれてしまうから。

ラインの点検が甘いと大事なヒットを逃すこともあるので、雑な人は1号で通しても問題ないです。

 

ポイントによってシステムを考えるのも、愉しみ方であると思います。

無限に感じる組み合わせの中から、釣りをする前とした後に、最善のタックルを模索するカスタムの楽しさは、お金こそかかりますが答えを探していくのはおもしろい。

ルアー
気に入ったら
「いいね♪」お願いします!
更新情報はSNSでも
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生