ダイレクトスナップを2ヶ月使ってみて「いいね!」を2回押した

タイトル通り2ヶ月ほど、とあるスナップを使っていました。

同社製の耐力スナップは使うほどダメな所が目立ちましたが、ダイレクトスナップはすこぶる良い。そうなったのも、よく使うルアーが”向いている”からかもしれない。

そんなわけで使ってみて良いところと、悪いところを羅列していきます。

スポンサーリンク

耐力スナップの亜種だけあって強い(確信)

ダイレクトスナップを使用中、かかった重量級は10kg近くのツバクロエイでした。

耐力強度で問題ないし、もちろん変形もなし。

 

耐力スナップを使っている時は、リーダーとの結束部分で切れることが多かった。

考えられる原因は、軸が細いので引っ張り続けると、結んだラインが食い込んで切れやすくなるのだと思う。

ダイレクトスナップはそれより軸が太く、結束部で切れたことはなかったですね。

P-24 ダイレクトスナップ | 株式会社オーナーばり|海釣り仕掛け、投げ釣り仕掛け、釣り針、淡水仕掛けなど、釣具全般商品を製造・販売
オーナーばりは、釣り鈎専門メーカーとして培ってきたノウハウと最先端の技術を駆使し、釣りを楽しむ全ての人の想いをカタチにします。ルアー関連商品ブランド「カルティバ」、釣り糸ブランド「ザイト」でも多様なニーズに応える妥協のない製品をお届け致します。

ダイレクトスナップはショアジギング用に超おすすめ!

ダイレクトスナップのポイントはここです。

 

ルアーのアイが固定されるので、ジャークやトゥイッチなど、手元で動かすアクションの反応がいいです。この反応は数あるスナップでも上位

なのでメタルジグを使うショアジギングにハマりますし、もともとアクションが大人しいシンペンにもいけます。

ただし難点として、巻くことで動くルアーに使うと、動きが阻害されてしまいます

うねるアクションをするルアーへの悪影響に注意

ダイレクトスナップはルアーのアイが丁度ハマる仕様です。

これは「手元のアクションに対するレスポンス向上」で、トゥイッチやジャークを多様する人に向いています。

その代わり、巻きで動くミノープラグとの相性がすこぶる悪い。

 

……いくつか試してみましたが、もともと動きが大人しい「タイドミノースリム」や「ジプシー」は変化がわからないくらい。

なのでローリングアクションは無難に使える感じ。

全然違うとわかるのはウォブリング系で、「sasuke裂波・裂砂」でダイレクトスナップを使うと「シンペンかな?」と錯覚するくらい、手元に動きが伝わってきません。

 

まとめると、左右にゆらゆら動くルアーは大丈夫。

上下運動が加わるルアーは、耐力スナップのような幅広がいいですね。

スポンサーリンク

ダイレクトスナップはサーフルアーに向いている

使ってみたまとめとして、ダイレクトスナップが活躍できるポイントはどこだろうなと、考えていました。

──それはサーフじゃないかなと。

 

サーフルアーはメタルジグを使うし、ぶっ飛ぶミノーはローリングアクションが多いので、ダイレクトスナップが丁度いい感じ。

ショアジギングで使うなら最善だし、ジグサビキでもいけますね。

ダイレクトスナップはそんな感じです。

 

ルアーチェンジでスナップを開閉していると、金属疲労でポキっといくやつもあります。

これを使っている時は、数回の釣行で使いまわしていることもありますが、ガバガバになったことはないですね。

横着して長いこと使い、少しでも安く釣りをしたい! そんな希望も叶えてくれます。

タックル・小物
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生