タックルを中古で買う前にチェックすべきこと

釣具(タックル)の中古販売を扱う店舗も多くなりました。

いっぽうで個人売買も根強く、オークションにフリマなど、選択肢も増えました。

 

他人のお古でこそ気になるのは”品質”。

店頭なら目で見て触れることができるからまだいい、でもネットを介した取引でそれを確認するのは難しい。

ある程度でも良品を見抜くために、チェックしておくべきことがあります。

スポンサーリンク

中古ロッドでチェックすると幸せになる箇所

中古ロッドで見るべきポイントは、最優先に「ガイド」をみましょう。

そこにサビが浮いていたり、汚れが残っているようであれば、元オーナーのメンテナンスが雑である可能性が高い。メンテナンスが雑だと、細かいキズなどで商品価値が低くなります。

 

ロッドの調子や硬さを確認するには、上下に軽く揺するだけでもわかります。

鉛負荷を調べる時には、必ずガイド全てにラインを通して行ってください。

ガイドもクッションの役割を果たしているため、先端ガイドにひっかけたり、そこだけ曲げたりするのは破損を促すだけです。

スポンサーリンク

中古リールで見ておくべきポイント

正直にいいますと、中古のリールは避けましょう。

その理由は内部状況が見れないから。ハンドル回して良さげでも、中身はギアの摩耗が激しかったりするし、ハンドルを回しただけで全てを知るのは無理だからです。

 

リールはハンドルを回せば状況がわかります。中古なら絶対に回して確認しましょう。

でも誰でも触れる展示リールは、多くの人にハンドルを回されている恐れがあるので、買うならショーケース入りから優先するのが無難。

可動部の中でもベイルアームとラインローラーは要です。

メンテがおざなりになりやすい部分なので、動くことと塩ガミしていないことを確認しましょう。

 

ベイルアームはキャスト時に動かすので、内部にバネもあるし、経年でも劣化しやすい。

これが水平位置じゃなければヘタリ気味です。

ラインローラーは水洗いとオイルをさぼると、すぐ塩で固着してしまうので、ここがちゃんと動くだけでも、元オーナーが大事に使っていたことがわかります。

ようするに、これらがキッチリ可動するだけでも、元オーナーのメンテ力がわかります

 

ベイトリールはスプールのガタツキや、ネジでそれが抑えれるかをチェック。

遠心ブレーキ動作確認は難しいので、キャスティング用の中古は修理前提で考えましょう。

下に落とすだけのベイトリールであればブレーキも必要ないので、クラッチがちゃんと作動するかを確認して、あとは注油すればなんとでもなります。

オーバーホールは自分でやる方が安あがりだが…

リールの修理はオーバーホール(OH)を頼んで、パーツを刷新すれば新品同様に治ることも。

基本的にメーカー修理になるので時間がかかりますが、分解知識とパーツ発注することができれば、自分でやることも可能です。

自分で修理をする自信がなければ、専門店でカスタムついでに頼むのもアリ。

 

 

元値が高いリールが中古で安く売られているなら、OH案件次第で元をとれるし、転売もいけたりします。

スポンサーリンク

タックルは大事に扱いしっかりメンテを

中古品を選ぶにあたり、最も重要なのは、”前のオーナーがいかにそれを大事に使っていたか”をしること。

傷だらけの品を見ると……なんとなくわかるでしょう? 使用感はあるのにピカピカだと、大切にされていたのがわかります。

そう、道具には人柄も表れるんです。

 

だから毎回釣行後には、水洗いとオイルは最低限やってあげましょうね。

タックルを売って新しく購入する選択肢もあります。

その際は美品であるほど売値は上昇します。だから物は大事に扱うほうがいいんですね。

資産は大事に管理しましょう。

インプレ釣具全般
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!
スポンサーリンク
ブログを気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

SNSで更新情報を届けております!
とある浜松アングラーの一生