ちょっと待って!中古釣具をフリマなど個人間取引で買う前にチェックすべき項目

ちょっと待って!中古釣具をフリマなど個人間取引で買う前にチェックすべき項目

釣具(タックル)の中古はフリマアプリなど、個人間取引(C to C)売によって、お互い譲り合うことが多くなりました。

いっぽうで、粗悪品を掴まされる詐欺まがいの取引もあったりします。

そんなつまらない””をしないよう、中古釣具を買う際に、どうしてもチェックしておいて欲しいことについて書きました。

スポンサーリンク

中古釣具をポチる前に必ずチェックしたい項目

フリマアプリなどで、「あっこれ欲しい!」と思った中古釣具をポチりそうなあなた! ちょっと一呼吸置いて考えてみよう。

  • 相手は実在しているか?
  • 商品の状態を偽ってないか?
  • 商品名と写真に在る物が一致しているか?
  • 相場から大きく上か下の値段じゃないか?
  • 送料は相手負担なのか、それとも自己負担なのか?

余計なトラブルを避けるため、ネットのみならず、個人間の取引は最低限でもこれだけチェックしたい。

店舗販売は「看板」が信用情報となるし、よからぬ噂は売上減につながるため、粗悪品を掴まされることはほぼ無いです。ジャンクを”壊れているかもしれない物”と知らず、買うこと以外は──。

ひとつずつ、その理由について説明します。

「相手は実在しているか?」をチェックする

ネット上の取引はサービスを経由することが多いため、ユーザーの評価を表している指標があります。メルカリなら「☆5」とかね。

取引数が多く、なおかつ高評価が多いほど、当たりを引きやすくなります。

対して取引数がゼロに近かったり、低評価が目立つようならば、わざと悪どい取引を繰り返している可能性が高くなります。もちろん”ご新規”さんの可能性もありますね。

取引数が少なく特に怪しいのは、高額商品を出品している場合。

単発で○万円の商品を出品しているのなら、最悪「盗品」の可能性もあります。未開封だったり未使用品も要注意。

もし盗品を買ってしまった場合は、「知らなかった」で通せば問題ありません──が、証拠品として押収される可能性もあるため、大切に使うか、保管しましょう。

信頼にたる取引相手の例(メルカリかつ自分)
信頼にたる取引相手の例(メルカリかつ自分)

「商品の状態を偽っているかも?」のチェック

ネット出品に欠かせないのが、商品の状態を知るための写真です。

普通に考えれば、今そこに在る物を売るわけですから、現物の写真がないとおかしいですよね。メーカーHPにECサイトから、サンプル画像を拾って代用しているのは要注意。まぁ業者が多いですが……。

あと「写真が撮れない」とか、現代じゃ苦しい言い訳をする相手も、回避したほうが無難。

例えば、出品の時点で2枚の写真があって、正面と裏だけ撮っている場合。側面の状態を知りたいから撮ってくれませんか? と頼んで断られたら──。

もしかすると、現物がそこに無いのかも?

「商品名と写真に在る物が一致しているか?」のチェック

先の項目と内容はほぼ同じ。注意すべきは「モデルの違い」ですね。

釣具でいうと、製品のモデルは本体か箱でチェックできますが、型番が変わるだけで、見た目がほぼ同じ製品も数多くあります。

写真だけで型番までチェックするのは難しく、意図的に隠すことも可能。ロッドなら手元にメーカーとスペック詳細があるけど、10ftといいつつ9ftを出品することだって可能です。

とはいえ、説明と商品が違えば返品できるため、ミスっても手間が増えるだけ……。

ですが、いざこざに発展することもありうるため、紹介タイトルと商品写真は完全一致させるよう、気をつけましょう。

「相場から大きく外れていないか?」のチェック

相場をチェックすることは、転売品を買うことの防止に繋がります

製造年が古く商品価値が高いなら、その限りじゃないですが、最新など新しめで希望小売価格よりも上の値段で出品しているのは、転売目的の畜生であることが多いです。

それでも、ど~しても買いたいなら止めはしないし、自分が行ける範囲内で売ってないなどの理由があれば、選択肢に入れるのもやぶさかじゃありません。

ただ──相場より高額な物を購入することは、さらに相場を上げる結果になります。ようは後続に迷惑がかかるってこと。

まずは落ち着いて、同じ商品で検索し、他の価格と違いがないかを調べましょう。

今すぐ買わないとダメかい?
今すぐ買わないとダメかい?

「送料は相手なのかこっち持ちなのか?」のチェック

送料込」か「送料別」は必ず確認するように。

なぜそうするべきかは、送り主の裁量次第で、無駄にデカイ包装をしたりして、送料がかさむ可能性があるからです。例えばメール便で済むはずなのに、ゆうパックで送るとかね。

最小限だと輸送で傷がつく可能性もあるので、過剰包装は必ずしも”悪”とはなりません。

送料負担が自分持ちの場合、大型の商品を購入する時に気をつけるべきでしょう。釣具ならロッドの送料が嵩みやすくなります。定形外になりますしね。

スポンサーリンク

必ずしも善人しか存在しない考えは捨てるべき

ニックネームを使い匿名性が高いネットサービスでは、顔が見えないことをいいことに、悪さをする人が後を絶ちません。

「この世には善人しか居ない!」と信じ込む人ほど、詐欺なり悪どい取引に巻き込まれる可能性が高い。

他人を警戒するのは、自己防衛のために必要な防衛本能であります。

「今すぐ買わなきゃ!」をコントロールしよう

ネット販売は言葉を巧みに使い、購買意欲を刺激してきます。

まずは「本当に必要なのか?」を考え、「妥当な価格なのか?」を知り、「信頼できるのか?」を見極めましょう。ネット取引はこのように、いくつかの扉を設けて、全てをクリアしてこそポチるべきです。

フリマアプリは出品の代謝も激しいですけど、だからこそチャンスは何度も巡ってくるはずです。

今まさに利用している方でも、個人間取引に必要な知識を復習しておくべきです。これはビジネスの営業にも通じます。

インターネット安心安全ガイド スマートフォン編|@T COM(アットティーコム)
今人気のフリマアプリ。手軽で便利な反面、出品者と購入者の間でトラブルが起こることも少なくありません。安全に利用するためには何に注意すればいいのでしょうか。
スポンサーリンク

最後に──心配なら中古店で買えばイイ

中古釣具など、他人が使って劣化している物を買うなら、実際触れることができる店舗販売を利用したほうがいいです。

状態によっては保証が効きますし、なによりプロのメンテナンスと目利きがあるから、誰かもわからない個人よりも、信頼できるでしょ?

中古釣具のオンラインショップなら、イシグロのサービスを利用するといいでしょう。

釣具のイシグロ|中古リサイクル釣具専門通販サイト|
昭和27年創業。静岡・愛知・滋賀・岐阜で26店舗。中古リサイクル釣具~ロッド・リール~専門通販サイトです。有名釣具メーカーの中古釣竿・中古ロッド、中古リールが毎日続々入荷中!!釣具全商品、メンテナンス・動作確認済となっております!!釣り初心者から釣り上級者まで、充実の釣具勢ぞろいです!釣具の通販は品質・安心で釣具のイシ...

店舗を巡って探すのも醍醐味! でもネットならスマホでいつでも在庫確認ができる! お好きなほうをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました